アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

信大農学部の学園祭「落葉松祭」が中止に…

信大農学部の伝統の学園祭「落葉松際」が、今年は中止となったそうです。
毎年11月ごろに開かれていましたが、実行委員会の担い手が少なく、態勢を組めなかったのが理由のようです。

最初聞いたときはかなり驚きましたし、「それでいいの??」と感じました。
なぜなら、僕たち世代以上のOBは、落葉松際に強い思い入れがあるんです。

「僕たち世代以上のOB」の現役当時は、もう滅茶苦茶なイベントでした。たぶん地方大学で最も滅茶苦茶な学園祭だったと思う。
教室が全て学生の飲み屋で埋まり、学術的なことも文化的なことも一切なく、徹夜で3日3晩飲む、飲む、飲むだけの祭り。

いや、学術的なことや文化的なこともあったんですが、
皆が、徹夜で飲む→昼間は家で倒れてる→夕方から出てきて徹夜で飲む→昼間は家で倒れてる→夕方から出てきて徹夜で飲む……という悲惨なループで、昼間の学術的な展示等は誰も見向きもしなかった、というのが実態です。

女装バーがあったり、変装した教授が一心不乱に廊下でピアノを弾いてたり、トイレはゲロまみれ、サークル棟は怪しげなバンドのライブ会場となって皆が狂ったように踊っていて…
3日目の夜が明けると、生き残った学生による生協前のラジオ体操で終了。

思い出すだけで楽しい。カオス。

今の学生は、そんなの求めてないんでしょうね。
でも、大学側にも問題があると思う。僕たち世代の少し後になると、「学内で酒を飲むな」とか「タバコを吸うな」とか、どんどんと縛りを強めて自由な雰囲気がなくなっていったことも影響しているはず。これからの時代、クソ真面目なだけの大人は通用しませんよ、と声を大にして言いたい。

驚いたことに、教育・工学部の長野キャンパスも、繊維学部の上田キャンパスも、今年は開催するかどうか未定となっているとのこと。松本だけになるのか??

これでいいのでしょうか。
OBで何かやるか!?
c0283938_1892413.jpg

# by yagitakuma | 2018-09-18 18:10 | 日々のよもやま | Comments(0)

現役学生のチャレンジ

農学部の現役学生が、カレー屋開業を目指して動き始めたようです。ブログでのアウトプットも始まった。僕も会社勤めを飛び出して飲食店を始めた身なので、先輩というか同志というか、「ふふふ」という感じで微笑ましく読んでます。

音楽好きな青年で、以前から「YAMA.FES」などのイベントで演奏してくれた縁で知り合った現在4年生。楽しみです。彼のブログはコチラ↓
https://spicecurry-modal.hatenablog.jp

ちょうど、信大農学部の同窓会報「ゆりのき通信」の原稿を書いていたタイミングで、こんな内容のことを書いたばかりでした。

「伊那は人と人との距離が近くて住民の人柄も温かく、支えあう人の輪の中で心豊かに暮らせる街だと感じます。現役学生の皆さん、伊那でチャレンジする人生も楽しいですよ。失敗しても、次がある」

カレー屋なら、工夫次第でほとんど費用をかけずに開業できるでしょう。後は、カレーのランチ需要だけだと儲からないので、どこでペイするか、かな。

横並びで右肩上がりの時代は過去となり、もう「都会に行って、会社勤めして…」という時代ではない。今の日本と地方に必要なのは、彼のように自由にチャレンジできる社会と教育です。

伊那ではまだ、卒業と同時に起業する例は聞いたことがないですね。だからこそ、応援したい。

いつでも相談に乗るよ~
人生は一度きり!!

八木はカレーが超好きです。伊那で誰もやらなければ、いつか自分でやろうかと思っていたくらいです。
c0283938_21375868.jpg

# by yagitakuma | 2018-09-16 21:38 | 日々のよもやま | Comments(0)

\来週末22日(土)は伊那街道秋の呑みあるき!!/

9月22日(土)は、恒例の「伊那街道秋の呑みあるき」が伊那市の中心商店街で開催されます。昨年から秋は土曜日開催となり、地域の外からたくさんのお客さんが来てくれるようになりました。泊まりがけで、伊那の充実した飲み屋街と共に楽しんでみませんか?呑んべえで「飲み屋街マニア」な八木ですが、伊那の飲み屋街、ローカルで旨い店もたくさんあって、いいですよ~

当日は、伊那谷が誇る日本酒8蔵と、地ビールやウィスキー、ワインとシードル、そして養命酒のブースがずらり。フードブースも充実してます。「はしば」は何を出そうか思案中。リクエストがあれば、ぜひ!!

開催時間は16時~20時。前売りチケット6枚綴り2セット(1500円)は伊那市内の酒販店などで販売中。当日券は2000円。雨天決行です。前売り券販売は前日までですが、電話での予約も可能です。予約は正藤酒店(0265-72-2521)へ。

2つのアルプスに囲まれた伊那谷。アルプスの清らかな水、吹き抜ける風。
豊かな環境で育まれる米や果物。伊那谷の豊かな酒文化は、アルプスがふるさとです。
そして、この機会に楽しい伊那まちの魅力を知っていただければと思います。
9月22日(土)の夜は、ぜひ信州・伊那まちに!!

●前売り券販売店(9月21日まで)
斉藤商店、さかや正藤、此君酒店、河野酒店、にんべん酒店、川井酒店、西村酒店、いたや酒店、グリーンファーム、漆戸醸造、仙醸、宮島酒店、小野酒造、本坊酒造、南信州ビール
c0283938_2145946.jpg

# by yagitakuma | 2018-09-15 01:00 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)