アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のよもやま( 74 )

そろそろ世代間闘争が勃発する??高齢者にバラマキ、未来ある若者への予算が削られる理不尽

「いい加減にしろ!!」と言いたくなるニュースが。

「国立大の財政難は超深刻 新潟大は教員人事凍結、研究費は自腹」
http://www.j-cast.com/2016/02/04257614.html

全国の国立大が文科省からの運営費交付金の削減で財政難に陥っており、新潟大では教員人事の原則凍結を決定。定年退職する教授が出ても、新規募集や内部昇任を控えるという。

なんだかなーと思っていたら、我が母校・信州大の教授が「うちの職場ではかなり前からこれに近いかもっとヒドイ状況なので、特に目新しいことではないかな」とコメントしていた。

地方国立大では、人員削減のあおりでどこも余裕がなくなっている。

腹の立つことに、未来ある学生のための予算が削られる一方で、約3600億円を投じて低所得の高齢者に1人3万円の臨時給付金を交付する方針が出ている。参院選対策のバラマキとして…

この対比から何が見えるかというと、「若い世代は政治にナメられている」ということ。若者が政治に関心を持たないからだ。
国政選、地方選問わず、若者と高齢者の投票率の差は驚くほどです。1年ちょっと前の衆院選、伊那市内の投票所での調査では、20代の投票率が30%程度なのに対して、65~75歳の投票率はなんと75%でした。
高齢者向けの政策ばかり出てくるわけだ。

何度も言いますが、若者は政治にナメられている。

この夏の参院選から選挙権が18歳に引き下げられますが、先ほどの国立大の財政難の話は高校を出たばかりの世代を直撃する問題です。

若者が声を上げないといけない。
by yagitakuma | 2016-02-06 01:32 | 日々のよもやま | Comments(0)

AKB前田あっちゃんのセリフをもじったの??民主党はどこへ向かっているのか…

「民主党は嫌いだけど、民主主義は守りたい」。民主党の新しいキャッチフレーズだそうです。
c0283938_23244161.jpg

「私のことは嫌いでも、AKBは嫌いにならないで」とAKB48総選挙で涙ながらに叫んだ前田敦子さんのセリフとダダ被りしているような。奇策に出るしかなかった苦境が感じられますね…。

奇をてらって何とかなる現状ではないと思うのですが。
同じ選挙とはいえ、あっちゃんのように各選挙区でセンターを勝ち取ることができるのでしょうか。

民主党が何を目指しているのかがわからないのが、支持率低下の大きな要因であることは各方面で指摘されている通りです。「安保法案反対」を旗印にするのであれば、共産党の方が説得力がある。

「民主主義は守りたい」というフレーズが、「安保法案を通した自民党が民主主義に反している」という意味ならば、「強行採決」できる議席を与える直接的な原因となった「民主党だけには任せたくない」という声の理由を総括できていない証拠ではないか。

昨年9月に民主党内の若手議員グループが岡田代表に解党を要請していましたが、若手が「戦えない」と判断するような政党では、優秀な候補者が集まってくることはありません。解党でなく存続の道を選ぶのであれば、党内で保守派とリベラル派が共存するわかりにくい体制を解消し、加えて執行部を総入れ替えするような大胆なイメージチェンジを図るしかないのではないでしょうか。

議会の中に身を置いている立場として、「一強」の弊害は強く感じているところです。拮抗した勢力が、緊張感を持って議論を戦わせることで、よりよい未来へと向かうことができる。有権者の政治への関心がこれ以上低くならないためにも、野党には党利党略を超えた将来像を描いてほしいと思います。

今夏の参院選で、民主党は長野選挙区に著名なキャスターを擁立しました。「報道の世界で活躍した方だから」と期待したいところですが、ジャーナリストは権力をチェックする役目を担ってきたはず。無所属で、あるいは新しく生まれた党から出馬するのであればまだしも、民主党の重鎮で権力者である現職の後継者として出てきた経緯に、かつて報道の現場に身を置いた立場として少しがっかり感が拭えません。

僕は普段、あまり政治的な話はしないんですが、「民主党は嫌いでも」という変なポスターにびっくりして、つらつらと思うことを書いてしまいました。

ずっと民主党を支持してきた方々は、どう感じておられるのでしょうか。
by yagitakuma | 2016-01-29 00:07 | 日々のよもやま | Comments(0)

