アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

あきらめず、粘り強く。

伊那市の中心部には、伊那市駅周辺に広大な土地を所有する地主さんがいます。かなり昔に金融を営んでおられた家系だったということで、件の土地を所有することになったそうです。行政のインフラ整備には、土地の賃貸借や用地買収がつきもので、議会でもよく話題に上る方です。

昨日の土曜日に久々に会えることになり、映画の試写会に行く予定を変更してご自宅へ。目的は、行政として懸案となっている問題について、ご本人の意向を確認するためでした。

最近、アスタルプロジェクトの駅前廃墟再生に協力していただいている関係で、何度かお会いして意見交換をしてきました。今回は「道路整備等の計画が、土地所有者の意向で進まない」ということがあちこちで語られているため、ズバッと聞いてみることにしたわけですが、驚きました。
この件に関しては、誰もご本人に直接お願いをしていなかったようです。

経緯についてはかなり複雑なものがありますが、行政も政治家も、粘り強い交渉や、状況について情報を集めて作戦を立てることができていなかったことがうかがえます。
もったいないことです。

いろんな声があることは痛いほど承知はしていますが、私人の財産はどうしようと本人の自由であって、文句を言っても始まりません。なんとかしたいのであれば、状況を読み、情報を集めて作戦を立て、誰かが強い意志を持って事に当たるしかありません。

10回行ってダメなら、100回行く。
冷静に、客観的に、そして、あきらめず。
# by yagitakuma | 2017-12-10 17:29 | 闘う議員日記 | Comments(0)

怒髪天PV→グランプリ作品ロケに。公務員らしからぬ組織「伊那谷フィルムコミッション」、いい仕事してます

先ほど投稿したオール伊那ロケの短編映画「ピカレスカ」。なぜ伊那がロケ地に選ばれたの??という話を。
この作品の撮影チームは、1年ほど前にも伊那で別の作品を撮影してくれました。
その作品は、ロックバンド「怒髪天」のミュージックビデオ。少し前に、ふと定食屋で見上げたテレビでも紹介されていました。
c0283938_21827.jpg

↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=Sd7TjVMLu8I
うーん、何度みてもカッコいい。
昭和の雰囲気のこの作品、ほとんどすべてがレトロな伊那の飲み屋街で撮影されました。なじみの風景がたっぷりと。僕の店も登場しています。

伊那谷フィルムコミッションのメンバーに頼まれて、僕もロケ場所や駐車場の紹介で協力させてもらいました。作品の中でメンバーが熱唱しているバブリーな部屋が、僕が紹介した近くのスナック「田園」です。

この撮影で、伊那を気に入ってくれたから、ピカレスカのロケにつながったのではないかと思います。引っ張ってきてくれた伊那谷フィルムコミッションのホームランですね。

フィルムコミッション(フィルコミ)とは、映画やCMなどの撮影を支援する組織で、全国各地で自治体が中心となって立ち上げています。「こんなロケ地を探している」という撮影チームの要望に応え、道路使用許可や使える施設の紹介等々、ロケ隊のなんでも屋的な役割を果たします。迅速で柔軟な対応が重要で、公務員が苦手とする仕事ですね(笑)

ロケ地に選ばれれば、大きな作品なら大部隊が何日も宿泊してくれて、経済効果がすごい。しかも作品がヒットすればロケ地が観光地になったり、エキストラで出演した地元住民が地元を誇りに思うことにつながったり…と、いいことだらけなんです。

前職時代に各地のフィルコミを取材したことがありましたが、強いフィルコミに共通しているのは、“迅速で柔軟で強引な対応ができる”熱い職員が存在しているチーム。伊那市のフィルコミもかなりいい線をいっていて、近年ロケ地に選ばれる数がかなり増えています。上記の怒髪天PVを含め、僕の店がある飲み屋街界隈で何度かロケがあり、フィルコミの市職員の皆さんの仕事ぶりを目にしましたが、皆さんとても楽しそうに仕事をしているのが印象的でした。

民間の人を相手に、スピードと柔軟性を持って対応する仕事。これは公務員にとってものすごくよい経験になるはずです。そして伊那市のフィルコミは、若手の職員が自主的に考え、立ち上げたとのこと。メンバーは良い意味で公務員っぽくない人ばかりで、どんどん若手職員を巻き込んで、やりがいのある現場の楽しさを伝えてほしいものです。

そんなチームの成果でもある明日の「ピカレスカ」試写会、みなさんもぜひ足をお運びください。
それでは、よい週末を。
# by yagitakuma | 2017-12-08 21:09 | いいね!伊那市!! | Comments(0)

オール伊那ロケのグランプリ作品がタダで観れる!明日、創造館で「ピカレスカ」試写会

映画の街、山形市で毎年開催されている映画祭「山形国際ムービーフェスティバル」で、今年グランプリを獲得した短編映画『ピカレスカ ~Novela Picaresca~』。この作品は、伊那市職員らによる伊那谷フィルムコミッションが支援し、伊那市内ですべての撮影が行われました。明日、伊那市の創造館で記念の試写会が開かれます。なんと無料!!

倉田健次監督をはじめ、出演者やエキストラとともに、グランプリを祝う会です。
なぜ伊那が選ばれたのか?という話は次回にあらためて。

詳細は下記の通りです。みなさん、ぜひ!!

伊那谷フィルムコミッションロケ支援短編映画『ピカレスカ ~Novela Picaresca~』試写会

日 時:平成29 年12 月9 日(土曜日)
開 演:午後4 時(開場 午後3時30分)
場 所:伊那市創造館 (伊那市荒井3520 番地)
スケジュール:
午後4 時 舞台挨拶
午後4 時15 分~ 試写会
午後5 時 トークイベント
午後5 時30 分 終了予定
その他:入場無料、事前の申し込み不要、子供も参加OK

◆当日出席予定者:倉田健次監督をはじめ、主演を務めた広澤草さん、結城貴史さんなど
◆ロケ地:創造館、伊那スキーリゾート、ますみヶ丘、富県新山などオール伊那ロケ
◆撮影期間:平成29 年1 月10 日~12 日(3 日間)

c0283938_20403727.jpg

# by yagitakuma | 2017-12-08 00:39 | いいね!伊那市!! | Comments(0)