アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:伊那まち はしば( 47 )

根性で床を張る

間仕切りと天井をぶち抜き、壁塗りエトセトラetc…の作業が続いた旧橋場歯科2階の改装作業。
作業が進むにつれて構想も徐々に固まり、1階を昼はカフェ、夜はバーの2部制にして、2階はテーブル席として使いながら、展示会やミニライブ、ナントカ教室など、なんでも使えるスペースにできるようにすることにしました。

でも4月半ばから作業が一時ストップしていました。自分たちではどうしても困難なことがあって…

地盤が弱かったのか診察機材が重かったのか、建物が全体的に傾いている。床を張る際に傾きを修正することにしましたが、その基礎となる根太を水平に組むのはプロじゃないと…。
伊那に居ついた農学部生たちのアニキ的存在の先輩に紹介してもらった待望の大工さんが、ゴールデンウィークに入ってくれました。
c0283938_115511.jpg

「トータルメイキング彩」の水野淳志さん。見た目は超怖いけど(すみません)、面倒見がよく良心的かつ丁寧な頼りになる存在で、伊那で店や家を作る農学部の先輩後輩がお世話になっている。
レーザーで傾きを測りながら、サクサクっと半日で根太組みを終わらせてくれました。

あとは木を張っていくだけ!床の張り方を水野さんに教わり、ここから作業は一気に進みました。
張ったのはツーバイシックスの木材。
本当は地元の間伐材を使いたかったんですが、間に合わず断念。森林科卒業生として少しでも間伐材の活用に貢献したいと思っているだけに、なんとか1階で使いたいなぁ。

c0283938_1214175.jpg

端から1列ずつビスで固定しながら、足りなくなったら窓から搬入。
木材の継ぎ目をどこに持ってくるか、ビスの場所をどこにするのか…こだわり始めると、納得できる仕上がりにするには1人で作業するしかない…ブツブツと言いながら黙々と進める。でも少しずつ形になっていくのが楽しい!
c0283938_1291698.jpg

丸3日ほどで完了!
c0283938_1322070.jpg

柱などのデコボコした部分は、ノコギリやノミで切り欠いて合わせる。最初はこの面倒くさそうな作業が憂鬱だったんですが、ピタッとはまるとこれも楽しい!
やればできるもんだ。
c0283938_1455354.jpg

床を張ると扉が開かなくなる物入れの前は、少し遊んでみました。
c0283938_1323679.jpg

インパクトドライバー、電ノコ、サンダーなどなど…
工具はほとんどが仲間からの借り物。買えばどれも数万円が飛んでいくだけに、ありがたい限りです。

5月も半ばにさしかかると、2階の作業も終わりが見えてきました。
by yagitakuma | 2013-05-28 18:00 | 伊那まち はしば | Comments(0)

みんなで壁塗り

20日間近く更新を滞らせてしまった…記者時代も同じでしたが、締め切りがないと動かないタイプなんですっ。駄目人間ですね。子供時代も夏休み最終日に追い込まれるタイプだったなぁ。

なんやかんやと忙しいですが、旧橋場歯科の改装作業は着々と進んでます。
ゴールデンウィークまでには2階を完成させる予定でしたが、延び延びです…
あれこれ構想を考えながらの作業。サボってるわけじゃなくても、1日中何も進まないこともある。

4月以降、みんなで壁の漆喰塗りをしました。これは楽しかった!!
愛想のない化粧合板やはがれかけた土壁がきれいになりました。

c0283938_23405354.jpg

痛んでしまった漆喰を落とし、モルタル壁をはがして…

c0283938_2342445.jpg

ベニヤ板をはりつけて。
インパクトドライバーでバンバンビス止めしていく。
みんなでやればあっという間でした。

c0283938_23441735.jpg

1日終えたらおきまりの乾杯。
すでに酔ってるヤツがいる(笑)

c0283938_23473810.jpg

漆喰はすでに適度な固さに練ってあるやつをホームセンターで買ってきました。すごく滑らかで、だから女子も子供も楽しく塗ることができました。

c0283938_23482233.jpg

みんなで…

c0283938_23485180.jpg

後ろ姿が僕です。
性格が表れて、やった人によって壁の表情はバラバラに…(笑)
ま、それも味ってことで!!

