アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

安曇野と伊那と、ヒマラヤと。

昨日は、安曇野へ。

伊那と同じ、アルプスの麓の街。田園風景と北アルプスが美しい。
c0283938_13535587.jpg

でも、伊那からの南アルプスの方が好きだなぁ。松本平から見る北アルプスは、山は近いけど一つひとつのピークが小さく感じる。南アのほうが雄大に感じるのは僕だけかな?

c0283938_13542014.jpg

伊那市西箕輪からの南アルプス。
世界に誇れる景観だと思う。

c0283938_13543654.jpg

伊那市内のネパール料理店に飾られていた、ポカラからのヒマラヤ山脈の写真。
山の高さは南アルプスの倍以上だが、驚くほど伊那からの南アルプスの景観と似ている。

伊那は、一発でその魅力を理解してもらえる財産がある。
その可能性を、もっと伸ばしたい。
# by yagitakuma | 2017-10-01 13:54 | いいね!伊那市!! | Comments(0)

右往左往離合集散…こんな政治でよいのか

記者時代を含め、こんなに強烈な衆院選は初めてだ。
滅茶苦茶だ。安倍総理の解散のタイミングも、東京都を放り出す勢いで総理を狙って勝負に出た小池知事も、主義主張がまったく違う新党への吸収を選んだ前原代表も。
国民は何を選べばいいのだろうか。信じられるのは共産党だけなのか。

野党の隙を突いて解散に打って出た安倍総理も、こんな展開になるとは思っていなかっただろう。イメージだけの寄せ集め小池新党だが、これから公示日までメディアが大騒ぎし、維新の会もすり寄り、かなりの議席を取るだろう。自公が過半数を割る可能性もある。そうなれば、小池総理だ。

一強政治は論外だが、これまで自民党の「対立軸」として地域で認められていた政治家が、主義主張がまったく違う政党にわずか1日で変わってしまった。たとえば私たちの長野5区でも、安保関連法の廃案を訴えてきた候補が、安保関連法を認める小池新党に公認申請を出すという。「打倒安倍」のためなら何でも許されるのか。長期的に見てこんな政治が国のためになるわけがない。また混迷が繰り返される。

民進党がもっと早く解党し、党内の左右がきちんと分かれていたら、自民党に代わりうる保守野党勢力と、共産党と連携するリベラルな野党が誕生していただろう。おそらくそれが、一強を許さず、リベラル層の声もある程度反映される理想的な勢力図となったはずだ。

それもこれも、「総理の専権事項」として独断で突然解散することを許しているからではないか。次の選挙の時期が見えていれば、政策と戦略を積み上げ、与野党も新党も堂々とした議論と勝負ができるだろうに。突然の解散で右往左往離合集散する政治が、良い訳がない。

でも、文句を言っていても仕方がない。
しっかりと見極め、判断するしかない。
# by yagitakuma | 2017-09-20 17:37 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)

初の選挙応援。地方議会がテーマの過激(?)トークライブへ。安曇野方面の方々へ、ぜひお声かけください。

初めて、他人の選挙を応援する。
10月15日投開票の長野県安曇野市議選に立候補する、現職の増田望三郎さん。みなが親しみを込めて「望さん」と呼ぶ。

同議会で最年少の48歳。Iターン組。
ゲストハウスを経営し、最近移住者受け入れのためにシェアハウス事業も始めた。
議員活動は常に市民目線。
真っすぐ熱く、それでいて謙虚かつ優しい目線。どんな意見にも耳を傾ける大らかさ。そして少し抜けた雰囲気が人をひきつける。
旧態依然とした地方議会の中で、共に悪戦苦闘してきた同志だと思っている。

4年前の安曇野市議選直後、「ネット選挙」がテーマのNHK番組で特集されたことでその存在を知り、半年後の自分の選挙の直前に会いに行った。それ以来、中信地域の若手議員の会や、自然保育推進の議員ネットワークで活動を共にし、励まし合ったり愚痴をこぼし合ったりしてきた。

安曇野市議会に、絶対に必要な人です。
そんな望さんの応援のために、地方議会をテーマとしたトークライブが開催されます。
日時は9月30日午後2時から。
コーディネーターは元NHK解説委員で、前回の松本市長選で次点となった臥雲義尚さん。

かなり過激な話になるかもしれません(笑)
安曇野方面に知人がおられる方は、ぜひお声かけください。
詳しい概要は下記の通りです↓

・・・・・・・・・・・・・
政治トークライブ
『安曇野市議選を前に考えよう!
 ~地方議会は必要なの!? 投票すれば安曇野はよくなるの?~』

もうすぐ安曇野は市長・議員を選ぶ選挙です。
議会はみなさんにとって身近なものですか?
市民の代表である議員はみなさんの声を代弁していますか?

「議員は何をしているの?」
「議会は必要なの?」

そんな声も聞こえてくる中、
「政治と議会を市民の身近なものに!」
と立ち上がった3人の若手地方議員が集まり、議会をテーマに熱く語ります。コーディネーターは元NHK記者でフリージャーナリストの臥雲(がうん)義尚。
参加したみなさんと繰り広げる政治トークライブです。

【要項】
出演)増田望三郎(安曇野市議会議員、48歳)
   八木択真(伊那市議会議員、38歳)
   藤井芳広(福岡県糸島市議会議員、39歳)
進行)臥雲義尚(フリージャーナリスト、元NHK記者)

日時:9月30日(土)午後2時~4時
場所:穂高交流学習センターみらいホール
   安曇野市穂高6765番地2
参加費:無料
問い合せ・申込:増田望三郎後援会
      TEL&FAX0263-55-7414
      またはboetu@d6.dion.ne.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・


チラシデータはこちら↓
僕、似てないですね(笑)
c0283938_1321260.png

# by yagitakuma | 2017-09-19 13:00 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)