アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のよもやま( 82 )

やればできる!!伊那商工会議所で創業スクールが開かれます。

こんばんは。八木です。

今日は商工会議所で打ち合わせ。10月に伊那の商議所で開催される創業スクールに、創業経験を話す立場で呼んでもらえることになりました。
人前で話すのは得意ではないですが、最近そんな機会が増えている。
c0283938_9224479.jpg

「話す」ということは、自分の経験や思いを整理するきっかけになります。そんな場を与えていただけることに感謝です。

打ち合わせの席でお聞きしたのは、伊那の事業所数の推移。

「創業率」という言葉があるそうですが、これは、「創業したい人が、実際に創業できる割合」を指すそうです。欧米では創業率が10%なのに対し、日本は5%前後。起業することは会社勤めに比べて当然リスクはありますが、日本はまだ、創業に対する心理的ハードルが高い。「失敗しても次また頑張ればいい」という雰囲気が欧米に比べて弱いため…とされています。

企業が少ない地方では、「いかに創業する若者を増やすか」ということが地域活性のカギになっています。高齢化、過疎化、農業の衰退といった地域課題には、ビジネスの芽が隠されている。それを商売に結び付けることができたら、地方は元気になっていくんですが…。

伊那商工会議所の会員事業者数は、ピーク時の約2100から現在は1800程度まで減少しているそうです。毎年20~30の事業所が廃業する一方、創業する新規加入者は10件弱。人口減少時代である程度の減少は当然ですが、このままでは会社も店もどんどん減ってしまう…

だからこそ、創業スクールに力を入れておられるわけです。
しかも、伊那商議所の創業スクール受講者の創業率は結構すごい。毎回、受講者のうち2~3割が実際に創業しているそうです!!

「こんなビジネスがしたい」「お店を開きたい」とお考えの方、このスクールがひとつのきっかけになるかもしれませんよ。マーケティングの基礎や公的融資制度の活用法など、とても役に立つカリキュラムだと思います。
c0283938_9231425.jpg


地方が存続するためには、この土地ならではの新しいビジネスが生まれてくることが重要です。少しでもビジネスにチャレンジする人が増えるように、僕も議員として、まちづくりに取り組む一民間人として、努力します。

今回お話をいただいた講師(というほどではないですが)の件も全力で!!
by yagitakuma | 2015-08-06 02:20 | 日々のよもやま | Comments(0)

寝違え、あなどれん…。なぐさめに豪華な昼食でひと息。

こんばんは。八木です。
視察から帰って、伊那まつりで忙しい週末を乗り越えて…と思ったら、ひどい寝違えになってしまいました。

今まで経験がないくらい痛い。気持ち悪い。
軽く運動すれば治るのか?バッティングセンターにでも行けばいいのか?ネットでは「安静にしろ」との情報もある。がーー痛い!!

2日目に運転もできないくらいの気持ち悪い痛さと痺れが出てきて、たまらずにインターネットで調べた整体?療術?(経験がなく、よくわからなかった)院に駆け込んだ。

施術前に、なぜか別の内科医院に行って同意書をもらってくるシステム。その内科医院で、ほんの2~3分の問診を受けて、千数百円を支払う。
その後ハリ治療を受けて、また1500円を支払う。

痛みが軽くはなったけど、次の日には戻っていた(泣)

まあそれはいいんですが、最初の内科医院で何もしてもらっていないのにお金を払ったのが、なんだか解せず。僕は自営業者で国民健康保険加入者ですが、伊那市の国保も医療費の増加でかなり運営が厳しい状態なのに、内科医院と整体院で二重に支払ったことにすごく罪悪感が…
合計で9000円近くの医療費が発生したことになる。

後で調べると、要は保険が効いて僕が3割の負担で済むように、内科医院を通したようだ。うーむ。これはよくある話なのか??勉強不足でした。

気を取り直して、しっかりメシを食べれば治るはず!と、今日は伊那合同庁舎裏の食堂「しみずや」へ。
c0283938_23463923.jpg

から揚げ定食。
小鉢テンコ盛り!自家製シソジュースも!!これで700円!!!

