アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

議会は「創造」ができるのか??議論が低調な地域創生特別委員会

今日は、午前中はメール、連絡、メールメール…。午後は打ち合わせ、打ち合わせ、打ち合わせ…。合間に9月議会の資料を読み込み、頭がパンパンになっております。脳ミソの容量アップができないものか。

昨日は、議会の特別委員会「地域創生対策特別委員会」がありました。議長が設置し、「地域創生につながる施策を議会から」との目的ですが…。

「どう進めていくか」ということから始まった、イチからの議論。しかし議論にもならない沈黙の時間が多いです。市が出してくる予算案や条例案を審議することはできても、ゼロから政策を創り上げる機会が少なかった地方議会にとって、難しいことなのかもしれません。

前々回の会議で、「とりあえず各議員が活動の中で感じている『今の伊那市にはこれが必要だ!!』という項目を持ち寄りましょう」と提案し、各議員で出し合いました。
「観光振興」「人口増推進」といったきわめて具体性に欠けるものしか出さなかった議員もいましたが、今後各議員が出した案をたたき台に、議論が進みます。

議場以外で地域づくりに取り組んでいると、伊那市に足りないものがたくさん見えてきます。とはいえ、この特別委員会は平成30年度予算に反映させることを目標としているので、具体的な施策でないと実現は困難と考え、僕からの提案は「若い世代の声を吸い上げる仕組みづくり」と、「民間のビジネスを育てる」という2点に絞りました。

いま地方に必要なのは、若い世代を支えることと、民間が仕事を生み出すことに尽きると考えています。そのための仕組みづくりをこの特別委員会で実現できるよう、議論をリードしていきたいと思います。

僕がこの特別委員会で提出した案を抜粋して、こちらに。
みなさんからの提案もお待ちしております!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地域創生対策特別委員会活動テーマ 八木

●若い世代の意見・要望を吸い上げる仕組みづくり
地区や民生委員、各種団体から継続的に要望できる高齢者世代に比べて、若い世代は市政に声を伝える術が少ない。若い世代の要望を聞く場を設け、各種若者団体との意見交換を予算編成に生かすことを、議会全体で取り組むべき。

●民間のビジネスを育てる仕組みづくり
地域を元気にするのは、ビジネスしかない。地域の特性を生かし、地域課題を解決する「半公益のビジネス」をいかに育てるかが重要。「起業・第二起業」の市民参加コンペを実施し、上位の案については初期費用を自由度の高い補助制度で援助する。

●民間の取り組みを育てる仕組みづくり
地域を元気にするのは、民間で社会問題を解決する自発的なプロジェクト。しかし本業を持ちながらのプロジェクトは負担が大きい。事務局要員さえいれば大きく前進する可能性があり、「地域を元気にするプロジェクト」の市民参加コンペを実施し、上位の案については事務局要員として市職員を派遣するか、地域おこし協力隊を活用する。職員のトレーニングにもなる。

●社会課題を解決するビジネスを育てる仕組みづくり
社会課題は、ビジネスとなりうる。例えば「放置人工林」と「観光」を組み合わせた「間伐ツアー」など。ビジネスとなりうるが、すぐに自立するほどの収益を上げにくい。これらのビジネスを民間に委託し、自立するまでの最初の数年については行政が支援する。

●これらの施策のための財源・人員を確保するために、事業評価特別委員会と連携する
by yagitakuma | 2016-08-31 23:44 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

伊那市議会、タブレット導入でようやくIT化の時代へ。

主な連絡手段が電話とFAXだった伊那市議会に、iPadが導入されました。
クラウド活用で膨大な書類を減らし、経費を削減するのが目的。加えて、議員同士や事務局とのやり取りを活発に行い、議論の活性化を進めるのも狙いです。

c0283938_23353816.jpg

先週末に行われた、タブレットの使い方研修。超初歩的な内容で、パソコンやスマホに初めて触れた過去の自分を思い出しました。高齢の議員は大変でしょうが、研修に先立つ議長のあいさつがすべてを表している気がしました。