c0283938_23502913.jpg

だんだんできていくのは楽しいもんです。

いろんな人が出入りしてくれるから、お隣の居酒屋のママさんが「建物には『気』があるのよ。ウチの建物は店をやる前はおばあちゃんが一人で住んでたから、お店を始めても最初はひっそりしてた。今からこれだけにぎやかだったら、きっといい場所になるよ」と嬉しい言葉をかけてくれました。

壁塗りまでは楽しかったんですが、床を張ったり細かな作業が始まるとイライラと苦悩の日々が……
by yagitakuma | 2013-05-21 23:59 | 伊那まち はしば | Comments(2)

神さまがいた

旧橋場歯科改装2日目。今日もひたすらガテン系で!

残った壁の柱を外し、メーンは天井を落とすこと。
三角屋根なのでかっこいい骨組みが中にあると期待して…
c0283938_22184486.jpg

待合室のイマイチな天井板をはずし…


c0283938_2225321.jpg

「これ、いらなくね?」(破壊大好きマツオカ)
「これはヤバイよ…大工さんに見てもらおう」(ビビる八木)

このメンバーの中では慎重な部類に入る自分。
屋根全体がドドドド…と崩落する漫画のような場面が脳裏に…


でも慎重さばかりだと進まないのだ!
太い柱もエイヤッと切ってしまう。

c0283938_22261392.jpg

最高齢のおとーちゃんも加わり、しっくいの間仕切りをぶっ叩く!
勢いだけが取り柄のメンツの中で、黙々と照明などの電気関係をやってくれる唐木。

c0283938_22334986.jpg


あとは勢い!

c0283938_22345798.jpg


もう何も見えない…
みんな顔は真っ黒。
耳の穴まで真っ黒。

釘が靴の裏を貫通して悶絶する場面もあったけど

奮闘8時間。


c0283938_22365891.jpg


「いいよ…これ…」

ほかに言葉が出ませんでした。

1日半でここまで来れた。
みんなにひたすら感謝。


今日一番うれしかったのは、屋根の頂点の真下の梁に、神様がいたことでした。
きっと建物の骨組みが完成した際の上棟式で飾られたものなのでしょう。

施主は「橋場兼太郎」さんと書いてある。
どんな人だったのか今の橋場さんたちに聞きに行こう。

「紀元二千五百九十八年」と記してありました。昭和14年だったんですね。
ウチの親父と同い年だ。

僕らは70年以上たまりにたまった天井裏のホコリをたっぷり吸い込んだってことか。


ところが天井高く鎮座する神様を見つけたマツオカ。
平然と「バール取って」と言ってはずそうとする。


「何か書いてあるぞ!」

「おいおいおい待て待て!!」

「何?いるのコレ?」

なんとか阻止しました(笑)


いつまでも見守ってくれますように…

c0283938_2253658.jpg


体力の限界だ。おやすみなさい
by yagitakuma | 2013-03-24 23:05 | 伊那まち はしば | Comments(0)

始球式

今日、僕の拠点となる旧橋場歯科の改装作業を開始しました。
1階をカフェバーに、2階をイベントスペースにする構想で、現在1階に無理やり住んでいる(風呂もないのに…)ため2階から工事開始です。どうなることやら…
c0283938_22295369.jpg

「始球式」は破壊大好き男、マツオカ(二日酔い)。
ハンマーやバール、電ノコなどの道具も友人たちが貸してくれました。

2日前に大工さんに建物を見てもらい、「しっかりした造りだ」と言ってもらったのでひと安心です。なにぶん昭和ヒトケタの建築なので。
c0283938_22335792.jpg

まずは診療スペースと待合室、レントゲン室などがあった2階の壁をぶち抜きます。
c0283938_22352462.jpg

ぶっ壊すのは、楽しい!
ベニヤや石膏ボードの壁をハンマーでぶっ叩き、足で蹴り飛ばしてどんどんぶち抜いていく。
ホコリまみれになりながら。
骨組みは、抜いてよい柱かどうかを考えながら慎重に…
c0283938_22373063.jpg

4時間ほどでこんな状態に。広くなった!