このお店は、ご主人のお母さん(もうすぐ90歳!!)が、畑を趣味にしておられて、採れた野菜で作った小鉢をたくさんつけてくれるんです。

以外と知られてないんだよなー。もったいない。
すごく素敵な店です。伊那らしくて。あったかいお店です。

寝違え、早く治します。どうやったら治るのかなー
by yagitakuma | 2015-08-03 23:44 | 日々のよもやま | Comments(0)

のどかな伊那の日曜日。

こんにちは。
昨日久々にぐっすり寝たので、今日はすごく調子がいい!!

朝からジョギングと筋トレで少し体を動かし、午後はパソコンをバッグに入れて駅前へ。

c0283938_15374655.jpg

途中で見かけた張り紙。あちこちの電柱に張ってある。
伊那小の教育は賛否両論ありますが、子供たちがいろんなことを考えて話し合って、作ったんでしょうね。
猫もかわいいけど、たどたどしい字もかわいい。

飼い主さん、見つかるといいね。

c0283938_1538401.jpg

アスタルプロジェクトメンバーのツッチーが営む、土~月限定の「ブックカフェ3日間」。ここでパソコンに向かうと、すごくはかどるんです。八木のセカンド事務スペース。

c0283938_153952.jpg

軽く食べる。ホットサンドが旨い。最近気づいたんですが、昼にガッツリ食べると眠くなったりと不都合なことが多いんです。素敵な本もたくさんあるし、ありがたい空間です。
やっぱり伊那は豊かな街だ。

c0283938_15395032.jpg

さーやるぞ事務仕事!!

夜は伊那谷の若者が集う「ROPEパーティー」に行ってきます!!
近年の伊那谷は、いろんな人がいろんな活動に取り組んでいます。オモシロくなってきましたよ!!
by yagitakuma | 2015-06-14 15:41 | 日々のよもやま | Comments(2)

何か月ぶりだろう…久々の静かな夜です。

ここ数日、我ながらよく頑張った。

昨日、一般質問を終えました。

質問順序1番目の方の遅刻によって、僕が突然トップバッターになるというアクシデントもありましたが、市長答弁など内容についてはある程度満足できるものでした。70点くらいかな。
皆さんにもぜひ考えてほしいテーマなので、詳しいやり取りの内容はテープ起こしが終わり次第ご報告します。

今日は早起きをして、机をカオス状態にしていた書類の山を半日かけて断捨離。雑用もモリモリ終わらせて、すっきり!!

今日は土曜日ですが、店は思いきって休業しました。
料理担当スタッフ(3月から働いてくれてます)が、今日~明日と母親の還暦祝いの家族旅行なんです。人生最後の家族旅行になるかもしれないし、週末に休むのは飲食業界では非常識だとは思いますが、「行って来い!」と。
顔で笑って心で泣いて……(笑)

お客さま。申し訳ありません(..)

でも、家族仲良しでうらやましい。
八木家の一家揃っての家族旅行は、最後は僕が小学校3年のときだったかな。そうだ、上の姉ちゃんが高校受験の年で、そこから行かなくなったのか。親が元気なうちに企画してみようかな。時間がないなー。でも時間は作るものか。このままでは後悔しそうな気もする。


そんなこんなで、久々の静かな夜です。
家の向かいの神社から、雅楽の練習の音が聞こえてきます。ミヤビだなー。夏祭りに向けた準備かな?

これからアスタルやシードルプロジェクトの事務局仕事をやっつけて、今日は早めに寝ようと思います。睡眠不足続きで乱れまくった生活リズムを取り戻そう。

皆様も、よい週末をお過ごしください。
by yagitakuma | 2015-06-13 19:57 | 日々のよもやま | Comments(0)

後藤健二さん

後藤健二さんの悲報。

生きてほしかった。

最後まで消えなかった毅然とした目の光が忘れられません。

言葉が見つからない。
by yagitakuma | 2015-02-02 01:29 | 日々のよもやま | Comments(0)

盗まれた自転車が出てきました!驚きと疑問と…

突然の再会にびっくり仰天!!

