アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

コツコツ、地道に続けてました。

長らく更新が滞ってました(..)
信州・伊那谷も暑くなってきました。
気付けば夏真っ盛りです。

旧橋場歯科→カフェへの再生セルフビルド。地道に作業を続けてました。
5月下旬に2階の内装がほぼ完成し、住みかを2階に移して今度は1階の工事に着手しました。
厨房や客席のレイアウトについて、悩みに悩んで作業が止まってしまう期間もありましたが、ここ2週間ほどは騒音作業は日中に、壁塗りなど音の出ない作業は深夜に…と気合いの集中工事で一気に進みました。

この間もさまざまな方との出会いに恵まれました。アドバイスをくれる方、資材を提供してくれる方、そして応援してくれる方々。そんな方々の後押しをいただいて、ようやく完成までの道筋が見えてきました。いろんなアイデアを吸収させてもらい、古さを生かした素敵な空間にできそうだ。感謝感謝です。

9月にはオープンさせます!さっそく「ライブ会場として使わせてほしい」とのありがたいお申し出もいただきました。頑張ろう。

今日はたまっていた作業の記録を。たまりすぎて、面白味のない写真の羅列になってしまいますが…。
古い建物の再生にご興味があれば目を通してみてください!

まずは厨房になる旧台所から。

c0283938_11411786.jpg

元はこんな感じでした。
台所を更衣室だった別の小部屋に配管ごと移して工事開始。
c0283938_11431092.jpg

安物くさい天井を落とし、化粧合板の壁をはがし、使われてなかった勝手口を板で埋め、崩れかけていた漆喰の壁の表面を落とし、水回りやコンロ周辺になる部分に石膏ボードをはりました。
c0283938_11472845.jpg

床は大きく傾き、歩くとペコペコと音がする最悪の状態でした。
床板を一部はがし、床下のゆるんだ根太にビスを打ちまくり、地面と根太を固定する「鋼製束(こうせいづか)」を入れて強度アップ。その上に傾きを修正する根太を新たに組みました。同様に傾いていた2階の根太を大工さんが組んでくれた際にじっくりと見学していたので、水平器で測りながら自力でやってみました。やればできるもんだ。

あとは壁を石膏パテで固め(一番安い壁材かもしれない。全面塗っても2000円ほどで済んだ)、天井の古くなったペンキをこそげ落とし、床材を張って…etc,etc

c0283938_11542652.jpg

ペンキとオイルステンを塗ってこんな感じに!
大満足です!!

続いてカウンターを作る予定の和室だった空間。
まずはビフォー。

c0283938_11562321.jpg

こちらもリフォームで追加したらしき安っぽい天井、化粧合板の壁、畳を取り除くと、こんな状態に。

c0283938_11574770.jpg

天井がシブくてほっとひと安心。

c0283938_11584646.jpg

ここはかつて住み込みの従業員の方が家族が暮らしていたそうで、姿を現した壁には子供さんの落書きがあちこちに。柱には子供たちの身長の記録も刻んでありました。泣けるなぁ。

c0283938_1205571.jpg

かつてのリフォーム時に紙を貼った壁をコツコツとはがし…

c0283938_1224849.jpg

床を新たに張るための根太を組む。
カウンターの内側からお客さんを見下ろす形にならないよう、客席側を思い切って15センチほどかさ上げすることにしました。

c0283938_1242118.jpg

冬のために根太の間に防寒材を。継ぎ目には気密テープを貼り、しっかりと。寒いのだけは我慢できないですもんねー。

c0283938_1261980.jpg

2段目の根太。

c0283938_1265736.jpg

カウンターの内側部分には、プロが使う「さね」付きの床材を。タダでいただいたモノです!床材同士を組み合わせて表から釘が見えないようにするための凹凸が切ってあるやつです。これは便利だ。

c0283938_1285335.jpg

どんどんとメーンの床を張って、ドイツ製の最高級塗料「オスモカラー」(すすめられるままに高いヤツを買ってしまった笑。2階の床の残りものです)で塗装して…

c0283938_12105674.jpg

そして昨日、カウンターの土台が組みあがりました!
いやー我ながら頑張った。
ここ2週間は昼夜問わずの集中突貫工事を続けていたので、体がガタガタだ。
体重もこの1か月で3キロも減ってしまった…大工ダイエット。

疲れがたまってるのか、効率も悪くなってきた。やっぱり歳かなぁ。
カウンターの材料が届くまで、大工仕事はお休みします。

床材は念願の間伐材を使うことができました。
「輸入木のツーバイ材でいくしかないか」とあきらめていたんですが、いろんな縁に恵まれて。
この間伐材を使うことになった経緯からも、伊那の可能性を感じる。
また詳しくお伝えさせてください!

長々と読んでいただいてありがとうございました(..)
猛暑の日々、どうぞご自愛ください。
by yagitakuma | 2013-07-12 12:26 | 伊那まち はしば | Comments(2)