アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

長い一日。

今日は、夕方から松本へ。
例の駅前ビルを内覧させてもらったお礼と報告に、一升瓶を下げて所有者のご自宅に行ってきた。夜の突然の訪問にもかかわらず、招き入れてくれてコタツを挟んで長話。本音も聞けたし、あらためて建物の歴史を知ることができた。

昭和35年に2000万円を投じた建物。「震度7に耐えられる、100年はもつ設計だ」と説明されていたとのこと。たしかに、内部はとてもしっかりしていた。

ビルの1階で昭和60年ごろまで喫茶店を経営しておられた所有者。店での出会いが縁となり、当時の国政の政治家とも昵懇の仲だったという。豪傑が多かった政界の裏話も聞けて、とても面白い。

しっかりと活用の計画を考えて、ご本人が納得できるような提案をしないといけない。あの建物に、熱い思いを持っている人がたくさんいることは、理解してもらえたと思う。

松本に向かう前、午後は地元選出の宮下一郎衆院議員の事務所で、秘書の皆さんに相談に乗っていただいた。アイデアももらえたし、具体的な計画ができれば使えそうな国の制度を探してくれるとのこと。心強い。

今日は早朝から12月議会一般質問の通告締切に向けた作業もあり、長い一日でした。今、伊那に到着。明日からは議会に集中できる。
またご報告します。

松本で出していただいたお茶は、茶柱が立っていた。

「今度は飲みましょうね」
「泊まっていっていいぞ」

新聞記者時代、同じように夜な夜な刑事さんや政界関係者の家に押しかけていたなぁ、と思い出す。
c0283938_22284995.jpg

by yagitakuma | 2017-12-06 23:26 | 闘う議員日記 | Comments(0)