アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 02日 ( 1 )

忙しすぎて頭の容量が限界…というあなたに。メモアプリで劇的改善。八木の仕事術

3月議会が始まり、超ハードな毎日です。

月曜日に議会初日があり、昨日が一般質問通告の締め切り。
初日の全員協議会での説明で出てきた案件を急きょ一般質問に突っ込むために、昨日まで2晩ほぼ徹夜でした。さすがに最後は頭から火が出そうでした。

火曜日は会派の勉強会があったため、限られた時間で市の施策についての調査する必要があったためバタバタでした。勉強会終了後、講師と未明まで意見を交わし、翌日は朝からアスタルのミーティング、アスタルの補助金申請のヒアリング、またアスタルのミーティング、商工会議所青年部のミーティング…

一晩寝て復活しました。

どんどん増えるミッションですが、今年に入り仕事の進め方を劇的に改善することができました。
その理由は、スマホとPCを連動して使えるメモアプリ「One note」を導入したこと。

思いついたこと、やるべきこと、政策集、アスタルToDoリスト、買い物リスト…

カテゴリーごとに、とにかくなんでもかんでもここに放り込む。
とりあえず放り込んで頭から追い出すと、その分、別のことを考える余裕ができる。
「あれ、やるべきこと何だったっけ…」「さっき思いついたこと、忘れてしまった…」と悩んで脳のパワーをロスすることがなくなりました。

スケジュール管理も、
・決まった予定は、手帳に記録
・それ以外は、「近々やるべきこと」と「後日でよいこと」を分けてアプリに記録
というやり方で、「5分時間が空いた」という瞬間にアプリを確認し、5分でできる事を終わらせてリストを減らす-という繰り返しで、時間を有効活用できます。

とにかく何でも放り込んで、一日の終わりにまとめて整理する。
布団に入ってから思いついたことも、手帳は手元になくてもスマホは枕元にあるため、すぐに記録できる。

すごく便利です。
「やることが多すぎて頭がグチャグチャになる」と悩んでおられる方は、ぜひ活用してみてください。

さて、いまから伊那青年会議所(JC)の委員会。
行ってきます。
by yagitakuma | 2017-03-02 19:05 | 日々のよもやま | Comments(0)