ココイチ冷凍カツ横流し問題から見えてきた社会の歪み。僕は今後、徹底して個人店を応援しようと思った。

こんばんは。八木です。

僕はカレーが大好き。ほぼ外食だけだった記者時代は、「1日1カレー」といっていいような状態でした。今話題のココイチも、相当なヘビーユーザーでした。
今でも、たまに食べにいきます。

騒動になっている冷凍カツ横流し問題。
昨日、大阪で何気なく入ったシブいカレー屋さんのテレビで、ワイドショーが取り上げていました。カツカレーを食べながら、カツ問題について考えることに。

今回の件で、ココイチの会社としての対応に、称賛の声が上がっています。
「廃棄の損失を恐れずきちんと対応していたことが判明し、逆に信頼が上がった」と。
僕もその通りだと思います。そして、横流しした業者は廃棄物処理法違反はもちろん、詐欺容疑も視野に捜査が進むでしょう。

僕がカレー屋で感じたこと。

壱番屋が廃棄を依頼した約60万枚というカツは、いったい牛何頭分なんだろう。
本来感謝して頂くはずだった命が、どれだけ捨てられようとしたんだろう。
膨大な命を無駄にせざるを得ない社会のシステム。
何かが狂っているのではないか…。

僕は、廃棄することに異論を唱えてるのではないですよ。横流しを正当化する気持ちもまったくありません。

でも、僕がこの件について考えながら食べていた小さなカレー屋さんのカツカレー。この家族経営的な雰囲気のお店だったら、たとえカツを作る過程でミスがあったとしても、従業員さんが「手分けして持って帰って食べようか」となっていたでしょう。そもそも、手仕込の工程で異物混入などありえないのかもしれない。

このカレー屋さんの近くには、ココイチのお店もありました。「ココイチは伊那谷にもあるからなー」と何気なく入ったお店でしたが、すごく大切なことに気付かされたような気がします。僕たちは、このような作り手の顔が見える店を応援すべきなのではないか。

ココイチは好きですが、「年中」「どこでも」「同じ味を」「リーズナブルに」楽しめるシステムの陰に、「カツ60万枚分の牛の命がいとも簡単に捨てられることもある」という異様な世界があることを覚悟しなければならない。そんな世界を応援するのか。

皆さんは、どうお感じでしょうか。

ちなみに、僕が入ったカレー屋さんは、「ケーツーカレーハウス」。大阪市北区、阪急梅田駅のすぐ近くです。すごくリーズナブルで、レトロな雰囲気。丁寧な仕事をしておられるお店でした。
応援するぞ!!という意味で、お店情報をこちらに↓
http://retty.me/area/PRE27/ARE89/SUB8901/100000717356/

それではまた。
c0283938_2364848.jpg

by yagitakuma | 2016-01-19 23:02 | 日々のよもやま | Comments(1)

1.17。

続々と訪れる人々が、静かに思いを共有していました。
c0283938_1059298.jpg

今日から僕にとって3年ぶりの休暇です。
大阪へ向かう途中に、神戸に立ち寄りました。

今日は1.17。
c0283938_10595963.jpg

保育士さんに連れられた子供たち。
いつかこの場所の意味がわかると思う。

c0283938_1102796.jpg

幼子を連れたお父さん。
「21年前にね、6000人も亡くなった地震があったんだよ」と、静かに語りかけておられました。

c0283938_1105498.jpg

日が暮れても、人並みは絶えず。

すごい数のボランティアや学生さんが、この鎮魂の空間を作るために活動しておられました。

21年前のこの日。僕の実家の堺市は震度4。本棚からいろんな物が落ちてきた程度でしたが、すごく怖かった。

当時僕は高校2年。この日は全校模試が予定されていました。
当然、鉄道はストップして休校になっていましたが、親からもらった定期券代をネコババして長距離自転車通学をしていた僕は休校に気付かず、息を切らして学校に着いてから「誰も来てないやーん」と自分に突っ込んだことを思い出します。

帰りに通った商店街の電器屋さんのテレビに、黒煙に包まれた神戸の街並みが映し出されていて……

それから何度となく神戸に通いましたが、今では本当に明るく魅力的な街になりました。
by yagitakuma | 2016-01-17 23:57 | 日々のよもやま | Comments(0)

「あんた、エロサイト観てるのか??」。犯罪組織に八木が電凸してみた。ご用心、ご用心。

昨年のある日の昼下がり。「はしば」の料理スタッフ(ホソダ、いちおう女性)から僕の携帯に電話が。
何やら慌てた声。

(ホソダ)「あの、今、お金を払わないと裁判になるって電話が、」
(八木)「??んん?ちょっと待て。どこから?
(ホソダ)「なんとかセンターってとこで、アダルトサイトの料金を払ってないって言われて、それで、」
(八木)「いやいや、ちょっと待てよ。あんた、エロサイト観てるのか??
(ホソダ)「観てません!!!
(八木)「それはオレオレ詐欺の派生バージョンやぞ。ほっとけばいいねん
(ホソダ)「大丈夫なんですか??
(八木)「あんた、おバカか。ほっとけばいいねん!!