「未知との遭遇かもしれないけど、こういう時代なんだと理解して進んでいきましょう」

正直なところ、誰もがITを活用する時代に、予算を投じてタブレットを導入することに抵抗もありました。「それは自費で取り組むべきものでは…」と。
でも、若い議員が少ない地方議会ではこのようなきっかけがないとなかなかIT化は進まないでしょうし、連絡がスムーズになることや、議場以外での議論が活発になることで、結果的には市民益になるはず。

民間企業や地域活性に取り組む団体は、我々のアスタルを含め、みんなSNSやメール、クラウドを活用して効率的に意思疎通や議論を行っています。議会でも、それができるようにしたいものです。さまざまな問題に、スピード感を持って対応できるように。

今までは、メールでの連絡ですらひと苦労でした。
でも、今週から議会内LINEも始まり、少しずつ進んでいます。

誤送信や変なスタンプが来たり、クスっと笑えることも多々ありますが、自分もかつては四苦八苦した身。「慣れたらすごく便利ですよ」ということを伝えて、よい形になるよう努力します。
by yagitakuma | 2016-08-30 23:34 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

YAMA.FES。会場で出会えたたくさんの笑顔。アスタルの理念とともに

こんばんは。「YAMA.FES」の残務がようやく終わりました。あらためて、ご協力・ご来場いただいた皆様に、感謝申し上げます。
ひと段落のタイミングで、アスタルって何??ということを少し。

始動は2014年。まだ「地方創生」が叫ばれる前で、伊那谷がいかに魅力的な土地であるかについて、地域で共有されていなかった面がありました。そこで、山岳関係者、飲食店主、デザイナーなどの若手有志が集まり、プロジェクトがスタートしました。

当時の経緯はこちら→「あすたるプロジェクト始動!!」http://yagitakuma.exblog.jp/22507683/

その年の8月末の第1回フェスをキックオフとして、山とアウトドアの魅力を伝えるワークショップや、シードル・ガレット・地酒などアルプスがはぐくむ食文化の開拓・発信など、さまざまな取り組みを続けています。

その目的は、
・山と街をつなぐことによって、地域に経済効果をもたらす
・恵まれた環境の伊那谷の食文化を磨き、地域の魅力と訪れる人の満足度を向上させる
・伊那谷の魅力を共有、発信することで、住む人の地域の誇りにつなげ、人を呼び込む

などなど。
最近は、山と街をつなげ、地域に人を呼び込む「核」を作るために、中心市街地の活性化にも力を入れています。

フェスは当初、「伊那谷の魅力の共有・発信」が主目的でした。
3回目となる今回、感じたこと。
それは伊那谷の魅力について、「もう、みんなじゅうぶん感じてるよね」ということです。会場にいる方々みんなが、「伊那谷、いいね!!」を体現しておられたと思います。

アスタルの取り組みは発展しながら続きますが、フェスは「伊那谷の魅力の共有・発信」から次の段階へ。「山とアウトドア」というコンテンツで、地域に人を呼び込み、お金が落ちる仕組みづくりを検討します。今後実行委員会でプランを練り、山岳・アウトドアを事業として取り組む皆さんと、協議していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

泣きたくなるくらい大変な時もあるけど、やりがいのある活動です。メンバーそれぞれが仕事の合間の時間を割き、お金と労力を出し合って取り組んでいます。この地域でお金が回る仕組みづくりや人を呼び込むことで、地域全体が豊かになることで自分たちにも利益が返ってくることでしょう。

それでは今回のフェスの様子を、写真で。すべてを撮りきれませんでしたが…
雨には参ったけど、たくさんの笑顔に出会えた一日でした。
c0283938_2238151.jpg

c0283938_2238223.jpg
c0283938_22383488.jpg

c0283938_22393572.jpg
c0283938_22394856.jpg
c0283938_2240233.jpg
c0283938_22401298.jpg
c0283938_22402648.jpg
c0283938_22404251.jpg
c0283938_22405866.jpg
c0283938_22411587.jpg
c0283938_22413085.jpg
c0283938_22414491.jpg
c0283938_2242541.jpg
c0283938_22421841.jpg
c0283938_22424213.jpg
c0283938_22425467.jpg
c0283938_2243359.jpg
c0283938_2243147.jpg

by yagitakuma | 2016-08-29 23:33 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

