アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

信大生よ、伊那の街なかに住もう!!

信大生よ、伊那の街なかに住もうよ!!
これは、元信州大農学部生の八木(ドロップアウト組でしたが)がずっと温めていた中心市街地活性化のアイデアです。

伊那には信州大の農学部がありますが、伊那市の中心市街地に住む学生は皆無といっていい状態です。キャンパスは伊那市中心部から車で10分ほどの伊那インター近く。学生のほどんどがその周辺に住んでいて、伊那市中心部の賃貸物件の存在を知らないようです。

信州大はタコ足大学。1年時は全員が松本キャンパス周辺に住んで授業を受け、2年から県内各地の学部に移るシステムです。2年以降の住居を探す際、最近はインターネットで検索し、大手賃貸紹介サイトの物件の中から選んでいるとのこと。中心部の物件はご高齢の大家さんが多く、大手のサイトに載らないケースがほとんど。

現役学生に聞くと、「中心部に物件があるなんて知らなかった」「中心部の方がよかったかも…バイト先も飲む場所もあるし」との声が多々。
これはもったいない!!

大学周辺はコンビニやスーパーがあるくらいで、何もないんです。
中心部で地域密着の生活の方が、得るものは多いと思う。
地域の行事に参加したら、楽しいと思う。
地方創生の最前線が体験できると思う。
大学で学ぶだけでなく、学生生活の幅がすごく広がると思うんです。

地域との交流が深まれば、「卒業後にそのまま住もうかな」「いつか帰って来ようかな」という思いも出てくる。僕自身がそうでした。「帰る場所がある」というのは、社会に出てからもすごく大きな支えになるもんです。

僕が所属する伊那市議会の人口増推進特別委員会に提案し、先日の市長要望の際に直接話をしてきました。
市長要望の内容についてはコチラ↓
http://yagitakuma.exblog.jp/25175110/

お金がかかる話には渋い顔をする市長も、この提案には「すぐにやりましょう。こういう提案を待っていた」と乗り気になってくれました。

何せお金がかからない。中心部の物件をリストアップし、農学部生が伊那での住居を探し始める1年目の夏までに、松本キャンパスに届ければいいだけのはず。

今年は本気で取り組むつもりで、僕の地元の坂下区の役員の方々には話をしていましたが、行政が乗ってくれるのならすごくありがたい。

学生たちが中心部に住み、伊那の活性化のマンパワーを担ってくれたらなぁ。
ゆくゆくは中心部に、学生のシェアハウスのような場所も作れたらなーと夢を描いています。

実は、シェアハウスにぴったりな物件もあるんです。伊那市駅近くの廃業したホテル。
c0283938_2142113.jpg

やりたいことだらけだ…
一つひとつ、コツコツと形にしていきます。
by yagitakuma | 2016-01-16 23:11 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)