アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

★元社会部記者として★ マクドの異物騒動と地元の喫茶店の話

今日は近所の喫茶店で、事務作業をしています。自宅も店の事務所も極寒で、はかどらないので逃げてきました。ウォームシェア!!
c0283938_16533058.jpg

伊那市中心部・坂下区にある老舗の喫茶店で、土曜日の昼下がり、区のお歴々が集っておられました。オッサン天国(^^)
昼間っから酒を飲んでる人。額を突き合わせて区の運営の話をしている役員。にぎやかです。オシャレ感はゼロ!!大好きな店です。

僕はほとんどテレビを見ない人間ですが、食品の異物混入騒動がバンバン流れてますね。
元社会部の記者として、ひと言申し上げたい。この渋い喫茶店のファンとしての立場から。

テレビは、重大な問題だからという理由で頻繁に取り上げているわけではありません。

・虫やら異物の写真があってセンセーショナルに取り上げることができるから。
・官公庁や企業の動きが止まり、ニュースが少なくなる年末年始の「ネタ枯れ」の時期だから。
特に後者の「ネタ枯れの時期だから」という理由が大きいと思う。事件などの大きな話が出てきたら、一瞬にして消え去る程度の話。

だからこそ、冷静になるべきです。企業を袋叩きにして、膨大な量の自主回収に追い込むのは、どう考えてもやりすぎです。もったいない。

人間が作るものに、完璧なものはありえない。そもそも、ペヤングにしてもマクドナルドにしても、使う理由は「お金をかけたくない」「自分で作るのがメンドクサイ」ってのが大きいのではないでしょうか。そんな理由で使ってるのに、声高にギャーギャー文句を言うのは品がないってもんです。

こんな騒動があると、顔が見える店の大切さをひしひしと感じる。
僕はどうせお金を使うなら、一人ひとりのお客さんと顔の見える商売をしておられるお店を選ぶ。
そりゃマクドに比べたら少しは高いけど、その差額を惜しんで虫だ異物だとギャーギャー文句を言うくらいなら、家でマヨネーズをかけた白飯で済ませます。

伊那市坂下の「珈琲館プリンス」。一日中定食が食べられる。ゆるーい雰囲気。オススメです。
by yagitakuma | 2015-01-10 16:55 | 日々のよもやま | Comments(0)