どれだけ世間知らずなのか、大丈夫かコイツは。と、愕然となったその日の夕方。その番号に八木が興味本位で電話してみた。

プルルルル…
はい、料金センターです

電話からはガヤガヤと同じような電話をしている声が聞こえる。組織的にやってるんだなー。ビルの一室にアジトがあるんでしょう。

(八木)「着信があったんですけど
(男)「確認しますので、電話番号を教えてください
(八木)「090の××××…」←デタラメな番号を伝える

しばし待っている間も、電話の後ろからはガヤガヤガヤガヤ…

(男)「確認できました。アダルトサイトの利用料金が未納となっておりまして、24万円を明日中にお支払いただかなければ、差し押さえ等に移ることになります
(八木)「(デタラメな番号なのに笑)使った記憶がないんですが
(男)「履歴が残っております。お支払いただけなければ、法的手続きに移ることになります
(八木)「……
(男)「どうするんですか?払うんですか?払わないんですか??(かなり高圧的になる)」

カチンと来てしまった八木。

(八木)「お前、こんなことしてて楽しんか?
(男)「何ですか?
(八木)「何ですかじゃないやろ!この詐欺師が!!こんなことしてて楽しんか!!
(男)「何ですか?態度が悪いですね
(八木)「お前に言われたないわ!!詐欺師のくせに偉そうに言ってんちゃうぞ!!!

(ガチャンっと電話を切られる)
八木、再びかける

(男)「はい、料金センターです
(八木)「勝手に切るなや!お前からかけてきたんやろーが!!!
(男)「何ですか!こっちは忙しいんです!
(八木)「んなもん知るか!お前がかけてきたんやろーが!!!
(ガチャンっ)

なぜ今、こんな話を持ち出したかというと、先日9日の地元紙・長野日報にこんな記事が。
c0283938_23182279.jpg

c0283938_23184046.jpg

昨年は被害届がなかったアダルトサイトの架空請求が増えていて、若い世代が被害に遭っているとの内容。
あの電話のヤツかー。引っかかる人がいるとは…
エロ関連で、身に覚えがあると人に相談しづらいってことも、被害を生む要因なんでしょう。

この手の組織犯罪は、すぐに拠点を変えるため摘発がとても難しいんです。お金の受け取り役などではなく、組織の幹部や拠点を摘発できる例は、年に数回だと思います。時間も手間もかかるため、大がかりな捜査班を組織できる警視庁のような規模がないと困難。
最近では、もっともアシがつきやすいお金を受け取る手段も、年々巧妙化しています。先ほどの記事でも、「電子マネーで請求額を支払うケースが目立った」とありました。

とにかく、撲滅のためには、引っかからないこと。
そして、グループのメンバー罪悪感もなくゲーム感覚でやっているので、怒鳴り散らして戦意喪失させるのも手かもしれません。

こんなくだらない犯罪に、大切なお金をだまし取られる人がいなくなることを願うばかりです。

今日は若手林業家集団「森の座」の勉強会兼新年会に参加させてもらった後、店を臨時営業。明日からは、本格的に役所と議会が動き始めます。
by yagitakuma | 2016-01-11 23:23 | 日々のよもやま | Comments(0)

外国人が体験したら、きっと盛り上がるだろうなー。伝統行事とインバウンドの可能性。

今日は早朝から、伊那市内のあちこちで子供たちの歓声が。
c0283938_145316100.jpg

どんど焼きの日。
店のしめ飾りを自分で会場に持っていこうと思って店に泊まったけど、朝起きたら勝手に持ち去られてました(笑)
地区の小学生が集めてくれるんです。

c0283938_14534146.jpg

区長からどんど焼きの意味を聞く子供たち。
伊那市中心部の坂下区は、天竜川河畔が会場。

かつては子供がたくさんいて、各地区で櫓の高さを競ったそうです。
昔は家一軒分くらいの大きさになったもんだ。お寺のデカいしめ飾りは、隣の区と取り合いになってね」。
とは地区の大先輩方の談。

c0283938_14541296.jpg

火が落ち着いたら、みんなでお餅を焼いて舌鼓。
今年の正月は、快晴続きですね。

ふと、思ったこと。

しめ飾りや門松やダルマを集めて、ワイワイ燃やして餅を焼く。
これって、欧米人から見たら、「ファンタ~スティック!!」って世界じゃないのかな??