~感謝、反省、伊那谷の未来~YAMA.FES 2016を終えて

YAMA.FES 2016、終わってしまった…。すさまじい物量の撤収をみんなで夕方まで頑張り、少しだけバタンキューしてこの時間に。しんどかったけど、なんだかさみしい。アスタルの活動の中でフェスはほんの一部なんだけど、やはり最も楽しい時間だな、と思いました。

涙が出そうになるのは、回を重ねるごとに当日遅くまで自主的に撤収に加わってくれる方が増えていること。感謝感謝です。

もっと感謝しなければならないのは、この地で素敵な活動を展開してくれている出展・出店・出演の方々に対してですよね。
伊那谷、豊かです。

アスタル公式ページへの御礼文を、ここに転載させていただきます。
来てくださった方々、出展・出店・出演してくださった方々、応援してくださっている方々、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします(..)

当日の様子は、またあらためて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~YAMA.FES 2016、感謝と反省と~

アルプスに囲まれた伊那谷の魅力を詰め込んだ「アスタルYAMA.FES 2016」。
昨日、無事に開催することができました。

3回目となって運営に余裕が出てきたこともあり、今回は初めて会場内をじっくりと回ることができました。会場中に、「楽しい!!」があふれていました。登山やアウトドアの可能性。自然がはぐくむ食文化と、この地ならではの豊かなライフスタイル。魅力的なお店の数々。この地域の豊かさと無限の可能性を、あらためて実感する一日でした。

午前中と夜の部は激しい雨に見舞われましたが、来場者数はメーンゲートの午後2時ごろまでの実測だけで約1000。その他の入り口や夜の部、関係者を含めると1600人くらいの方が来てくださったのではないかと思います。ブースや講演・出演で参加してくださった個人・団体の数も、前回の1.5倍の約50に。会場の全員が、「伊那谷、いいね!!」を共有することができたのではないでしょうか。

一方で、我々の天候対応のシミュレーション不足のため、第二会場の出店者の方々は不完全燃焼となってしまったことと思います。本当に申し訳ありませんでした。そのほかにも反省点が多々ありました。必ず、今後の運営につなげます。

それぞれのブースや講演をしてくださった方々の魅力を、パンフレット等で伝えきれなかったことも心残りです。その理由は、会場を埋めたこの地で紡ぐ50のストーリーが、あまりにも深く、濃密だったから。その魅力を言葉で伝えるには、おそらく読み切れないほどずっしりとした分厚い冊子になってしまうでしょう。

この会場で見て聞いて触れる以上に、それぞれの取り組みの背景には素敵なストーリーがあります。それを感じ、そのストーリーがはぐくまれた伊那谷をみんなで誇りに思うことで、「伊那谷、いいね!!」が広がっていくことと思います。

アスタルプロジェクトの活動は、YAMA.FESだけでは終わりません。
山とアウトドアを核に、アルプスがはぐくむ食と豊かなライフスタイルを発信し、磨き、それぞれが交わることで新たな展開へとつなげること。
その先に、伊那谷の輝かしい未来が見えてくると信じています。

これからも、アスタルプロジェクトをよろしくお願いします。

2016年8月28日 アスタルプロジェクト実行委員会一同
c0283938_2143773.jpg

by yagitakuma | 2016-08-28 21:43 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

市民の本音が、議会を引き締める。市民と議会との意見交換会から

一昨日開催された第2回「市民と議会との意見交換会」。初回と比べて参加者が減る、という全国的な傾向(?)を覆し、多くの市民の皆さんが集まってくれました。まずはご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。来週22日、23日にも開催されますので、よろしくお願いします(..)
c0283938_212649100.jpg

c0283938_2127760.jpg

僕は経済建設委員会のワークショップで、「商工・観光」のグループでファシリテーターを務めました。今日の地元紙朝刊の記事の写真はいずれも、なぜか僕がいたグループ。いちばん活発な議論だったということかな??
僕自身もとても勉強になる、有意義な時間でした。

