アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

初の選挙応援。地方議会がテーマの過激(?)トークライブへ。安曇野方面の方々へ、ぜひお声かけください。

初めて、他人の選挙を応援する。
10月15日投開票の長野県安曇野市議選に立候補する、現職の増田望三郎さん。みなが親しみを込めて「望さん」と呼ぶ。

同議会で最年少の48歳。Iターン組。
ゲストハウスを経営し、最近移住者受け入れのためにシェアハウス事業も始めた。
議員活動は常に市民目線。
真っすぐ熱く、それでいて謙虚かつ優しい目線。どんな意見にも耳を傾ける大らかさ。そして少し抜けた雰囲気が人をひきつける。
旧態依然とした地方議会の中で、共に悪戦苦闘してきた同志だと思っている。

4年前の安曇野市議選直後、「ネット選挙」がテーマのNHK番組で特集されたことでその存在を知り、半年後の自分の選挙の直前に会いに行った。それ以来、中信地域の若手議員の会や、自然保育推進の議員ネットワークで活動を共にし、励まし合ったり愚痴をこぼし合ったりしてきた。

安曇野市議会に、絶対に必要な人です。
そんな望さんの応援のために、地方議会をテーマとしたトークライブが開催されます。
日時は9月30日午後2時から。
コーディネーターは元NHK解説委員で、前回の松本市長選で次点となった臥雲義尚さん。

かなり過激な話になるかもしれません(笑)
安曇野方面に知人がおられる方は、ぜひお声かけください。
詳しい概要は下記の通りです↓

・・・・・・・・・・・・・
政治トークライブ
『安曇野市議選を前に考えよう!
 ~地方議会は必要なの!? 投票すれば安曇野はよくなるの?~』

もうすぐ安曇野は市長・議員を選ぶ選挙です。
議会はみなさんにとって身近なものですか?
市民の代表である議員はみなさんの声を代弁していますか?

「議員は何をしているの?」
「議会は必要なの?」

そんな声も聞こえてくる中、
「政治と議会を市民の身近なものに!」
と立ち上がった3人の若手地方議員が集まり、議会をテーマに熱く語ります。コーディネーターは元NHK記者でフリージャーナリストの臥雲(がうん)義尚。
参加したみなさんと繰り広げる政治トークライブです。

【要項】
出演)増田望三郎(安曇野市議会議員、48歳)
   八木択真(伊那市議会議員、38歳)
   藤井芳広(福岡県糸島市議会議員、39歳)
進行)臥雲義尚(フリージャーナリスト、元NHK記者)

日時:9月30日(土)午後2時~4時
場所:穂高交流学習センターみらいホール
   安曇野市穂高6765番地2
参加費:無料
問い合せ・申込:増田望三郎後援会
      TEL&FAX0263-55-7414
      またはboetu@d6.dion.ne.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・


チラシデータはこちら↓
僕、似てないですね(笑)
c0283938_1321260.png

# by yagitakuma | 2017-09-19 13:00 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

人生の大先輩方に八木がお願いしたこと。今日は敬老会でした

今日は地元・坂下区の敬老会に呼んでいただきました。
c0283938_2039395.jpg

坂下では敬老会の対象は75歳以上。僕が38歳なので、あと2倍生きないと参加資格がない…。そう考えると、皆さんが生きてこられた長い時間の尊さを感じます。
今日の最高齢はなんと97歳!!驚きました。とてもお元気でした。

締めの「万歳」の音頭に指名していただき(伊那では「一本締め」等ではなく、「万歳」です)、大先輩の皆さんの前でご挨拶させてもらいました。

こんな内容の話をさせていただきました。

「敬老会、おめでとうございます。楽しんでいただけましたでしょうか。準備をしていただいた役員の皆さま、ありがとうございました。

今週は、北朝鮮のミサイルで空襲警報が鳴ったり、台風が来たり、そして衆議院解散の情報が飛び込んできたりと、なんだか落ち着かない一週間でしたが、みなさんの穏やかなお顔を見ることができてほっとした気分です。
今日の最高齢は97歳とのことで、38歳の私は半分も生きていない。お生まれになった大正9年のことを調べると、第一次世界大戦のベルサイユ条約が結ばれた年だそうです。戦争や戦後復興、バブル景気、皆さんが経験してこられたのは、本当に激動の時代だったことと思います。

皆さんの現役時代に比べると、この坂下区も人が減り、店が減り、さみしくなったと感じてしまうかもしれません。でも今、再びチャンスが来ています。
皆さんが子育てをされていた時代は、子供を大学に入れて、そして大きな企業に入ることが成功だという感覚だったと思います。でも、今はそうではなくなってきています。都会の大企業を目指すのではなく、地方で自分らしく生きるんだ、という流れが強くなっています。

今、坂下でも空き店舗の問題が出てきていますが、空き店舗があるということは、新しい人が新しいビジネスを始めるチャンスでもあります。伊那は素晴らしいところです。すごい景色、人もいい。美味しいものもたくさんあります。これから私たちの世代がどんどん伊那を盛り上げ、発信して、人を呼び込むように頑張ります。皆さん、どうか若い世代の取り組みを応援してください。若い人のお店でお金を使ってあげてください。若い世代の活動を後押ししてください。どうかよろしくお願いします。

皆さま、どうかお元気でお過ごしください。来年もまた、この場所で元気な皆さんとお会いできることをご祈念いたしまして、万歳を三唱させていただきます」


皆さんを支えるためにも、若い世代が頑張ります。
どうか応援してほしい。次世代にこの伊那市を、胸を張って引き継ぐために。
# by yagitakuma | 2017-09-18 20:43 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

★はしば、明日から再開します★

スタッフの母親が事故に遭い、先週臨時休業とさせていただいていた「はしば」ですが、お母さんの意識が無事戻ったそうで、明日火曜日から営業を再開します。ほっとひと安心。

ご予約をいただいていた皆さま、店まで来ていただいた皆さまには、大変ご迷惑をおかけしました。また、ご心配いただいた方々に感謝申し上げます。

すっかり秋になり、日本酒も「ひやおろし」や「秋上がり」が続々と入荷中です。お酒の冷蔵庫も秋色になっています。
今後ともどうぞよろしくお願いします(..)
# by yagitakuma | 2017-09-18 18:41 | 伊那まち はしば | Comments(0)