アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

ダウン

不要品の片付けに引っ越しが重なり、頑張りすぎてダウンしてしまいました…。

朝起きて薄着のまま水道の元栓を開けに行ったら(凍結破裂防止のためです。夜に閉めるのを酔っ払って忘れると、管のどこかに噴水ができます)、直後に悪寒と吐き気が。体だけは丈夫だったのになぁ。和歌山⇨伊那の気候の変化の激しさゆえか。

一人暮らしで風邪をひくと大変ですね-。薬も食料もないのに動くに動けず、「もうどうなってもいいわい」との心境でした。あきらめたらそこで試合は終わりです。
と思っていたら救いの手が!
c0283938_13442657.jpg

手伝ってくれている通称〝おとうちゃん〟に「今日は作業できそうにない」と伝えたら、おとうちゃんから連絡を受けた友人の居酒屋店主が現れ、薬やらプロのお粥やらユンケル黄帝液やら…。本当に助かった!

人間関係が濃密な田舎と仲間のありがたさ。

すっかり復活したので、建物改装の構想を固めるためにいったん大阪に行ってきます!悔しいけど、おしゃれな情報は都会に集まってるからなぁ。
# by yagitakuma | 2013-03-12 13:36 | 日々のよもやま | Comments(0)

東日本大震災。

あの日から2年。
伊那市でも、防災無線で追悼のサイレンが響きました。

あの日。大阪からすぐに被災地に向かいました。

壊滅した街で、いろんな方と出会いました。
そして写真でしか会えなかった人も。
写真すら残らなかった人も。
その後何度訪ねても会ってもらえなかった人も。

記者の身分から離れてごめんなさい。
忘れることはない。また必ず会いに行きます。
# by yagitakuma | 2013-03-11 14:59 | 日々のよもやま | Comments(0)

片付け大作戦

伊那に来てまず始めたことは
c0283938_11591220.jpg

膨大な量の不要品の片付け。
「処分は自分たちでやりますから」との条件で購入金額を安くしてもらいました。
とはいえ約80年も使われていた建物で、しかも貴重なものもあるかもしれない。
手当たり次第にどんどん捨てるわけにもいかず、人海戦術での作業となりました。
c0283938_1223675.jpg

まずは、自分が住む場所となる休憩室だったとおぼしき1階和室から…
c0283938_1242558.jpg

ツナギにマスク姿で、選別しながらどんどん運び出す。
仲間とともに1、2階で2日がかり。
問題は持ち主も「何があるかわからない」と言っておられた地下室でした。
建物の脇の細く暗い階段の先。
ギギ―ときしむ傾いた扉を開けると…

ホコリとクモの巣に覆われたカオス。
怖い。とてもじゃないが入れない。
c0283938_1274966.jpg


そこに強力な助っ人が!
学生時代に通っていた居酒屋のお父ちゃんが大活躍してくれました。

野人のようだ。
ネコの巣もネズミの巣もクモもへっちゃら。
ほこりだらけになりながらここもどんどん運び出す。

業者に処分を頼んだ場合、全体で30万円の見積もりだったそうです。
そんなお金はねぇよ!

仲間の1人が廃棄物処理会社で働いていて、大助かりでした。
その助言に従い、きちんと分別してその会社に軽トラックで持ち込む。
何でもかんでも混ぜて持ち込むととても高くなるんです。

段ボールや紙は無料で引き取ってくれる。
木製品だけを持ってくとキロ27円と処分料が安い。
ロッカーやパイプ椅子などの鉄製品は、キロ20円で買い取ってくれる!
電化製品も、テレビなど家電リサイクル法にひっかかるもの以外は無料。
使えそうな家電はリサイクルショップへ。
本も古本屋へ…
c0283938_12193986.jpg

ちなみにこの軽トラ1台分の鉄類で、4200円の収入になった(笑)

丸3日間頑張った結果、見積もり30万円が…
実際にかかったのは約3万円!!
もっとも、手伝ってくれた仲間への日当は昼メシ代だけですが。。

みんなありがとー
(株)キタニさん、とてもとてもお世話になりました(..)
# by yagitakuma | 2013-03-10 11:55 | 伊那まち はしば | Comments(0)