アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

平成28年、関わってくださったすべての方への感謝と、ブログ記事反響大ランキング

疲れたー。
昼間はあいさつ回り、夜は「はしば」の年末。昨晩までの怒涛のラッシュを乗り越え、今日は店と自宅の片付けを終えて、ようやくひと段落です。
c0283938_23435378.jpg

街は静か。
振り返ると、いろんなことがあった一年でした。

この場を使い、伊那市の課題や地域の情報、自分の日々の動きを発信してきました。この投稿で、232本目。「ブログ、見てますよ」と声をかけられることがすごく増えました。カタい話や長々として投稿を読んでくださって、ありがとうございました。
来年も、さらに情報発信に取り組みます。

ここで、この一年で反響が大きかった記事を。

●「いい話」系では、僕が大好きなラーメン店「原点」復活の話がアクセス数がすごかった。→伊那まちにある素敵なラーメン店の話http://yagitakuma.exblog.jp/25793655/
この正月は、帰省してきた元球児たちで行列になっていることでしょう。

●「保育園落ちた日本死ね」騒動に乗って、全国から反響があったNPO保育園「はらぺこ」の話。→「保育園落ちた日本死ね」の対極があった。「はらぺこ」卒園式に感じた、日本の都市と地方の問題の根本とはhttp://yagitakuma.exblog.jp/25443137/
この投稿をきっかけに、自然保育や子育てに関わる方々とのネットワークが一気に広がりました。


「炎上した」「怒られた」系は、必ずアクセス数が跳ね上がります(笑)。

●この場での投稿が議会で問題視されたこの話→「ブログの内容について厳重注意を受けました。」http://yagitakuma.exblog.jp/25997274/
この問題がきっかけになったのかどうか不明ですが、この特別委員会、かなりいい議論になってきています。


●2ちゃんねる的サイトで吊し上げられそうになった、こんな話もあったなぁ。→「八木、2ch的地域サイトで袋叩きになりかける。匿名コメントへの対応は難しく、時間もなく…」http://yagitakuma.exblog.jp/25896512/

本筋の議員活動の投稿では、市政の問題点を追及した報告を書くと、アクセス数がポンと増える傾向がありました。

●伊那市内をスルーする登山バスにお金を使う意味を問うたこの投稿→「乗客1人に8000円の税金を使う意味があるのか-南アへの直通バスについて。9月議会一般質問より①」http://yagitakuma.exblog.jp/26020585/来年も続けるのだろうか…

●伊那市が6億円をかけて建設する「防災センター」について書いたのが、→「市の職員に言われた「議員の見解でしょ」の衝撃。議会がナメられているのか、市民がナメられているのか…」http://yagitakuma.exblog.jp/25649406/そろそろ詳細な案が決まるころ。またご報告します。

●効果不明なドローン事業について書いたこの記事も、反響がありました→「予算350万円の事業審議。「ドローンで鹿が見えるの?」「それも含めて検討します」「えっ!?」http://yagitakuma.exblog.jp/25719514/

●そして、市長とガチンコ勝負となった山小屋公募問題。→山小屋管理人の不自然な公募の真相は?12月議会一般質問報告②-2http://yagitakuma.exblog.jp/26245222/
政治家の「記憶にない」、久々に聞きました。


議員としては、集まってくる情報がかなり深くなり、伊那市の問題点を的確に分析できるようになってきました。知れば知るほど、危機感もあります。昨年まではあまり波風を立てないよう気を使ってきましたが、気付けば路線転換していますね…(苦笑)。モノを言うのは勇気がいりますが、この場で発信することによって反響も大きくなっています。

もちろん、市の良い施策もあり、頑張っている職員さんたちもいます。これからは、そのあたりにもきちんとスポットライトがあたるようにしていきます。

民間の立場としての一年を振り返ると、
●ローカルベンチャーミーティングが始まり、伊那まちのイベントへの関わりも増えました。
●アスタルプロジェクトも3年目となり、シードルクラブを母体にはじまったガレット普及の動きが盛り上がりを見せています。
●個人的にコツコツ取り組んできた伊那まち再生のプロジェクトにも道筋が見えてきました。

そして、「はしば」オーナー・いち事業者としては、お客さんも増え、スタッフも入ってくれて、申し分のない一年でした。小さな店ではあるけど、経営や人材育成についてものすごく勉強になっています。

関わってくださったすべての方に、深く感謝します。
来年も、走ります。どうぞよろしくお願いします(..)


