アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

12月議会一般質問。1つ目のテーマはママたちの「こんなのあったらいいな」から

伊那市議会12月定例会の一般質問、今回は3つのテーマを取り上げます。「一般質問」とは、各議員が市長らと一対一で討論できる場です。

1つ目は、子育てママの“こんなのあったらいいな”を、先月市内で開催された「伊那谷ママまつり」の現場の声から市に提案します。
・雨の日に子供が思いきり遊べる場がほしい
・子連れで利用できる飲食店の情報がほしい
の2点です。

c0283938_1251499.jpg

初めて開催された「ママまつり」は、楽しく自由に子育てできる地域づくりを-を、地域のママたちが企画しました。会場にはメイクやネイルの体験や、子供服のフリマなどのブースが並び、予想以上の盛況だったとのこと。
僕が注目したのは、来場者が「こんなのあったらいいな」を自由に書けるボード。

c0283938_1251213.jpg

特に目立った希望が、上記の2点でした。
現場でお母さんたちに話を聞いてみると、伊那市には小学校に入る前後の子供が思いきり遊べる屋内施設がないとのこと。幼児がいる場所では危なくて思いきり走り回ることができず、「雨が続くと、遊ぶ場所がなくて寝ついてくれない」といった悩みがあることがわかりました。加えて、幼児と小学校に入る前後の子供が両方いる場合は一緒に遊ぶ場所がない、とのことでした。

実際のところはどうなのか、市の子育て支援課に問い合わせてみると…

伊那市内には幼児が母親と遊べる子育て支援センターは5か所ある(この点は充実しています)ものの、対象はあくまでも「幼児」。たしかに走り回る年頃の子供さんたちは対象外で、幼児と大きなお子さんが同時に遊べる場所もない。
しかも市の組織としては、未就学児の支援は「子育て支援課」の管轄で、小学生以上は「教育委員会」の管轄と分かれており、2つの部署にまたがる「幼児と小学生が同時に遊べる施設が必要」という発想はなかったようです。

周辺の自治体を調べてみると、南箕輪村にドンピシャの施設がありました。
c0283938_1713673.jpg

今年7月に完成した「こども館」。
c0283938_12515861.jpg

c0283938_12521550.jpg

c0283938_12523159.jpg

幼児が遊ぶ場所と、広めの体育館のようなスペースが分かれており、ここなら上記のお母さんたちの悩みは解消されそうです。伊那市、南箕輪村、箕輪町の住民は無料で利用できます。

でも、日・祝日は休館…

では、伊那市はどうするか。
5か所ある子育て支援センターの中で、旧保育園を活用した美篶と富県の支援センターならスペース的にも恵まれており、走り回るようになった年頃の子供さんが思いきり遊べる場所を確保できそうです。あとはボール等の遊具があればいいのかな?あまりお金もかからないかと思います。
現状では土日・祝日は休館日なので、この点をどうするか。土日祝日も利用できるようにすれば、当然予算もかかります。これは市の予算の配分の問題なので、ニーズがあることがはっきりして、子育て世代が声を上げれば、実現は不可能ではないでしょう。

市の担当部署へのヒアリングでは、これまでこのような声は聞いたことがなかったようです。子育て世代の要望を、きちんと行政に届ける仕組みが必要。人口減少対策は、子育て支援が最も効果的であることは、全国の自治体の例をみても明らかです。行政としても本腰を入れて子育て世代のニーズを把握する必要があります。

追記をすると、上記の南箕輪村こども館は、母親の子育てや就業に関する相談も受けており、とても充実している印象でした。中高生の自習スペースも完備しています。
ちなみに、建設にかかった費用は、約5億円。

伊那市で同様の施設が必要かどうかは、議論が分かれるところでしょう。面積的にコンパクトな南箕輪村と比べて、広大な伊那市ではどの場所に整備しても「市民誰もが使いやすい立地」にはなりにくいという難題もあります。でも、ここ数年、合併特例債等を活用した数億円規模の公民館的施設が市内各地で建設されたことを考えると、「どこかに子育てに力を入れた施設を整備すべき」という議論がもう少しあってもよかったのかも…とも感じます。反省です。

一般質問の「ママ支援」で取り上げるもう1点の「子連れで利用できる飲食店情報」は、子連れOKな店の情報を集めて市のHPのどこかにまとめればよいだけで、お金もかからず、子育て世代と店の双方にメリットがある話です。商業・地域経済の振興にもつながります。

さて、市の答弁はどうなるでしょうか。
またご報告します。
# by yagitakuma | 2017-12-07 12:54 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

長い一日。

今日は、夕方から松本へ。
例の駅前ビルを内覧させてもらったお礼と報告に、一升瓶を下げて所有者のご自宅に行ってきた。夜の突然の訪問にもかかわらず、招き入れてくれてコタツを挟んで長話。本音も聞けたし、あらためて建物の歴史を知ることができた。

昭和35年に2000万円を投じた建物。「震度7に耐えられる、100年はもつ設計だ」と説明されていたとのこと。たしかに、内部はとてもしっかりしていた。

ビルの1階で昭和60年ごろまで喫茶店を経営しておられた所有者。店での出会いが縁となり、当時の国政の政治家とも昵懇の仲だったという。豪傑が多かった政界の裏話も聞けて、とても面白い。

しっかりと活用の計画を考えて、ご本人が納得できるような提案をしないといけない。あの建物に、熱い思いを持っている人がたくさんいることは、理解してもらえたと思う。

松本に向かう前、午後は地元選出の宮下一郎衆院議員の事務所で、秘書の皆さんに相談に乗っていただいた。アイデアももらえたし、具体的な計画ができれば使えそうな国の制度を探してくれるとのこと。心強い。

今日は早朝から12月議会一般質問の通告締切に向けた作業もあり、長い一日でした。今、伊那に到着。明日からは議会に集中できる。
またご報告します。

松本で出していただいたお茶は、茶柱が立っていた。

「今度は飲みましょうね」
「泊まっていっていいぞ」

新聞記者時代、同じように夜な夜な刑事さんや政界関係者の家に押しかけていたなぁ、と思い出す。
c0283938_22284995.jpg

# by yagitakuma | 2017-12-06 23:26 | 闘う議員日記 | Comments(0)

白鳥孝市長、3期目出馬へ。2期8年の市政への市民、議会の評価はいかに

今週から12月議会が始まりました。
今日の正午が一般質問の通告〆切。今回最も注目を集めそうなのは来年4月の市長選への現職・白鳥孝市長の動向ですが、市長に近い会派の議員の来週の一般質問で、3期目の出馬表明をするようです。

白鳥市長は、ルビコン子会社の社員から、平成16年に収入役として市に入り、副市長を経て平成22年に市長となりました。2期8年、収入役時代から考えると約14年間、伊那市の中枢を担ったわけですが、市民の皆さんの評価を聞いてみたい。

私は議員になって3年半、是々非々の立場でチェックをし、言うべきことは議会の場で指摘をしてきました。党や特定団体に属さず、かつきちんと市長に対峙する議員が少ないためか、私の元には市長に対して厳しい見方をしている方々の声が多く届きます。特に市長に近い立場の方から、そのような見方が強いと感じています。意見が対立しなければ、人情味のある方ではあるのですが。

これから議会としても、白鳥市政2期8年の総括をしなければなりません。
皆さんのご意見も聞きながら、しっかりと議論をしていきたいと思います。
# by yagitakuma | 2017-12-06 13:40 | 闘う議員日記 | Comments(0)