あー最初の状態を同じアングルで撮っておけばよかった…

1階の部屋でみんなで朝までどんちゃん騒ぎし、二日酔い&極度の睡眠不足のふらふら状態でやり始めたのがあかんかった…
初歩的ミス。
ま、気を取り直して明日も頑張ろう。手伝ってくれる人が多い土日はかき入れ時だ。

ちなみにこの日の朝は…




c0283938_22423339.jpg



…。


……。


…………。



c0283938_2243597.jpg

2階で少し寝たら…クソッ。


しかも人のカメラで撮るなよ!!


これを書くためにデータを見てびっくりしたやないか!!!


もう十年以上、「寝たヤツは落書き」の応酬が続いている。
2日前にやられたので仕返しをしたら、数時間後に自分もやられた。
「寝てしまったら、起きたらまずは鏡」の習慣は必須。みんな落書きを告げずに平気で「メシ行こうぜ」などと言ってくる。性格のいいやつがニヤニヤしてるからそのまま人前に出てしまったやつはいませんが。でも今日は落とすのがめんどくさくてそのままラーメン屋に行ってしまった。こんな程度は序の口なので。

ちなみに過去最悪のは…













c0283938_2251937.jpg


5~6年前。
左が沈没した僕。

もはやここまでいったら芸術やな


この2~3日、めちゃめちゃ楽しかったので、これからは死にものぐるいで。

ではまた。
c0283938_2256859.jpg

by yagitakuma | 2013-03-23 23:08 | 伊那まち はしば | Comments(2)

ため息

旧橋場歯科建物内の片付けで、どうして良いかわからなかったもの。
それは大量の古く立派な絵画でした。

玄関を入って正面の壁に30号(90センチ四方ほどもある巨大さ)の風景画、その他小さな物を含めると10点ほどありました。どれも重厚な彫刻の額に入っている。

それらをどうするのか、ほかのことに手一杯でまだ考える余裕もなかった僕に、興味津々でのぞきに来た近所のおじさんが物知り顔で「こりゃぁ立派な絵だなぁ。額だけでも相当な価値があるぞ」。

そうなの!?

そして悪友①が「こういうのはとりあえずヤフオクに出すんだよ!絶対売れるから!」
翌日来た悪友②も「このデカイのは絶対200万円はする!画廊の人に見てもらおう。これだけで改装費がまかなえるぞ!」…

もうノリノリです。僕も年末ジャンボを買った直後のような気持ちになってきた。なにせ由緒ある建物に眠っていた絵画。ひょっとしたら、いや、ひょっとするはず!これは名画に違いない!
それからしばらく、玄関正面の巨大風景画は僕らの間で「200万円」という題名になっていました 笑。

2日後、悪友②の紹介で画廊の方が来てくれました。
高まる期待。

画廊の方「ふむふむ、ううーん…」
高まる期待。
c0283938_18511421.jpg

かかった時間は10分ほど。
「絵心はあると思いますが…きっと素人さんですねぇ」。
……。…………。

なんでも鑑定団でいうならば「評価額は…ドン!0円!!」でした。
画廊の方の申し訳なさそうな表情。

僕は無欲であることを自分に課して生きようと思っているんですが、みんながみんな目を輝かせるから…
もうヤツらの言うことは信じない。

でも、画廊の方からいろんなお話が聞けました。伊那とその周辺に住んでいる意外な文化人の話。伊那・高遠藩の名君で徳川家光の異母兄弟でもある保科正之が山形転封の際、価値のある物を持って行ってしまったために伊那に残る文化財は少ないということ。などなど。とても勉強になりました。はら美術さん、ありがとうございました(..)