やばい!!除夜の鐘の時間だ…
さーて飲むぞ!!
by yagitakuma | 2016-12-31 23:44 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

声を上げ続ける責任がある。電通過労自殺の悲痛な手記から-八木家が犯罪被害者に(24)

クリスマスの朝刊1面トップは、悲痛な叫びでした。
電通の新入社員で、過労自殺した高橋まつりさんの母の手記。
c0283938_1956585.jpg

「まつりの命日を迎えました。
去年の12月25日クリスマス・イルミネーションできらきらしている東京の街を走って、警察署へ向かいました。嘘であってほしいと思いながら…」

…。

静かな書き出し。
あふれ出る慟哭。

努力を重ね、格差をはねのけ、東大から国内最大の広告会社・電通への就職を勝ち取った娘への思い。困難な境遇にあっても絶望せず、誰もがうらやむ人生を送っていたはずなのに、命を絶つしかない状況へと追い込まれたこと。娘の死をきっかけに、この国の働く環境の改革を願っていること。そして、お母さんの「本当の望み」…。

幸せそうなお2人の写真と東京の夜景の写真から、しばらく目が離せませんでした。

高橋まつりさんの死から、過労問題対策が急激に動き始めました。
戻ることのない彼女の命がせめて、社会を変える力になることを願ってやみません。


この手記が報道され、直後に厚労省東京労働局が電通と元上司を異例のスピードで書類送検し、電通社長も辞任を表明しました。一連の急激な動きを見ながら、いろんなことが脳裏をよぎります。

僕も今年の2月、ひき逃げ事件で姉を失いました。
姉をはねて逃げた川崎愛受刑者は、飲酒運転の事実を認めることなく、裁判は終わってしまいました。
過去の記録はこちらにまとめてあります→「八木家が犯罪被害者に」

逃げ得を許す法律と捜査の限界や、遺族に冷たい司法制度について、この場でも繰り返し訴えてきましたが、僕たちには高橋まつりさんのように社会を動かすだけの力は到底ない、と思いました。

報道の現場にいたから、わかっています。高橋まつりさんの死には、マスコミが食いつかざるをえない要素がすべてそろっていました。センセーショナルに、繰り返し大きく報道されることによって、ようやく社会は動きます。
でも、その陰には、報道されることのなかった数多くの同様の死があったことでしょう。

姉の事件と重ね合わせてしまった僕でしたが、次第にこう考えるようになりました。

「声を上げることができる者、声を上げることを許された者は、声を上げ続ける責任があるんじゃないか」と。
まつりさんのお母さんのように。

今、僕は姉の事件について「真相をはっきりさせる」という極めて困難な壁と闘っています。情報は何も提供されず、すべて自力で追わなければなりません。
でも、それができるのは、記者時代に事件取材や調査報道の経験を積んでいたからで、通常は一般の方には到底無理だと実感しています。このように発信することも、誰もができるわけではない。

だからこそ、やらなければならない責任があると思う。同じようなことを繰り返さない社会にするために。

高橋まつりさんの母の手記には、こうありました。
「まつりの死が、日本の働き方を変えることに影響を与えているとしたら、まつりの24年間の生涯が日本を揺るがしたとしたら、それは、まつり自身の力かもしれないと思います」

その通りだと思う。

そして今、僕がまだ頑張れているのは、周囲の支えがあるから。
それは、死んだ姉の力なんだと思う。

まつりさんの母の手記は、こう続いていました。

「でも、まつりは、生きて社会に貢献できることを目指していたのです。そう思うと悲しくて悔しくてなりません」


声を上げることを許された者として、僕も声を上げ続けよう。

はるか遠い東京で起きてしまった一人の女性の死が、胸に響く年の瀬です。

支えてくださっている皆さんへの感謝を胸に、年明けには、勝負に出ます。
by yagitakuma | 2016-12-31 20:05 | 八木家が犯罪被害者に | Comments(0)