他の委員会の議論を聞くことはできませんでしたが、記事を読んで感じたことは、「2回目となり、子育て世代の本音が出るようになってきたのでは」ということです。

記事によると、最も痛烈な意見が出ていたのは、「子育てしやすいまちづくり」をテーマとした社会委員会の分科会。
伊那市が月刊誌のランキング調査の「子育て世代にぴったりな田舎部門」で全国1位に選ばれたことについて、市民から「現場の実感とかけ離れている」「保育園の統廃合が持ち上がっている地域が移住先に選ばれるのか」との意見が出たようです。

「財政健全化」を錦の御旗に、保育園や給食施設の統廃合を推し進めてきた伊那市。「次代を担う子供たちへの予算は削るべきではない」ということは僕も議会で再々指摘してきたことでしたが、議会全体の反応としては薄いものでした。
市の施策に「何でも賛成」の議員でも、このような場で子育て世代のナマの声を聞けば考えが少しは変わるのではないかと思います。僕も議会内で努力しますが、みなさんもこの機会をぜひ活用していただきたい。今回は保育園の統廃合問題を抱える高遠地区でしたが、市の中心部で開催される来週2会場では、どんな意見が出るのか注目しています。


さて、僕が担当させていただいたワークショップ。商工・観光のグループは参加者全員が高遠地区の住民の方々で、高遠の商業と観光について議論が集中しました。
地域の衰退を憂う中で、今後の高遠がどうあるべきか、選択肢のひとつが見えた気がします。
c0283938_21273775.jpg

c0283938_21275469.jpg

c0283938_21281863.jpg

高遠のイメージについては、
・品格を感じさせる地
・心なごむ場所
・藤沢谷の日本の原風景はすごい
・落ち着いた大人の雰囲気
等々、共通した印象のキーワードが出ました。

ほかにも「散策の街・高遠」「古本文化が根付いている」「自転車に適した町」など、しっとりと楽しめる場所だ、というイメージをみなさんお持ちだということがわかりました。

「蔵」「散策」「古本」「サイクリング」…。これらの要素を活かせるように環境を整備し、これからの街づくりのイメージを住民が共有できれば、高遠城址公園の桜だけでない魅力が打ち出せるのではないでしょうか。まずは地域で認識を共有することが重要。そして、散策ルートの整備や、魅力的な店が増えるような新規出店補助を行政が担う。それを後押しするのは、もちろん議会です。
c0283938_2129688.jpg

印象的だったのは、参加者の一人の「子供たちのために、今やらないといけない」との言葉でした。本気の住民が増えれば、街は少しずつ変わっていくはずです。

今回出た意見は今後委員会内で検討し、行政に提言していきます。

この意見交換会は、来週も予定されています。
●8月22日(月曜日)伊那公民館2階講堂
●8月23日(火曜日)生涯学習センター「いなっせ」6階ホール
時間はいずれも午後7時から午後9時まで。僕は次回も「商工・観光」のワークショップを担当します。

「とりあえずのぞいてみようかな」くらいのノリで、気軽に来てみてください。
by yagitakuma | 2016-08-20 23:25 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

「YAMA .FES2016」運営ボランティア大募集!!お助けを~(..)

山と街をつなげ、伊那谷の豊かなライフスタイルを発信するアスタルプロジェクトのメーンイベント、「YAMA .FES2016」。いよいよ来週末に迫ってきましたが、会場の運営スタッフがすこ~し足りていません…。27日(土)、手伝っていただけませんでしょうか??前日、翌日の設営・撤収も助けていただけるとありがたいです。

会場にいるだけでも楽しいイベントです。「空いてるよ」という方、八木までメールをいただければ幸いです。よろしくお願いします!!
takuma.yagi.ina@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「YAMA .FES2016」運営ボランティア大募集!!

アスタルプロジェクトでは、8月27日開催のアウトドアフェスの運営ボランティアを募集しております。伊那谷の魅力とたくさんの笑顔に囲まれながら、イベント運営のサポート体験をしてみませんか??

