アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

地区役員の仕事が始まった。思った以上に…

甘かった。思った以上に、えらいことだ。

新年度から地元・坂下区の役員(入舟町総代)の任期が始まります。
先週から引き継ぎや勉強会や顔合わせの飲み会等で仕事が始まりました。
ここのところ昼も夜も予定がぎっしりで時間が取れず、今日ようやく、町総代としてのやるべきことを整理したのですが…。

まずは、20人弱いる組長さんの中から、副町総代や会計を決めなければならない。そして、第一回目の組長会を招集しなければ。そのための新年度の組長さんのリストを渡されたのですが、連絡先は固定電話だけ…。年配の方々ばかりで当然といえば当然なのですが、急いで各家を回らなければ(泣)

仕事も様々なプロジェクトも、すべてメールやメッセンジャーやLINEに頼り、同時進行で高速回転させていくやり方が我々世代では当たり前になっているだけに、これはキツい。でも、やるしかない。

現役世代でも参画できるように、変えるべきところは変えないとですね。
そして、行政も地区の負担の軽減を真剣に考えるべき時代に来ています。
無駄とは言わないけど、時代遅れになっている仕事は少なくない。
でも、まずは経験できることがありがたい。

時間と労力はかなり取られそうですが、他の役員さんが魅力的な方ばかりで、楽しみながらやれそうです。
c0283938_214862.jpg

# by yagitakuma | 2019-03-21 21:48 | 八木たくまの活動日記 | Comments(0)

商工会議所青年部卒業式。先輩からの恩を後輩たちへ

昨日は、伊那商工会議所青年部の先輩方を送る卒業式でした。
写真の右上に僕もいますが、余興で「ヒゲダンス」をやったため変な髪形です(笑)
c0283938_20141790.jpg

可愛がってくれた先輩、仕事や選挙で助けてくれた先輩。名残惜しいです。だんだんと増えてきた自分より若いメンバーに、先輩からいただいた恩を送り継いでいきたいと思います。

入会して4年目。最初は何もわからず、知っている人も少なく…という状態でしたが、今では青年部活動以外の自分の仕事やプロジェクトでも、青年部メンバーの助けがなければ前に進まない、ということが多々あります。本当にありがたい。

仕事や経済活動は、社会の根源です。地域の魅力や強さは、魅力があり、かつ強い会社組織や仕事をいかに増やすかが重要です。だからこそ、経営者の責任は大きい。
先輩経営者から学び、切磋琢磨しながら、成長する。青年部は、そんな貴重な場です。
# by yagitakuma | 2019-03-20 23:12 | 八木たくまの活動日記 | Comments(0)

男の子とお坊さん

知人の息子さんの小学校1年生の男の子が、死について考えるようになったらしい。祖母の死がきっかけだったようで、朝起きたら泣き出したり。そこでお母さんが一緒に、伊那まちの古刹、常圓寺を「ピンポーン」と訪ねた。出てきてくれたお坊さんに男の子が、「死んだらどうなるの?」と聞くと、その若いお坊さんは、「死んだら、愛した人に宿るんだよ」と優しく教えてくれたそうな。

私の家からこんもりと望める常圓寺。毎日午後5時には鐘の音が聞こえてくる。その若いお坊さんが毎日欠かさず撞いているのかな。
これからは違った音色に聞こえそうだ。
# by yagitakuma | 2019-03-19 13:37 | 日々のよもやま | Comments(0)