アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

30年ぶりに病院に…健康は大事だ

身体が強いのが取り柄の八木ですが、情けないことに先週、風邪で寝込んでしまいました。喉に違和感があるな…と思っていたら、発熱。熱は1日半で治まったのですが、その後無理して打ち合わせやら会議やらをこなしていたら、完全に声が出なくなってしまい…

これには参った。身体は何ともなくても、声が出なければ何もできない。
意識していなかったけど、議員活動ってものすごい会話量なんですね。

病院や薬に頼ることはほとんどなかったのに、困って咽喉科へ。
歯医者を除けば小学生時代のおたふく風邪以来かな?真っ赤に腫れた声帯の内視鏡映像を見せられて、「とにかく話をするな」と。

昨日あたりからようやく声が出るようになりました。
健康は大事だ。
インフルエンザも流行っているようです。皆さんもどうかご自愛を。
# by yagitakuma | 2018-01-14 22:53 | 日々のよもやま | Comments(0)

焼きそばパンと、元大阪人が感じる理不尽

時間がなくて車内メシ。
c0283938_14103059.jpg

焼きそばパン。旨い。
ふと思った。

大阪では食堂のメニューに「お好み焼き定食」的なのがあって、関東の人間からは「炭水化物で炭水化物を食うってどうよ」とバカにされたものです。
でも、焼きそばパンも一緒じゃねーか。こっちは誰もバカにしない。
なんでやろか??

どうでもいいことですが。
# by yagitakuma | 2018-01-05 14:09 | 日々のよもやま | Comments(0)

怒涛の新年会ラッシュ。若者は…

お正月も三が日が明けると、議員は怒涛の新年会ラッシュが始まります。
といっても仲間うちの宴会ではなく、地元地区の新年会、県議、首長の後援会主催の新年会などなど…。

特に政治家関係の新年会は、大きなホールで軽い立食形式がほとんど。後援会員のほか、各地区の自治会役員や各種団体の役員が一堂に会する場です。かつて政治家が嫌いだった僕は最初、このような場に行くことに抵抗があったのですが、いろんな方に会って話ができるし、他の政治家の来賓挨拶を聞いていると勉強にもなる。
壇上での挨拶って、ものすごく人柄が出るんです。言葉に体重が乗っていない、心に響かない人も中にはいます。自分も気をつけねば…

話がそれました。

議員になって初めて参加させてもらった時は、かなり衝撃を受けました。参加者はかなりの年配者がほとんどで、僕一人ポツーンと取り残される感じでした。でも、ずっと参加していると、声をかけてくれる人がものすごく増えてきたことを実感します。「テレビに出てたね」「市報の議会の質問、読んでるよ」と。市政への意見を聞かせてくれる方もいて、勉強にもなるし、ものすごく励みになる。

政治にたずさわる者は、あらゆる機会を利用して、一人でも多くの方々と、直接会って話をするべきだとあらためて感じました。願わくは、若い世代や女性がこのように集う場がほしい。どの会も参加者は壮絶なくらい年配者かつ男性ばかりです。

今はSNSという便利な交流のツールがあるけど、やはり直接顔を合わせることが大事だな、と思う。とはいえ、ただの「立食飲み会」では若い世代は来てくれないだろうしなー。

どのような場なら、「行ってみよう!」と思ってもらえるものでしょうか。
# by yagitakuma | 2018-01-04 23:59 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)