昨年5月、直前の市議選の街頭活動でも使った愛用の自転車が盗まれてしまいました。自然豊かな伊那で自転車を楽しむために移住直前に買ったお気に入りで、フェイスブックでご報告したところ、たくさんの方がシェアしてくださいました。

それから8カ月。「どこかに売り飛ばされたんだろうな…」とすっかりあきらめていました。「どこか遠くで誰かが使ってくれているのなら」と、自分を慰めていました。別れた彼女の幸せを未練タラタラで願うように(笑)

最近、空き店舗や空き家の調査を兼ねて、「伊那の街が元気になるために、外から人を呼び込んで地域全体が潤うために、どんな店や施設が必要なんだろう」と考えながら歩くことがよくあります。
銭湯。登山道具店。観光窓口。親子カフェ。伊那が登山基地となるために、住んで楽しい街にするために、欲しい店や施設はたくさんあります。使える空き物件はないものか。そんなことを考えながら地域を歩いているんです。

昨日、今まで存在に気付いていなかった空きビルを発見。国道沿いで、「ここは何かに使えるかも!!」と地下の駐車場をのぞいてみたら……

c0283938_12392838.jpg

おーーー!!!マイチャリ!!!!
しかも誰か住んでるやないかい!!!!コノヤロー!!!!!
薄暗い駐車場の隅っこに、布団とわずかな家財道具が。酒の空瓶も。
どうやら野宿生活のオジサン(まさか女性じゃないよね)が暮らしてるらしい。
灰色の雰囲気の中に、輝く派手な僕の自転車(笑)

しばらく茫然と眺めていると、怒りが消えました。
いやー迷いました。盗難届を出していたので、警察に連絡しないといけない。でも、通報すればここの住人は逮捕されてしまう。いろんな事情があってこんな生活をしてるんだろうし、逮捕までは……

迷いに迷ったけど、盗難届をそのままにするわけにはいかない。
意を決して伊那署に電話しました。

「自転車が出てきまして」
「ご自分で発見されたんですか!?」

いきさつを説明して、「罰してほしいわけじゃないんですが、どうしたもんでしょうか」と口にすると、「車体番号が一致しているので、盗難届は解除しておきます。持って帰ってもらって結構です。ビルの所有者には一応注意喚起しておきます」と、あっけない幕切れ。

自分のものなのに、人の家から勝手に持って帰るような後ろめたさを感じながら、空気が抜けてクモの巣だらけになった愛車を押して帰りました。
オジサンが逮捕されなかったことにはホッとしたけど、警察の対応としてはどうなのかな。

前職の記者時代は警察担当が長かったのですが、たとえば犯罪が多い大阪では、大阪府警は事件の端緒をキャッチすることにもっと貪欲でした。たとえば、この自転車泥棒のオジサンが、「別の犯罪にかかわっていたかもしれない」という発想です。その性悪説の考え方が正しいかどうかは別として、職務質問するだけのまっとうな理由がある場面なら、まずは色々聞いてみることが犯罪捜査のイロハのイでした。
それに比べて今回の対応は、ずいぶんゆるい気がする。長野県が平和だからなのか。平和なのはいいことですが、これでは若い刑事が育たないような気もする。

と、この極寒の伊那に野宿生活者がいるという驚きも含めて、いろいろと考えさせられた出来事でした。

自転車の行方を気にかけてくださったみなさん、ありがとうございました(..)

今後オジサンに会ったら、なぜそんな暮らしをしているのか聞いてみようと思います。
そして、二度と盗まれないように、デカい鍵をつけるようにします。
c0283938_1242049.jpg

by yagitakuma | 2015-01-15 12:48 | 日々のよもやま | Comments(1)

★元社会部記者として★ マクドの異物騒動と地元の喫茶店の話

今日は近所の喫茶店で、事務作業をしています。自宅も店の事務所も極寒で、はかどらないので逃げてきました。ウォームシェア!!
c0283938_16533058.jpg

伊那市中心部・坂下区にある老舗の喫茶店で、土曜日の昼下がり、区のお歴々が集っておられました。オッサン天国(^^)
昼間っから酒を飲んでる人。額を突き合わせて区の運営の話をしている役員。にぎやかです。オシャレ感はゼロ!!大好きな店です。

僕はほとんどテレビを見ない人間ですが、食品の異物混入騒動がバンバン流れてますね。
元社会部の記者として、ひと言申し上げたい。この渋い喫茶店のファンとしての立場から。

テレビは、重大な問題だからという理由で頻繁に取り上げているわけではありません。

・虫やら異物の写真があってセンセーショナルに取り上げることができるから。
・官公庁や企業の動きが止まり、ニュースが少なくなる年末年始の「ネタ枯れ」の時期だから。
特に後者の「ネタ枯れの時期だから」という理由が大きいと思う。事件などの大きな話が出てきたら、一瞬にして消え去る程度の話。