議員って、年末年始は何してるの?今日もいろんな気付きがありました。

平成28年の公務が終わり、今日は役所も仕事納め。

議員は、年末年始も関係なし。お世話になった方々へあいさつに回り、自宅の片付け、資料整理、そして「はしば」も帰省シーズンの繁忙期に突入です。

今日のあいさつ回りは、地元・坂下区から。
坂下公会堂の区の事務所にうかがい、区の役員の方々と雑談。
c0283938_1124813.jpg

隣接する坂下神社では、氏子の皆さんが準備に追われていました。

区長が「神社のお世話をするのが高齢者ばかりになって、これからどうなるのか…」とおっしゃっていました。僕が住む伊那市中心部の坂下区は、市内で最も高齢化率が高い地区です。今年一年間の新生児がゼロだったとのこと。

でも、中心部で住む場所を探している移住希望者もいるので、空き家の紹介を依頼。
人口を維持するための取り組みは、身近な場所から。

議会の会派室を整理し、議会事務局に一年間のサポートのお礼。
庁舎内で、何人かの方と意見交換。

昼食は、いつもお世話になっている伊那まちの食堂へ。
おばあちゃんから、少し込み入った相談を受ける。行政が対処できる事案ではないので、専門家への相談を提案。すぐに専門家へ電話を入れ、対処方法についてアドバイスを受ける。議員の役割ではないかもしれないけど、困っている人は放ってはおけない。

訪ねた近くの商店主が、12月議会の一般質問で取り上げた山小屋管理人公募の件について、「どうなってるの?」と聞かれる。少し意見交換。あれ以降、各方面からいろんな反応がある。

学生時代のバイト先へも、あいさつ。
店長に「ツイッター、読んでますよ」と声をかけられる。
おー!!ツイッター開始後初の反応!!頑張らねば。

店の備品を買ってから、はしばに出勤。バタバタ。みなさん楽しそう。

お客さんから、「今年は、市内の小中学校の教職員は忘年会自粛だった」との話を聞く。
今年は伊那市立小教諭による性犯罪事件が立て続けにあったためか。性犯罪と酒を飲むことは関係ないと思うけどなぁ。飲酒運転事案ならともかく…。

と、今日もいろんな人に会い、いろんな話を聞けました。

まだ、やり残したことが2つあるなぁ。
ひとつは自分のホームページの更新作業。これがなかなかはかどらない。
もうひとつは、大阪のこと。
気が重いけど、あと3日でなんとか道筋をつけたい。
by yagitakuma | 2016-12-29 01:14 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

平成28年もあと5日。公務は仕事納め

今日で、平成28年の議員としての公務は終了しました。
c0283938_1552459.jpg

深夜1時半。
遅くまで営業してくれている伊那まちの飲み屋さんで、たまには一人でボーッと。
いろんな思いが浮かんでは消えます。

何があったか、すぐには思い出せないくらい濃密な一年でした。支えてくださった皆さんに、心から感謝です。

はしば、は年末のこれからが佳境。
僕に動ける時間をくれたスタッフの皆さんにも、感謝です。
30日の仕事納めまで、頑張ります。
by yagitakuma | 2016-12-27 01:57 | 日々のよもやま | Comments(0)

「追い出し相談」に関する公文書開示請求が拒否されました。山小屋管理人公募問題

12月議会の一般質問で取り上げた山小屋管理人公募問題。

「“公平な公募だ”と言いながら、特定の管理人を追い出すための相談を顧問弁護士にしていたではないか」との内容でした。
詳しい内容はコチラ→「山小屋管理人の不自然な公募の真相は?12月議会一般質問報告②-2」

その法律相談を記録した書類について、公文書開示請求をかけていましたが、「開示しない」という決定通知が届きました。まあ、予想通りですが。
c0283938_23585918.jpg