布袋さんや縁起物がくっついたしめ飾りや、ダルマだけでも、異文化の人の目には面白いのでは??各家や店から集めるところから餅を焼くところまで、外国人向けの体験ツアーにできるのでは??「どんど焼き」や「しめ飾り」の起源や意味も、日本文化を理解する入口になるような気がします。

いつか本気でインバウンドに取り組むなら、面白いコンテンツになるかもしれませんね。
昨日も触れましたが、観光の重要な4要素は、「文化、食、気候、自然、」。その可能性は、気付きにくい身近なところに隠れているのかもしれません。
by yagitakuma | 2016-01-09 14:56 | 日々のよもやま | Comments(0)

八木の鼻の下が…。飲み屋街が盛り上がった年末年始が終わりました。

1月3日の「伊那まち はしば」、午後8時40分。
初めてのご来店かな?珍しく若い女性が2人でカウンターに。

「何飲もうか~」
「マスターのおすすめで!!何でもいいです~」
(八木)ジャンル、広すぎ…

「僕が好きなので、ほぼ日本酒屋なんですけど、」
「日本酒?ほとんど飲んだことなーい」
(八木)「大丈夫です?」
「じゃぁ、おでんに合う日本酒をください!!」
(八木)うれしいこと言ってくれるやんっ

「わーっ美味しい!!!」
(八木)「お水もどうぞ」
「すごーい気が利いてるー」
八木、鼻の下が…

「マスター、あれは登山のサークルか何かですか?ア・ステップ・トゥ・アルプスって」
(八木)「アスタルって名前で活動してるんですけど、アルプスを武器に伊那を盛り上げようって取り組みなんです」
「そうなんだー。可愛いロゴですねー。押せば絶対売れますよ!山の日とかもできたし」
(八木)「そそそそうなんです!頑張ります!!」

八木、今年いちばん鼻の下が伸びました(まだ3日だけど)。

年末年始、帰省中とおぼしき若い方々がたくさん来てくれました。

カウンター越しに、都会での仕事のことも聞こえてきました。
みなさん故郷の伊那で骨休めしながら、またそれぞれの持ち場に戻っていくんでしょうね。

明日から仕事の方も多いかと思います。

帰ってくるたびに伊那の魅力がアップしていくように、そしていつか年中若い人たちでワイワイする伊那まちになるように、今年も頑張ります。明日からは議員メーンに戻ります。

みなさんも、それぞれの土地で幸多き一年になりますように。
c0283938_0571480.jpg

by yagitakuma | 2016-01-03 23:54 | 日々のよもやま | Comments(0)

謹賀新年。脱・計画倒れ!!新年の抱負。

明けましておめでとうございます。

年末の飲み屋街は怒涛の賑わいでした。
僕の店にも、せっかく来てくれたのに入れない方が続出。申し訳なかったです…

例年、飲み過ぎ&二日酔いでグダグダな正月を繰り返してきた八木。今年は反省して読書中心の静かな年明けです。

c0283938_21272255.jpg

気合を入れて7冊!!と思ったけど、よく考えたら「はしば」は2日から営業。読了はようやく2冊……無理だなこりゃ。
今年こそは計画的に、と思っております(笑)

今日は終日、雲一つない澄み切った空でした。
坂下神社で初詣をして、午後に少しジョギングして、爽快!!
余裕がなくてなかなかできなかったけど、知らない道をジョギングするのが大好きなんです。今日も知らない道を走っていたら、クスノキに囲まれたこんな素敵なお社が。
c0283938_21262260.jpg

まだまだ知らない地域の魅力、たくさんあります。

c0283938_21265459.jpg

こちらは店の近くの天竜川河岸にある入舟弁財天さん。
油揚げと卵??何か意味があるのでしょうか。


自分の中で、今年は勝負の年。
議員としては4年の任期の折り返しとなります。
アスタルプロジェクトも次の展開に進みます。
そして「はしば」も3年目。
腹をくくって、それぞれのやるべきことを確実に実行します。

