アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

本当にひどい。そして嫌なものを見てしまった…。大阪・寝屋川の事件。

大阪・寝屋川市の中1男女惨殺事件。
本当にひどい事件だ。記者時代にいろんな事件を取材しましたが、これほどひどい手口は記憶にない。本当にひどい。

記者時代に大阪府警担当だったこともあって、他人事と思えず。
大阪社会部総動員でみんな走り回って取材してるんだろうな…

捜査の進展を待つしかありませんが、動機がわからない不気味さ。
容疑者はかつて中学・高校世代の男子生徒の監禁容疑での逮捕歴もあるようで、このあたりが動機につながってくるのでしょうか。

容疑者が遺体発見後もFacebookで食事や観光の様子をアップしていたことについて、テレビのコメンテーターが「理解できない。異常だ」と盛んに言っていますが、そもそも突発的ではない理由で人を殺めるタイプの人間の行動を、一般人の感覚で理解できないのは当たり前やないか!何を呑気なことを言うとんねん!と思ってしまう。

どんな事件でも人間社会の負の部分が見えてしまうものですが、今回も本当に嫌なものを目にしてしまった。
「なんで動機が出てこない?長野の新聞に載ってないだけか??」とネットで調べたら……ネット世界で被害者の親御さんへの批判が。

あの時間に2人で駅前を歩いてることからも、あまり家庭環境に恵まれてなかったのかな…とは思います。でも、2人は何の落ち度もない完全な被害者で、親御さんも被害者です。悲しみの中でマスコミに追い回され、さらにネットで叩かれる。

犯罪被害者とその家族は「メディアスクラム(悲しみの中なのにマスコミが押し寄せる)」という2次被害があります(かつて僕も当事者でした…)が、現在は「インターネット」という掲載されると二度と消えない恐ろしい3次被害まである。

自分もついそれを読んでしまい、とても嫌な気分になった。
子供が被害者の事件は、大人同士の事件と違って被害者に落ち度がないだけに、本当に救いようのない気分になります。
by yagitakuma | 2015-08-26 01:57 | 日々のよもやま | Comments(0)