アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

あの日から1年。八木家が犯罪被害者に(25)

あの日から、1年。
c0283938_19263941.jpg

今日は、ひき逃げの犠牲となった姉の命日でした。
冷たい雨の中、伊那から高速を飛ばしたあの日のことが鮮明によみがえります。
今日は晴天。

あっという間の1年でした。

これまでの経緯は、こちらにまとめてあります→「八木家が犯罪被害者に」http://yagitakuma.exblog.jp/i17/

東北から大阪へと向かい、実家の駅前のコンビニで、姉が好きだった缶ビールを2本。
お骨の前で二人だけにしてもらい、飲みました。初めての二人飲み。

1回くらい一緒に飲みたかったな
酒、強かったらしいやん。
八木家はみんな強いんかもな
俺は忙しいけど、なんとか元気でやってる。
伊世の分まで生きるから、見守っといてくれよ
お骨はどうしたらいいんやろ
「散骨してくれ」って言ってたらしいけど、それはなぁ
暗い墓に入れるのも、辛すぎてできへん
家の誰かが死ぬまで、このままでいいか?
……

まだ、お骨もお墓もどうするか、決まっていません。
姉のことを想ってくださっている方々が、手を合わせる場所がないこと。心苦しく、申し訳なく思っています。

事件後、姉のご友人が送ってくださった写真や手紙に、あらためて一つひとつ目を通しました。
姉を愛し、尊敬し、大切に思ってくれた方々の思いがひしひしと伝わり、涙が止まりませんでした。

でも、気力も湧きました。

服役中の川崎愛受刑者。
刑事裁判では飲酒の事実を否定し続け、わずか2年8月の判決でした。
刑期の相場を考えると、早ければ今年中には出所してくるかもしれません。

ふさわしい刑罰を求めて、関係者を割り出し、証言を求め、真実を明らかにすること。
これほど難しいとは思いませんでした。
協力してくれている旧知の記者が、「普通の人は絶対無理だ」と言っていました。
同感です。事件記者時代の経験と、死んだ姉の人徳によって皆さんに支えていただいたからこそ、ここまで来ました。でも、できる限りの手は尽くしたけど、望む結果を得ることはかなり厳しい状況です。

それでも、もう少し頑張ろう。
皆さんの思いに、背中を押された気がします。

僕は現場には行けなかったけど、新しい花束がいくつも供えられていたそうです。
by yagitakuma | 2017-02-16 19:29 | 八木家が犯罪被害者に | Comments(0)