非開示の理由として書かれていたのは、2つ。

「契約、交渉又は争訴に係る事務に関し、市又は国等の財産上の利益又は当事者としての地位を不当に害するおそれがあるもの」
「意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ、不当に市民の間の混乱を生じさせるおそれ又は特定の者に不利益を与え、若しくは不利益を及ぼすおそれがあるもの」
に該当するからだそうです。

「意思決定の中立性」
「特定の者に不利益を与え」


なんとも突っ込みどころが満載です。

同じカテゴリー「白鳥市政の問題点」の過去記事はこちらから→http://yagitakuma.exblog.jp/i24/
by yagitakuma | 2016-12-25 23:54 | 白鳥市政の問題点 | Comments(0)

伊那まちの隠れた逸品。

クリスマス糞くらえ!!な八木ですが、少しだけクリスマスっぽい投稿を。
c0283938_0114134.jpg

このお菓子、めっちゃカワイイですよね!!
近所の和菓子屋さん、伊那市坂下の「菊香堂」さんの季節商品です。

店のスタッフがウキウキしながら買ってきて、僕もめっちゃテンションが上がりました。食べるのがもったいない…

伊那まちの隠れた逸品を、みなさんにも知ってほしくて。
住んでいても気付いていない、魅力的な店や商品がたくさんあります。
by yagitakuma | 2016-12-23 00:10 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

市民の理解を得られるのか?地方議員の年金復活の動きに対して、一人ぼっちの反対。

議員に年金は必要なのか。
とても悩みましたが、たった一人で反対しました。

12月議会の最終日、ある議案が審議されました。「地方議員が厚生年金に加入できるよう国に要望しよう!!」という内容で、議員の連名での提案でした。

現在、地方議員に年金はありません。自営業者と同じで、国民年金です。僕も国民年金だけです。

かつては3期12年務めると受け取れる「議員年金」という制度がありましたが、その議員特権に対して批判が強まり、平成23年に廃止されました。当時の議員年金の運営は約4割が自治体負担(要は税金です)となっており、厳しくなる一方の地方財政を考えると廃止は当然だったと思います。

しかし、「老後が不安だ」「議員の担い手が出てこなくなる」等の理由から、年金復活の動きが出ています。
今年の夏以降、都道府県議長会や市議会議長会が各地の議会に要請し、全国的に同様の意見書が出されました。今回の伊那市議会で出されたこの議案の提案理由も、「地方議会で投票率の低下や無投票が増えており、人材確保のために必要」との内容でした。

もし、この地方議員の厚生年金加入制度が実現すると、新たに全国で約170億円の公費負担が発生するそうです。

たしかに議員の立場は不安定です。選挙に落ちれば、たちまち路頭に迷います。
報酬も都道府県や政令市・中核市を除くと、それだけで活動と生活を維持していくのは難しい。伊那市議会はヒラ議員なら月額36万5000円の報酬で、税金等々が引かれて手元に残るのは25万円くらい。政務活動費も月1万円で、動けば動くほどお金が飛んでいく。周辺の町村議会では額面でも十数万円のところが多く、専業とするには無理があります。

これが地方議会の議員が退職後の世代ばかり-となっている要因であるのは間違いないでしょう。地方が苦境に立たされる時代となり、かつては名誉職的だった議員の責任も重くなっています。伊那市議会でも議会改革に取り組み、僕が議員となった2年半前と比べても公務のボリュームは格段に増えています。でも…

年金への加入で、はたして担い手が増えるのでしょうか。

一般の自営業者は、国民年金だけです。それでも、「国民年金しかないから脱サラして店を出すのはあきらめよう」とはならないはず。
担い手不足を解消するためには、もっと根本的な議論が必要だと思います。

報酬を上げるのか
政務活動費を上げるのか
そもそも、市民の信頼を得られているのか
政治不信を払しょくするためには何が必要なのか

「年金加入」という小手先の議論ではなく、議会のあり方そのものの議論が必要です。

今年の3月議会で、議員報酬を月5000円アップする議案が可決されました。
その際も僕一人だけが反対しました。
「現状では市民の理解を得られず、議会への逆風になる。もっと根本的な議論が必要だ」と。