でも…
もうヤツらの言うことは信じない。
by yagitakuma | 2013-03-14 19:02 | 伊那まち はしば | Comments(0)

片付け大作戦

伊那に来てまず始めたことは
c0283938_11591220.jpg

膨大な量の不要品の片付け。
「処分は自分たちでやりますから」との条件で購入金額を安くしてもらいました。
とはいえ約80年も使われていた建物で、しかも貴重なものもあるかもしれない。
手当たり次第にどんどん捨てるわけにもいかず、人海戦術での作業となりました。
c0283938_1223675.jpg

まずは、自分が住む場所となる休憩室だったとおぼしき1階和室から…
c0283938_1242558.jpg

ツナギにマスク姿で、選別しながらどんどん運び出す。
仲間とともに1、2階で2日がかり。
問題は持ち主も「何があるかわからない」と言っておられた地下室でした。
建物の脇の細く暗い階段の先。
ギギ―ときしむ傾いた扉を開けると…

ホコリとクモの巣に覆われたカオス。
怖い。とてもじゃないが入れない。
c0283938_1274966.jpg


そこに強力な助っ人が!
学生時代に通っていた居酒屋のお父ちゃんが大活躍してくれました。

野人のようだ。
ネコの巣もネズミの巣もクモもへっちゃら。
ほこりだらけになりながらここもどんどん運び出す。

業者に処分を頼んだ場合、全体で30万円の見積もりだったそうです。
そんなお金はねぇよ!

仲間の1人が廃棄物処理会社で働いていて、大助かりでした。
その助言に従い、きちんと分別してその会社に軽トラックで持ち込む。
何でもかんでも混ぜて持ち込むととても高くなるんです。

段ボールや紙は無料で引き取ってくれる。
木製品だけを持ってくとキロ27円と処分料が安い。
ロッカーやパイプ椅子などの鉄製品は、キロ20円で買い取ってくれる!
電化製品も、テレビなど家電リサイクル法にひっかかるもの以外は無料。
使えそうな家電はリサイクルショップへ。
本も古本屋へ…
c0283938_12193986.jpg

ちなみにこの軽トラ1台分の鉄類で、4200円の収入になった(笑)

丸3日間頑張った結果、見積もり30万円が…
実際にかかったのは約3万円!!
もっとも、手伝ってくれた仲間への日当は昼メシ代だけですが。。

みんなありがとー
(株)キタニさん、とてもとてもお世話になりました(..)
by yagitakuma | 2013-03-10 11:55 | 伊那まち はしば | Comments(0)

たまり場づくり①

移住に向けて賃貸物件を探し始めた昨年末、運命的な出会いがありました。
次の持ち主を探していたのが…
c0283938_11322470.jpg

旧橋場歯科。
昭和ヒトケタの建築で、2年前に医院の移転で使われなくなったそうです。
c0283938_11452498.jpg


レトロな外観、趣ある柱や天井。僕はこれまで、このような古い建物が街作りの拠点施設として生まれ変わった例をたくさん見てきました。
c0283938_11455816.jpg


伊那市のど真ん中で繁華街の端っこの立地。前は川、窓からはアルプス。
この建物ならギャラリー、カフェバー、イベントスペース…なんでも使える。しかも伊那にはそのような施設がまだあまりないんです。

でも不動産を買うということはまったく想定していませんでした。金銭的にも苦しくなる。本来の目標との両立が可能なのか…。
悩みに悩みましたが、結局購入させてもらうことを決めました。
探していたのは住むための賃貸物件のはず?んなもんは屋根と壁さえあればなんとかなる!住みながら改装すればいい!
というノリで。風呂も炊事場もありませんが…。

持ち主さんが「建物を大切に使ってくれる人に譲りたい」という意向をお持ちだったこと。仲介してくれた業者さんがとても親切だったこと。いろんなことが重なっての決断でした。

ここを仲間とともに改装し、若い人や街を思う人たちが集えるような空間にしていきたいと思います。
c0283938_11472951.jpg

このシブイ文字はずっとこのままにしておこう。
c0283938_11483447.jpg

by yagitakuma | 2013-03-09 11:29 | 伊那まち はしば | Comments(1)