アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

感謝と誓いと。ヤンチャ議員、最後の日

今日の午前、議員辞職願を議長に提出し、許可されました。
けじめをつけ、退路を断ちました。あとは走るのみ。

議長、副議長と少しの時間でしたが、濃い話ができました。
議会と首長との理想的な関係について、僕の思いを聞いてもらいました。

自分が市長として選んでもらえたあかつきには、市民の代表である議会に、すべての情報をオープンにする。そして、それをもとに対等に、徹底的に活発な議論をし、正しい答えを見出していく行政にする。異論を排除することなく。それが、結果的に議会のレベルアップにもつながり、市民益となるはずだ… と。

最後に、お二人が握手をしてくださいました。
「とにかく、身体に気を付けて、頑張れ」と。
きっと、多くの市民と握手を交わしてきた手なんだろう。あたたかく、包み込むような手だった。若い世代の挑戦を、好意的に受け止めてくれている、と感じた。

議会事務局にも、感謝の気持ちをお伝えしました。
「4年間お世話になりました。ヤンチャな議員で申し訳ありませんでした」と。

本意ではなかったけど、たくさん波風を立ててきたと思う。おかしいと思ったことは黙ってられない性分で、議会事務局の皆さんにとって世話の焼ける議員だったと思います。いろんなことを思い出し、泣けてきて…

最後に庁内を歩くと、すれ違う職員から「頑張ってください」と小声で言われたり、「必ず帰ってきてください」とメールをいただいたり。

皆さんに育てていただいた御恩を、お返しするために。
「市民益」という結果を出すために、そして市役所を楽しくやりがいのある、風通しのよい組織にするために。

必ず、戻ってきます。
c0283938_0275531.jpg

[PR]
by yagitakuma | 2018-02-14 00:28 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)