アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

提訴。最後の闘いになる。八木家が犯罪被害者に(26)

今月、39歳になりました。
昨年2月、ひき逃げの犠牲となった姉の歳を追い越してしまった。

ずっと僕の1つ上を走っていた姉。これから僕だけがオッサンになっていくことが、なんだか不思議な感じがします。

これまでの経緯はこちらにまとめてあります↓
「八木家が犯罪被害者に」http://yagitakuma.exblog.jp/i17/

今年も、1日も忘れることはなかった。
徐々に記憶が薄れていくのかな…と思っていたけど、彼女が受けた苦しみ、恐怖、無念さを思うと、今でも叫びたくなる。
自分のことより、人のことを常に考えていた彼女のためにも、彼女の分も頑張らなければ、と思う。

c0283938_0563132.jpg

今月15日、大阪地裁堺支部に、川崎愛受刑者と犯行車両の所有者だった男性を相手取り、損害賠償を求めて提訴しました。

飲酒運転を否定し続け、事件直前に一緒に飲んでいた川崎受刑者の知人2人も含め、全ての関係者が逃げ通した。姉の無念さを思うと、このまま終わらせることはできない。

刑事裁判が終わってから、もう一度真実を明らかにするための証拠を求めて、一緒に飲んでいた2人を割り出し、弁護士さんや支えてくれている記者仲間の力を借りながら、もう一度きちんと当時の状況について話を聞かせてもらえないかと頼み続けましたが、相手にしてもらえませんでした。

形の上では賠償金を求める裁判ですが、相手は無保険で支払い能力があるはずもなく、金額がどうなろうと興味はありません。この民事訴訟の意味は、真実を明らかにする最後の機会だということです。

第一回の期日は、2月8日午前10時15分から。民事訴訟はほとんどが弁護士間での書類でのやり取りになるので、傍聴に来ていただいてもあっという間に終わってしまうかと思います。僕自身も行けるかどうかわかりません。

最近、子育て世代の親御さんや、子供たちと触れ合う機会が増えました。
皆、精一杯の愛情を注ぎ、時に大変な思いをしながら、我が子が幸せな人生を送れるよう頑張っている。そんな親と子供が紡いだ時間の積み重ねの結末が、姉のような形で断ち切られる理不尽さをあらためて思う。

僕はまだいい。オカンはどれだけ辛い思いをしているだろう。

提訴のための手続きはようやく終わりましたが、これからだ。
裁判の経過は、またご報告します。
c0283938_0485896.jpg

by yagitakuma | 2017-12-31 00:52 | 八木家が犯罪被害者に | Comments(0)