アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

やればできる!!伊那商工会議所で創業スクールが開かれます。

こんばんは。八木です。

今日は商工会議所で打ち合わせ。10月に伊那の商議所で開催される創業スクールに、創業経験を話す立場で呼んでもらえることになりました。
人前で話すのは得意ではないですが、最近そんな機会が増えている。
c0283938_9224479.jpg

「話す」ということは、自分の経験や思いを整理するきっかけになります。そんな場を与えていただけることに感謝です。

打ち合わせの席でお聞きしたのは、伊那の事業所数の推移。

「創業率」という言葉があるそうですが、これは、「創業したい人が、実際に創業できる割合」を指すそうです。欧米では創業率が10%なのに対し、日本は5%前後。起業することは会社勤めに比べて当然リスクはありますが、日本はまだ、創業に対する心理的ハードルが高い。「失敗しても次また頑張ればいい」という雰囲気が欧米に比べて弱いため…とされています。

企業が少ない地方では、「いかに創業する若者を増やすか」ということが地域活性のカギになっています。高齢化、過疎化、農業の衰退といった地域課題には、ビジネスの芽が隠されている。それを商売に結び付けることができたら、地方は元気になっていくんですが…。

伊那商工会議所の会員事業者数は、ピーク時の約2100から現在は1800程度まで減少しているそうです。毎年20~30の事業所が廃業する一方、創業する新規加入者は10件弱。人口減少時代である程度の減少は当然ですが、このままでは会社も店もどんどん減ってしまう…

だからこそ、創業スクールに力を入れておられるわけです。
しかも、伊那商議所の創業スクール受講者の創業率は結構すごい。毎回、受講者のうち2~3割が実際に創業しているそうです!!

「こんなビジネスがしたい」「お店を開きたい」とお考えの方、このスクールがひとつのきっかけになるかもしれませんよ。マーケティングの基礎や公的融資制度の活用法など、とても役に立つカリキュラムだと思います。
c0283938_9231425.jpg


地方が存続するためには、この土地ならではの新しいビジネスが生まれてくることが重要です。少しでもビジネスにチャレンジする人が増えるように、僕も議員として、まちづくりに取り組む一民間人として、努力します。

今回お話をいただいた講師(というほどではないですが)の件も全力で!!
by yagitakuma | 2015-08-06 02:20 | 日々のよもやま | Comments(0)