アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

地元区の総会に出席して、また悩みが…

昨晩は、私が住む伊那市坂下区の総会がありました。
議題は、1年間の予算や役員人事。
区のお金を何に使っているのか、どのような事業に取り組んでいるのか、じっくりと考える機会となりました。

どこの区も同じですが、ほぼボランティアの役員の方々が、ものすごい労力を使って区を運営しています。人口がどんどん減り、高齢化が進む現状への危機感。でも、何をすれば明るい未来を描けるのか、悩みます。

将来を担う若い世代が、真剣に地区の将来を議論する必要がある。このままでは、人もお金も減ってジリ貧になっていくことは容易に想像できる。
総会には、若い世代の出席者はごく少数でした。若い世代は忙しく、そもそも地区単位で物事を考える世代ではなくなっている気もします。

行政効率が良い都会と違い、地方は行政が地域で求められていることのすべてを担うことが困難です。だからこそ、区の役割は大きい。しかし、区単位で物事を考えるのも時代遅れとなっている感もある。

どうすればよいのか。今後の区の運営に関して、市として方針を示すべきではないのか-。
悩みます。
c0283938_1222196.jpg

by yagitakuma | 2017-02-27 08:20 | 日々のよもやま | Comments(0)