アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

山岳観光で真の経済効果を。伊那まち→南ア登山口の直通交通、今週末から運行開始です。

今週末の15日(土)から、我々一般社団法人アスタルプロジェクトの事業として、伊那市中心部と南アルプス登山口の仙流荘を結ぶ早朝直通交通の運行が始まります。団体を設立した3年前から、ずっと温めていた企画です。

早朝5時に伊那市駅を出発し、6時5分発の林道バスに接続。7時には北沢峠から登山を開始できるようになります。地元の白川タクシーに委託し、10月8日まで土曜日を中心に28日間、定員9人のジャンボタクシーにて運行します。今年は試験運行のため無料とし、料金や時間帯等に関する乗客へのアンケートを実施し、来年以降本格的に事業化する予定です。

我々がずっと実現させたかった理由。
それは、伊那市の山岳観光を地域の経済効果に結びつけ、市内の事業者が潤うようにするためです。

2つのアルプスに囲まれた伊那市。これまで行政が山岳観光に莫大な投資をしてきましたが、地域への経済効果が薄いことが課題となっています。その最大の要因は、伊那市駅や高速バスのターミナルがある市中心部から、登山者が求める早朝の登山口への公共交通手段がないことでした。要はマイカー利用者しか早朝から登山を開始することができない。それによって、伊那市中心部には素敵な飲み屋街や商店、多くの宿泊施設があるのに、登山口まで直接乗りつけるマイカー登山者は下山後素通りして帰ってしまっていました。

今回開始する直通交通によって、首都圏や中京圏で金曜日に仕事を終えた登山者が、その日のうちに高速バスで伊那に入り、前泊して早朝から山に向かう-という流れを作る。観光における地域への経済効果を上げるには、宿泊者を増やすことが最も効果的なんです。

c0283938_1582227.jpg

先月末にプレス発表し、新聞や山岳関係のメディアが多数取り上げてくれました。

c0283938_1584050.jpg

アスタル公式Facebookでの告知も今までにない大きな反響で、シェア118件、リーチ数は約4万3000人にも達しています。ありがたい限りです。

運行にかかる費用約30万円は、我々の持ち出しです。自分たちが負担してでも、伊那の最大の財産であるアルプスによって、地域が潤うようにしたい。この取り組みを契機に、伊那がアルプスの玄関口となり、人が集まり、住民がアルプスを誇りに思えるようになってほしい。

お金がないためPRは十分ではありませんが、早い時期の便は予約で埋まり始めており、今後大手山岳雑誌が記事として掲載してくれるため順調に利用者が集まるのでは…と期待しています。

伊那まちを訪れてもらえる機会を作れば、ファンになってもらえるだけの実力がこの街にはあるはず。

利用者数や宿泊者数など、具体的な数字はあらためてご報告します。
応援よろしくお願いします。
# by yagitakuma | 2017-07-13 01:59 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

明日は伊那まちローカルベンチャーミーティング。ここから何かが始まる場所。

明日4日(火)は、伊那まちローカルベンチャーミーティング。午後7時から、場所はニシザワショッパーズ向かいのシェアスペース「ネイバーシップ」です。

ゲストスピーカーは谷口嘉之さん。伊那市に住みながら滋賀県米原市の市民グループ「ルッチまちづくりネット」で、行政と協働しながら様々なまちづくりの活動をされています。最近はじめたmy本箱プロジェクトを中心に、自身の「まちづくろい」活動を話していただきます。きっと参考になるはず。

その他、県が今後始める「空き家活用事業」の概要や、伊那まちでのイベントについても。

ジャズフェスや、シェアスペース「ネイバーシップ」など、この場から様々なものが形になっています。これからも続々と出てきそうな予感。

みなさま、お待ちしてます。
# by yagitakuma | 2017-07-03 21:54 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

今晩のテレ朝系「人生の楽園」で伊那まちが取り上げられます。

忘れてた!!

直前になってしまいましたが、今日の午後6時から、テレビ朝日系「人生の楽園」で、伊那市の通り町商店街が取り上げられます。
どんな内容か把握してないけど、僕たちがなぜこの街が好きなのかを感じていただけると嬉しいです。

見られなかった方は、番組HPから内容を読むことができます。↓
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この番組はシニア世代にとても人気があります。記者時代、取り上げられた店に人が殺到する様子を何度か目にしました。テレビの反響の特徴で、ごく短期間ですが。

伊那まちにも、人が来てくれるかな。
# by yagitakuma | 2017-07-01 18:15 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)