だからこそ、冷静になるべきです。企業を袋叩きにして、膨大な量の自主回収に追い込むのは、どう考えてもやりすぎです。もったいない。

人間が作るものに、完璧なものはありえない。そもそも、ペヤングにしてもマクドナルドにしても、使う理由は「お金をかけたくない」「自分で作るのがメンドクサイ」ってのが大きいのではないでしょうか。そんな理由で使ってるのに、声高にギャーギャー文句を言うのは品がないってもんです。

こんな騒動があると、顔が見える店の大切さをひしひしと感じる。
僕はどうせお金を使うなら、一人ひとりのお客さんと顔の見える商売をしておられるお店を選ぶ。
そりゃマクドに比べたら少しは高いけど、その差額を惜しんで虫だ異物だとギャーギャー文句を言うくらいなら、家でマヨネーズをかけた白飯で済ませます。

伊那市坂下の「珈琲館プリンス」。一日中定食が食べられる。ゆるーい雰囲気。オススメです。
by yagitakuma | 2015-01-10 16:55 | 日々のよもやま | Comments(0)

晩秋のハート。

中央アルプス駒ヶ岳(2956m)のふもと。
伊那市ますみヶ丘にたたずむ小さな林。
晩秋のこの時期、梢が暖かい色に染まって…

c0283938_2381423.jpg

ハート型に見えませんか?

場所は伊那が誇るカオス的巨大産直市場「グリーンファーム」の北隣。
一帯からは、徐々に銀嶺に移りゆく南アルプスの山並みが一望できます。

冬が早足で近づいています。

空が澄みわたり、伊那谷は「はっ」とするほど星が美しい季節です。
by yagitakuma | 2014-11-07 02:38 | 日々のよもやま | Comments(0)

久々の静かな夜。

何か月ぶりだろう…。静かな夜を過ごしてます。

今夜は仲間との定例飲み会をゴメンナサイして、部屋の片づけを。

選挙の資料、まちづくりの資料でカオスになりつつあった上に、議会や市の行事関係の書類が加わって限界に…。ようやく落ち着いて頭を使える環境になりました。

とても濃密な一週間でした。選挙を支えてくださった方々との反省会、会派の会合、新人議員の懇親会、市の財政レク、南アルプス国立公園指定50周年記念式典etc…
それぞれが勉強になり、問題点も見えてくる。

毎日お伝えしたいことが山ほどありますが、夜は飲み屋のオヤジ。なかなか日々の議員活動のご報告ができずごめんなさい。

時間のやりくり上手になれるよう頑張ります。

今日の午後は「力を貸してほしい」と言ってきてくださった若手シェフの方々を交えて、小さな意見交換会を開きました。いまこの地域に何が求められているのか、形として見えてきた気がします。

遠くで暴走族の爆音が聞こえる!まだいるんですねー。

もうすぐ6月議会が始まります。初めての一般質問に向けた準備も進めています。
みなさんも「なんとかしてくれよ」という問題や、「こんなことができたらいいね」というアイデアを、どんどん教えてください。こちらからも聞きに行きます。

伊那の外で「あいつ、元気かなー」と案じてくださっている方々。少しだけ心の余裕が出てきました。
まだ伊那谷の外に出かける時間は作れないけど、会いたい人がたくさんいる。
いつか必ず。

それではおやすみなさい。
by yagitakuma | 2014-05-25 22:46 | 日々のよもやま | Comments(0)

馬鹿野郎たち

岐阜のお風呂見学の前日の夜。
僕が留守にしていたときに店に来てくれた友人2人と、一緒に店をやっている彼女との会話。

(彼女)八木君、明日岐阜のお風呂に行くって言ってたよ

(友人A)それって金津園じゃねーの!?

(友人B)なんで俺たちを誘わねーんだ!!

(彼女)カナヅエン??

(友人A)ソープ街だよ!岐阜駅前の

(彼女)えーー!でも石鹸持ってくって言ってたよ!

(友人B)ソープの石鹸は香りがキツくてバレるからだ

(友人A)一緒についていこーぜ!



……ホントに失礼な馬鹿野郎たちだ。。
by yagitakuma | 2014-02-07 01:59 | 日々のよもやま | Comments(0)