アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

バルストリートプロジェクト、ついに始動!!明後日はローカルベンチャーミーティング

明後日8月1日(火)は、伊那まちローカルベンチャーミーティング。
今回は、伊那まちで秘かに進行中のプロジェクトについて、八木がプレゼンします。

長く廃墟となっていた小さな商店街を、バルストリートとして再生する取り組みです。外から人を呼び込む場所となるために、どんな要素が必要なのか。どうすれば「楽しい!!」「伊那いいね!!」と思える場所になるのか。皆さんとともに考えます。

場所はタウンステーション。時間は午後7時からです。
ぜひご参加ください!!
c0283938_15435995.jpg

# by yagitakuma | 2017-07-30 15:44 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

仙丈ケ岳にロープウェイをかける、という構想。伊那市議会「地域創生対策特別委員会」の議論から

今日は伊那市議会の特別委員会「地域創生対策特別委員会」がありました。議長が「地域創生につながる施策を議会から」との目的で設置して1年と少し。今年中に市に提言する内容をまとめるべく、大詰めとなっています。

何が地域創生につながるのか。ゼロから始まった委員会。
各種団体との意見交換や視察を繰り返し、そのまとめの議論が始まっています。
市が出してくる予算や条例を審議するだけだった議会にとって、ゼロから施策を練るために議員間で議論を重ねることは、なかなか面白い。若い世代が私だけなので、世代間での考え方の違いもわかって勉強になります。

農林業、観光、商業、子育て支援、高齢者福祉…
議論の対象は多岐に渡りますが、皆さんに意見を聞いてみたいことが。

ある先輩議員が提案する、荒唐無稽とも思える提言内容。
それは、「南アルプスの仙丈ケ岳(3,033m)にロープウェイをかける」というもの。

私はもともと環境問題に関心があって信大農学部に来たこともあり、最初は「そんなバカな」と思いました。この先輩議員も、実現は限りなく不可能に近いことは理解しておられます。でも話を聞くうちに、市民の皆さんの意見を聞いてみても面白いのかもしれない、と感じるようになりました。

先輩議員は、こんなことを口にしておられました。

「年寄りだって、登ってみたい。年寄りに綺麗な景色を見せてやりたい。俺だって、冥途の土産にしたいよ。素晴らしい山を、一部のアルピニストだけのものにしておくのはもったいないじゃないか」

先週、ある飲み会の席でこの先輩議員とそんな話をした翌日の未明、先輩議員のご高齢のお母さまが他界されました。「年寄りに素晴らしい景色を見せてやりたい」との思いには、もう動くことができなくなったお母さんのことも、念頭にあったのかもしれません。

「開発をして、儲けよう」との意識なら、理解は得られないでしょう。
でも、「誰もが体験できるように」という思いは、否定するものでもないのかもしれない。

そして、地域活性に取り組んでいると、過去にロープウェイや林道の開発で人が訪れやすくなった場所が、観光地として人を呼び込んでいることに気付きます。

みなさんは、どう感じるでしょうか。
c0283938_020375.jpg

# by yagitakuma | 2017-07-27 00:19 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

次へ!!

次のプロジェクトが動き始めます。
近々お知らせすることができる予定です。
楽しみです。
c0283938_1291070.jpg

# by yagitakuma | 2017-07-25 23:07 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)