議会にもっと若い仲間がほしい、と心から思っています。
年配の議員からも「若い人が出てこないと」という声はよく出ます。
どうしたら熱い志で手を挙げてくれる人が増えるのか…

悩ましい問題ですが、このような発信で活動を見える形にして、関心を持ってもらうしかないと現状では考えています。
c0283938_23471647.jpg

目ぼしいイメージ写真がなく…テキトーな画像ですみません(..)
by yagitakuma | 2016-12-22 23:43 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

伊那まちはしば。たまには店の宣伝と、年末年始の営業のお知らせと、街の動きを。

伊那まち飲み屋街が、一年で最も賑わう年末年始。
中心部がワイワイするのって、街の活気のバロメーターですよね。
c0283938_11242583.jpg

「はしば」の営業予定は
年内は、通常は定休日の26日(月)を臨時営業し、30日(金)までの営業です。
31日・元日だけお休みをいただいて、
新年2日(月)から通常営業に戻ります。

28~30日、新年2~3日は例年かなり混み合います。ご来店の際には事前にご連絡をいただければと思います。

イブの24日は、毎年すごくヒマです。みなさん、クリスマスはオシャレな店かな。
僕はヤギなのでトナカイの格好をしたりしないし、はしばは一切クリスマス色はありません(笑)
独身男女3人で、のんびり営業しています。

最近、日本酒ファンが増えてきたように感じます。
店の日本酒ラインナップも日に日にエスカレートし…
c0283938_1125531.jpg

c0283938_11253114.jpg

ついに40種類。
地元のお酒も、めったに手に入らない憧れの酒も、聞いたことない地方の地酒も。

「こんな味のやつを」と言っていただければ、チョイスしますよ。

炎の料理人によるフードメニューも、僕が言うのもアレですが、飾らず、奇をてらわず、旨い。しかも魚以外は地元のものばかりです。仕入れであちこち走り回ってくれてます。

伊那市中心部では、年明けに新しい店が2つオープンする予定です。
いずれも魅力的な店主が、魅力的な店にしてくれるはず。またお知らせします!!

伊那まち、いい流れです。
by yagitakuma | 2016-12-20 23:21 | 伊那まち はしば | Comments(0)

師走に届いた復興の便り

八木の趣味が高じて、すっかり日本酒酒場になっている「はしば」。

3日に一回は書き直している日本酒メニューですが、オープン以来一度もメニューから外れたことがないお酒があります。

c0283938_141588.jpg

船尾灯。
ともしび、と読む。
宮城・気仙沼の酒蔵「角星」さんの、復興酒です。
c0283938_1412963.jpg

八木が東日本大震災からちょうど一か月の節目に取材させてもらった蔵。
当時の記事は、この3年前の過去記事に記録してあります→「11日。」http://yagitakuma.exblog.jp/20931704/

先日蔵から届いた船尾灯と、兄弟酒の「水鳥記」が入った箱に、うれしい便りがありました。
c0283938_1425421.jpg

c0283938_1431598.jpg

壊滅した気仙沼港の岸壁前で、津波で押し流されてしまった創業地の蔵づくりの店舗が、再建したという。かつての技術のままに…。

来年こそは、東北に行こう。

気付けば、今年もあと10日だ。
by yagitakuma | 2016-12-19 01:39 | 伊那まち はしば | Comments(0)

大阪のオカンの小話

八木の大阪のオカン。
強烈なトラキチ。タイガースファン。

何か荷物を送ってくるときは、「八木勝虎」「八木虎男」的な変な名前で届く。
クロネコヤマトの配達担当者に、不審に思われていたと思う。

最近、その名前が変わった。
c0283938_23425039.jpg

「虎婦」と書いて「トランプ」と読むらしい。

大阪のオカンのドヤ顔が頭に浮かぶ。
by yagitakuma | 2016-12-17 23:40 | 日々のよもやま | Comments(0)