ご協力いただきたいのは、下記の日程です。1日だけでも大歓迎ですので、アスタル公式Facebookページでのメッセージまたはアスタル事務局電話(080-5146-4599)までご連絡ください。

8月26日(金)9:00〜18:00
8月27日(土)6:30〜22:00
8月28日(日)8:00〜12:00
(各日、食事付!!27日のフェス当日は、会場の伊那谷グルメを楽しめます!!)

会場:伊那市創造館(長野県伊那市荒井3520)
駐車場:スタッフ駐車場があります
作業内容:会場設営・会場整理・来場者の案内・受付等

「YAMA. FES」で伊那谷を一緒に盛り上げていきませんか??
ご応募お待ちしております!!
c0283938_1038957.jpg

by yagitakuma | 2016-08-19 10:38 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

いよいよ企画会議だ!!伊那街道呑みあるき、10月開催に向けて動き始めます。

市民と議会との意見交換会を終えて店に戻ると、お手紙が届いていました。
c0283938_135611.jpg

実行委員会に入れてもらった、年2回開催の地酒呑みあるきイベントの会議。いよいよ次回10月の開催に向けて動き始めます。

過去の経緯はこちらから→「実行委員会メンバー大募集!!伊那街道呑みあるきを盛り上げよう!!」http://yagitakuma.exblog.jp/25832811/

土曜日開催や飲食店の関わり方など、もっと盛り上がるために意見を出していきたいと思います。これまでにも「あまり参加者が増えないほうがいい」「金曜日だと参加しにくい」など、多くの意見を聞かせていただきました。僕としては、土曜日開催にしつつ、あまりお酒が強くない方でも楽しめるような形にできないか、あまり荒れないようにできないか…と思案中です。

せっかくなら、市外の方々にもっと来てほしい。地域への経済効果をもう少し狙いたいし、地域の酒文化の一端を担う身として、恵まれた環境を自慢してドヤ顔したいですもんね。

またやることが増えてしまいまいますが、少しでもお役に立てたらうれしいです。

c0283938_15979.jpg

呑みあるき会場の公共水道にずっと残っている張り紙。
水圧が強くて、手形代わりのおちょこを洗おうとして吹っ飛ばされる事案が多発したと思われます(笑)

実行委員会の、ノンベエへの愛を感じます。
by yagitakuma | 2016-08-19 01:05 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

市民と議会との意見交換会追記。託児室完備です!!曜日・時間の工夫は来年以降に実現します(..)

今日から始まる市民と議会との意見交換会、本日の高遠会場の準備が完了です。
告知のブログ投稿に「子育て世代が参加しづらい」とのコメントがありました。若い世代の参加を呼びかけながら、「お子さん連れOK」とお伝えするのを失念しておりました(..)

『現役の子育て世代(特に核家族)はその時間帯は子と食事をしたり、子を風呂に入れたり、隙あらば食器洗いや洗濯等家事をしなければなりません。そもそも子連れで行ってよいのかひと言も添えられていないと気を遣うし、育児室も期待できそうにない。とても参加しやすいものではありません』との指摘でした。

今回は、各会場とも育児室を設けてあります。保育士さんが2人来てくれますので、お子さんの年代によりますが10人くらいまでは事前申し込み無しでも対応できます。

時間帯については、議会内でも議論になりました。僕も「土日の昼間でないと子育て世代は来てくれない」と意見してきました。が、イベントが重なる時期でもあり、早い段階で昨年通りの曜日・時間で会場を押さえてしまっていたため、今回は実現しませんでした。子育て世代が参加しやすい曜日・時間での開催は、来年以降に実現できるよう議論していきます。

それでは、会場でお待ちしております!!

日程を再度下記に。時間はいずれも午後7時から午後9時までです。

●8月18日(木曜日)高遠町総合福祉センター「やますそ」3階
●8月22日(月曜日)伊那公民館2階講堂
●8月23日(火曜日)生涯学習センター「いなっせ」6階ホール

テーマ設定は次の通りです。

●総務文教分科会「あなたにとっての防災のまちづくり いのちを守る取り組みを考える」
●社会分科会「子育てしやすいまちづくり 地域みんなで子育て応援」
●経済建設分科会「あなたがやりたいまちづくり 農林業、商工・観光、道路と生活を考える(ワークショップ形式)」
c0283938_17381592.jpg

by yagitakuma | 2016-08-18 17:39 | ブログへのコメントから | Comments(0)

