アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

ある常連さんと、子供たちのこと。

はしばのことを、すごく愛してくださっているカップルがいる。
いつもカウンターで肩を並べて、忙しいときは注文のタイミングを気遣ってくれて、静かに、でも本当に楽しそうに、いろんな日本酒を、丁寧に飲んで、食べて。そんなお二人。

初めての旅行で出会った酒、昔のバイト先に置いてあった酒。
教えてもらった二人の思い出のお酒は、切らさないように気を付けていた。

でも、この夏ごろから来店が途切れ、どうしたのかな…とずっと気になっていた。

今日、また来てくれた。

彼女は、ソフトドリンク。

「飲めなくなっちゃったんですか?」
「はい」


少し恥ずかしそうに。
オメデタだった。
そうだったのか!!

今日は旦那さんも1杯だけで、幸せそうに帰って行った。

なんだか胸がホカホカする。
そして、これから生まれてくる命を思うと、「頑張らねば」と思う。

昨日はひょんなことから、ある幼稚園の参観日を見学させてもらった。
園児の作品発表の部屋。赤ちゃんの小さな手形の作品から、年長さんの「落ち葉と会話して」言葉を綴った作品まで。命が生まれ、育まれていく様子に目が奪われた。

この子たちは、大人がいないと生きていけない。
子供たちのために、大人たちが、地域が、自分が、何をすべきなのか。

この社会は、社会を未来へと引き継いでくれる子供たちが真ん中であるべきだと強く思う。
我々は子供たちのことを、徹底的に考えているだろうか。

そんなことを思う週末の夜。
でも今日は、乾杯だ!!
c0283938_2353297.jpg

by yagitakuma | 2016-12-02 23:50 | 街のhappy news | Comments(0)