アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

ありがとうワンサ

先週から実家の犬、ワンサが危篤状態になっていました。

僕が高校2年のときにもらわれてきた弟分。
母がハスキー、父不明の雑種犬。
大型犬としては超長寿の17歳6か月。
やさしく整った顔立ち。
おかんの愛情を一身に受けてわがまま放題でしたが、帰省すればいつも家族の中心にゴロンと寝ころぶような、とてもとてもかわいいヤツでした。

なかなか関係がうまくいかなかった八木家で、ずっと家族の絆をつないでくれていました。


c0283938_20553498.jpg

これは7年くらい前。散歩途中に撮ったお気に入りで、携帯の待ち受けやlineの自分の代わりの画像として使ってます。かわいい。

移住して多忙だろうと気遣っておかんは連絡してきませんでしたが、1週間前から突然ごはんを食べなくなり、立ち上がることもできなくなったそうです。


数年前から目も見えず耳も聞こえず、もう長くはないことはわかっていた。
実家を出てすでに16年。おかんに比べればワンサへの愛情は薄くなっていると思っていた。
でも、もうすぐいなくなることを思ったとき、浮かんだのは「うちの家族関係は、あいつにずっと助けられてきたんだ」ということでした。今いかなければ絶対に後悔する。

やるべきことが山ほどある中で迷いましたが、金曜日の晩に高速を飛ばして大阪へ向かいました。


c0283938_2174666.jpg

なぜか僕の学ランがお気に入りで、よくもぐりこんで寝ていました。



c0283938_2191188.jpg

高校時代の僕と。

この写真は新聞の上で複写してきたんですが、左のアイドルっぽい女性はたまたま広げた面に載っていた沢口靖子さん。
僕の高校(泉陽高校)の先輩です。在学当時のセーラー服姿だ。かわいい。
どうでもいいですね(笑)



c0283938_21121935.jpg

時には家族のオモチャに。



昨日の未明に旅立ちました。
僕の存在に気づいてくれたかどうかはわからなかったけど、
最後に会えてよかった。

ありし日の写真を目にすると、つらい。
こんなに大きな存在だったのか。

いまはただ感謝です。
by yagitakuma | 2013-04-02 21:22 | 日々のよもやま | Comments(2)
Commented by リモコ at 2013-04-04 18:25 x
開設からお邪魔しています、初めまして。

ワンサくん、お疲れさまでした。
とてもいいお顔の犬ですね、雑種の個性が優しく出ていて。

私も雑種の飼い主です。
17歳の老犬です、日々介護に近い世話をしています。
一緒にゆっくり歩いたり、下を拭いたり、餌をやわらかくしたり、床をフラットにしたりとできる限りのことをして暮らしています。
介護を初めてからのほうが、存在を大切に思えます。
なんでもない外飼いの、どちらかといえば困りもので邪険にされながら居た犬でした。
黙々と静かに過ごす不自由な犬を見ていると頭がさがります。
安心して眠ってほしいと思っています。

元気だったころのワンサくんと、眠りについたワンサくん、yagitakumaさんが両方の思い出を持つことができて本当によかったです。


改装作業の行方を楽しみにしています。
体に気をつけて頑張ってください。

Commented by yagitakuma at 2013-04-05 09:54
リモコさま。
知人以外からコメントをいただくのは初めてで、とてもうれしいです。ありがとうございます。

昨日母と電話で話しました。
おかんは「犬は何も悪いことはしない。みんな『親が死んでもこんなに泣かんかった』と言うのがわかる」と泣きながら口にしていました。ひたすら人に寄り添って生きる犬の存在の大きさを実感し、「頭がさがる」というリモコさんの思いと同じものを僕も感じています。

母はワンサの晩年、遠出もせず本当につきっきりで介護していました。でもそれがとても楽しそうで、愛するワンサの介護が生きがいになっていたのでしょう。おかんの気持ちの整理がついたら次の犬を探してあげようと思います。

長野に移住して1か月が過ぎました。旧橋場歯科の改装作業だけでなく、伊那を全国の地方都市のモデルとなるような街にするという挑戦は始まったばかりですが、少しづつ同じ思いを共有する人たちとのつながりが広がってきています。長い長い道のりになると思いますが、あたたかく見守っていただけるとうれしいです。
今後ともよろしくおねがいします。