ぜひ若い世代の意見を!!気軽にご参加ください!!今週から市民と議会との意見交換会、3会場で開催です

伊那市では今週18日(木)から、市民と議会との意見交換会が始まります。23日まで3会場での開催。昨年始まった取り組みで、昨年の様子はこちらからどうぞ↓

「やはり若い世代は少なかった…。市民と議会との意見交換会」http://yagitakuma.exblog.jp/24594147/

最近、「ブログ読んでるよ」と声をかけてくださる方が増えてきました。昨年のこの会は、各地区の役員や各種団体への参加要請によって来てくれた方が多く、若い世代の参加者はごく少数でした。現在の市政について子育て世代の不満もありますが、このような場でそれを伝えることが重要です。生の声を聴くことで、普段若い世代と接することが少ない年配の議員が、若い世代の考えを気にかけるきっかけになるはず。

今回も各回とも3つの常任委員会に分かれ、それぞれのテーマに沿って開催されます。社会委員会のテーマはズバリ「子育てしやすいまちづくり 地域みんなで子育て応援」です。ぜひ子育て世代の皆さんから、生の声を届けていただきたいと思います。

僕は経済建設委員会で、市の商工・観光施策について議論する分科会の担当です。こちらはワークショップ形式で自由に意見交換ができるので、きっと盛り上がるはず。ぜひ足を運んでみてください!!

日程は下記の通りです。時間はいずれも午後7時から午後9時まで。

●8月18日(木曜日)高遠町総合福祉センター「やますそ」3階
●8月22日(月曜日)伊那公民館2階講堂
●8月23日(火曜日)生涯学習センター「いなっせ」6階ホール

テーマ設定は次の通りです。

●総務文教分科会「あなたにとっての防災のまちづくり いのちを守る取り組みを考える」
●社会分科会「子育てしやすいまちづくり 地域みんなで子育て応援」
●経済建設分科会「あなたがやりたいまちづくり 農林業、商工・観光、道路と生活を考える(ワークショップ形式)」

ぜひご参加ください!!
by yagitakuma | 2016-08-15 16:30 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(1)

明日の夜は伊那まちへ!!プチ・パクチー祭り「パクチーと路上酒場の夕べ」を開催します♪

明日8月15日(月)の通り町ホコ天イベント「ナイトマーケット」にて、プチ・パクチー祭りがゲリラ開催されます!!
「はしば」もパクチーポテトフライ&パクチー鹿春巻&キリッと冷えた日本酒で参戦します。この日は一帯でローメン祭りもあり、商店街の出店も並びます。ビールも飲める!!


場所はワイルドツリー付近。時間は17時頃~21時、売り切れ次第終了です。みなさんぜひ!!
「はしば」本店も同時営業で、パクチーメニューもラインナップします。

先日の「伊那まちローカルベンチャーミーティング」で持ち上がった企画です。伊那まちでパクチーといえば!!のベトナム料理カフェ「カフェドゥドゥ」渾身のパクチーメニューの近くで、関脇を務めさせていただきます。

ドゥドゥさんは、パクチー愛好度レベル1〜3までを用意。レベル1はトッピングなので、量を加減できる、2はすでに入り込んでいる水餃子、3はパクチーをメインに食べるサラダ!!

ワイルドツリーさんはカフェたねと一緒にカキ氷、生イチゴジュース、アイスコーヒーなどを用意してくれるそうです。

勢いで急遽決まったこのぶっ飛び企画。バカ者が多いほうが街は盛り上がるだろう!!との思いで無鉄砲に乗っかってみました。
この地域にどれほどパクチー好きがいるのかまったくわかりませんが、東京ではパクチー専門店があったりと、熱烈なファンがけっこういるらしい。今後街全体で盛り上がる可能性も??継続、発展するか!?

とりあえずやってみよう!の精神で、合言葉は「パクチーで広げよう友達の輪」です(笑)
お待ちしております!!
c0283938_0405893.jpg

by yagitakuma | 2016-08-14 23:51 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)