議員としては
・市政の情報発信のため、冬眠状態だった「八木たくま」ホームページを最構築する
・定期的に議会&市政報告会を開催する
・ニュースレター(チラシ?)を作り、それを手に皆さんの声を聞きに回る

アスタルプロジェクトは
・任意団体から法人化へ
・地域活性化につながる収益事業に取り組む
・事務局スタッフの雇用

「はしば」としては
・店のホームページorブログを作る
・「楽しい」or「人と人とがつながる」イベントを企画(たとえば落語会とかお話会とか)


すべてをこなすことは大変ですが、12月から店に信大生のバイト君が入ってくれて、少し自由に動けるようになってきました。
やるぞー!!

議員として、アスタルプロジェクトメンバーとして、はしば店主として、旧年以上にみなさまのご協力をいただく一年になると思います。
伊那のために全力で走りますので、どうぞよろしくお願いします。
叱咤激励してください。

今日の南アルプスは、絶景でした。
皆さまにとって、よい一年になりますように。
c0283938_21285928.jpg

by yagitakuma | 2016-01-01 21:31 | 日々のよもやま | Comments(0)

何年ぶりだろう。真夜中の高速を西へ

ご無沙汰しておりました(..)

店を閉めて、車に飛び乗って。
久々の遠出。何年ぶりかの深夜の高速道路です。

明日(今日)は、僕の選挙を追っかけてくれたドキュメンタリー作品の上映会に呼んでいただきました。滋賀・米原へ。

暗い中、深夜ラジオを聴きながら、延々と続くトラックのテールランプを追いかける。
真夜中に西へと向かうこのシチュエーション、久しぶりだな。

学生時代、遠距離恋愛の彼女に会いに行ったり
記者時代、休暇で仲間と飲んだ伊那から勤務地に夜な夜な帰ったり
若かったなーと、いろんなことを思い出しながら。
c0283938_3243999.jpg

物流の仕事人の息づかいが感じられるサービスエリアの雰囲気も、いいもんだ。
お疲れさまです。

遠出って、気分転換になるもんですね。
最近いろんなことで頭の中がゴチャゴチャになっていたけど、黙々とハンドルを握っていると、なんとなく絡まっていた糸がほどけていく。

明日はどんな出会いがあるか、楽しみです。
by yagitakuma | 2015-11-07 03:26 | 日々のよもやま | Comments(1)

本当にひどい。そして嫌なものを見てしまった…。大阪・寝屋川の事件。

大阪・寝屋川市の中1男女惨殺事件。
本当にひどい事件だ。記者時代にいろんな事件を取材しましたが、これほどひどい手口は記憶にない。本当にひどい。

記者時代に大阪府警担当だったこともあって、他人事と思えず。
大阪社会部総動員でみんな走り回って取材してるんだろうな…

捜査の進展を待つしかありませんが、動機がわからない不気味さ。
容疑者はかつて中学・高校世代の男子生徒の監禁容疑での逮捕歴もあるようで、このあたりが動機につながってくるのでしょうか。

容疑者が遺体発見後もFacebookで食事や観光の様子をアップしていたことについて、テレビのコメンテーターが「理解できない。異常だ」と盛んに言っていますが、そもそも突発的ではない理由で人を殺めるタイプの人間の行動を、一般人の感覚で理解できないのは当たり前やないか!何を呑気なことを言うとんねん!と思ってしまう。

どんな事件でも人間社会の負の部分が見えてしまうものですが、今回も本当に嫌なものを目にしてしまった。
「なんで動機が出てこない?長野の新聞に載ってないだけか??」とネットで調べたら……ネット世界で被害者の親御さんへの批判が。

あの時間に2人で駅前を歩いてることからも、あまり家庭環境に恵まれてなかったのかな…とは思います。でも、2人は何の落ち度もない完全な被害者で、親御さんも被害者です。悲しみの中でマスコミに追い回され、さらにネットで叩かれる。

犯罪被害者とその家族は「メディアスクラム(悲しみの中なのにマスコミが押し寄せる)」という2次被害があります(かつて僕も当事者でした…)が、現在は「インターネット」という掲載されると二度と消えない恐ろしい3次被害まである。

自分もついそれを読んでしまい、とても嫌な気分になった。
子供が被害者の事件は、大人同士の事件と違って被害者に落ち度がないだけに、本当に救いようのない気分になります。
by yagitakuma | 2015-08-26 01:57 | 日々のよもやま | Comments(0)