アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

ビジネスも、行政も、大切なことは同じはず。青年部Dayから

日曜日、午後はみっちりセーネンブ。
伊那商工会議所青年部の企画、今回は内部向けの「セーネンブヒストリー」でした。
歴代の部長をお招きし、当時の活動を知り、未来を考える。そんな会でした。
c0283938_21533450.jpg

青年部は若手経営者の集まりで、マジメに「地域活性」を考えながらも部活のようなノリ。
毎月のようにいろんなイベント・企画をやっています。

今回印象に残ったのが、現在の伊那商工会議所のトップで、青年部設立初期の部長だった川上健夫会頭の言葉。
「こちらからお願いしなくても人が来てくれる企画が、需要に合ってる企画で、時代に合ってるということ。これは経営者としても大切な感性で、それを磨くための青年部だ」と。

確かに。
ビジネスも同じだ。
需要からズレていたら、会社は潰れる。

行政も自治体も同じはず。需要(市民のニーズ)をきちんと拾い上げなければ、誰も望んでいないトンチンカンな施策になってしまう。民間の会社と違って潰れないけど…

c0283938_21535943.jpg

夜は忘年会。
大喜利で盛り上がる。
議会モードなのであまり飲めなかったけど、楽しい夜でした。

たまにはグチャグチャになるまで飲みたいなぁ。
なかなかタイミングが合わない。
by yagitakuma | 2017-12-11 23:52 | 日々のよもやま | Comments(0)