アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

登山客を街に呼び込もう!みんなで山に行ってきました。

今日は早起きして、山へ。

伊那の飲食店組合の方々と一緒に、南アルプス・仙丈ケ岳の中腹まで行ってきました。
南アルプススーパー林道のバスに乗って、ですが。

c0283938_20131749.jpg

これは、ある取り組みの第一歩。

●南アの登山客に、伊那の中心部にステキな飲み屋街があることを知ってもらおう!
●山から街へ、登山客を引っ張ってこよう!!
●伊那をアルプスの登山基地に!!!
という狙いなんです。

登山ブームを背景に、南・中央の両アルプスの登山者も増加傾向です。でも、みんな伊那の街の存在を知らず、素通りして帰ってしまっているのが現状です。もったいない…
こんなにレトロで素敵な飲み屋街があるのに。登山を終えて、街で一泊して、ひと息ついて山の余韻を楽しめる街なんです。伊那は。

仙丈ケ岳の肩に位置する北沢峠に、「こもれび山荘」(旧長衛荘)という山小屋があります。そこの支配人の竹元さんは、信大農学部の先輩。竹元さんも僕も大の居酒屋好き。
2人でずっと、「伊那の飲み屋街ってシブくて、都会から来た人にすげー喜ばれるよね」「もったいないよね」と話し合ってました。そこで、飲食店組合や市の観光課を巻き込んで、登山客を街に誘導する方法を考えようという会議が始まりました。

でも、伊那の飲み屋街の人たちは、山という財産に気付いてない。登山客への飲み屋街のPR作戦を考えるためにも、飲み屋街の人たちに「登山客歓迎!」の意識を持ってもらうためにも、「一度みんなで山に行ってみよう」となった訳です。

何年ぶりだろう。南アルプス。
まだ北沢峠までは開通していないため、途中の歌宿(うたじゅく)まで。

c0283938_20141813.jpg

林道バス、運転手さんの案内が面白い!
木の種類、景色の話、いろんなことを淡々とアナウンスしてくれるんですが、
「新宿、原宿、歌宿と覚えてください」なーんてことを織り交ぜながら延々と。
これはオススメです!!

c0283938_20144933.jpg

歌宿で竹元さんがお話を。

c0283938_20152382.jpg

まったく山が似合わない夜の街のオヤジたち(笑)

人口がどんどん減る時代。飲み屋街も、何もしなければ今の軒数を維持できなくなるのは確実です。
でも、伊那には山という大きな財産がある。
いつか松本に負けない登山基地になるように、攻めの姿勢で盛り上げていきます!!
# by yagitakuma | 2014-06-09 20:17 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

伊那市は4年後に赤字に転落します。危機感の共有が必要です

今日は6月定例市議会の初日でした。
議会の仕組みや今日行われたことをお伝えする前に…

みなさんに知っていただかないといけないことは、「伊那市の財政は、わずか4年後の平成30年度に、赤字に転落する」ということです。貯金を食いつぶす危機的状況が、すぐそこに迫っています。
また後ほど詳しく書きます。

c0283938_2355114.jpg

議場の写真を撮り忘れた…
代わりに今日読み込んだ膨大な資料と、議員バッヂ。クールビズのため、議員バッヂは秋まで出番はありません。

市議会は、3・6・9・12月の年4回、定例会が開かれます。会期は各回それぞれ20日間ほど。市が「こんな取り組みをするから予算を承認してくれ」「こんな決まりごとを作った」ということを提案し、議会として承認するかどうかを決める―というのがおおまかな役目です。

今回は、市長選挙後初の定例会ということで、市から約14億円の予算案が提案されました。これから今月20日の閉会日まで、審議することになります。

今日は午前10時に開会。議場は暑かった…。飲食禁止で水も飲めず、倒れる人が出るんじゃないかと心配するほどでした。

市長のあいさつに続き、提案された予算の説明、市民から議会に寄せられた陳情・請願の説明があり、今日はいったん閉会。午後からは議員全員が出席して、市政に関するさまざまな現状報告がありました。

職員削減のこと、ごみ処理施設建設の話、高齢者福祉の現状と今後、企業誘致の現状、道路計画などなど……。

特に、僕が広く知ってもらわなければならないと感じたことは、市の財政状況に関することでした。先ほども触れた「4年後に赤字になる」ということです。

c0283938_2363568.jpg

人口減少や過去の公共事業による借金…さまざまな要因がありますが、伊那市は苦しい財政状況となっています。
現在は旧高遠町・旧長谷村との合併後の特例期間となっており、国からの「仕送り」が通常より多い状態ですが、平成28年度からはその仕送りが減り始めます。同時に市の収入が急激に減少し、平成30年度に赤字に転落することが確実となっています。市の貯金である基金があるので突然破たんするわけではないですが、民間企業であれば、どこもお金を貸してくれない倒産状態でしょう。

市職員の削減や保育所の統廃合など、あの手この手で財政再建に取り組んでいるにもかかわらず、です。

公共事業頼みの景気対策に走ってきた国の方針に乗っかって、不要不急なハコモノを作るばかりで人口増やこの地域の可能性を伸ばす取り組みをしてこなかったことが、苦しい現状を生んでしまった要因です。
これからは私たちも役所任せにせず、「自分たちの地域の未来は自分たちで切り開くんだ」という気概を持って、限られたお金の使い道をみんなで考えていかなければなりません。

取り組むべきことは山ほどある。共に前進していきましょう!


疲れ果てて帰ろうとしたら、「八木君、議会事務局が呼んでるぞ」と先輩議員たちが。


c0283938_237680.jpg

僕あてに豪華な花!!

「おいおい誰からだい?」と好奇の目線が…
オネーチャンがいるような店は、もう長いこと行ってないのに…

と思ったら、前の職場・産経新聞の先輩からでした!
当選後初の定例議会の初日に合わせて送ってくれたのかな?
粋なことをしてくれるなぁ。

フクトミさん、ありがとうございました!

遠くでみなさんが応援してくださっていることが、とても励みになってます。


議員の仕事は記者の仕事と同じだと、つくづく感じています。

現場を歩き、低い目線で人から話を聞き、解決策を探る。

これからも、記者根性で走り続けます。
# by yagitakuma | 2014-06-03 02:39 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

6月定例議会が始まります。

更新が滞ってごめんなさい。

今日から伊那市議会の6月定例議会が始まります。
この10日間ほど、来週に予定されている一般質問の準備に頭を悩ませる日々でした。

伊那市の財政は危機的状況が迫っています。それに対する打開策も、残念ながら見いだせていないのが現状です。

でも、誰かを責めても何も始まらない。自分にできることは何なのかを自問自答しながら、多くの方と意見を交わすことで答えを見つけていこうと思います。

一般質問の準備に目途がついたら、市政の現状や議会の仕組みをみなさんにお伝えしていきます。

では行ってきます!
# by yagitakuma | 2014-06-02 09:15 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)