アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

2015年 04月 16日 ( 1 )

求む!アイデア!!市民と議会の意見交換会が開催されます

こんにちは。

先日の日曜日に、友人たちとの花見がありました。
午前中に住んでいる地区の防災訓練の後、予想していなかった飲み会に参加することになり、地区の役員さんたちに散々飲まされ…

花見に到着したときにはすでにヘベレケ状態。しかも会場では「伊那谷新酒祭り」という素敵な日本酒試飲イベントがあったものだから、久々に記憶を失くしてしまいました。
昼酒は効きます。しばらく断酒だ!!

花見シーズンですが、雨ばかり。天下第一の桜の名所・伊那市の高遠城址公園も、観光客数はかなり落ち込んでいるようです。これは痛い。
今週末に期待するしかないですね。


c0283938_1646985.jpg

今日は伊那市議会の経済建設委員会(商工業・農林業・観光・土木等を担当する議会の分科会です)の打ち合わせがありました。

メーンの議題は、「市民と議会との意見交換会のテーマをどうするか」。
(↑の写真の左端の資料は、先行事例の飯田市議会のチラシです)

伊那市議会は「開かれた議会」への初の試みとして今年、市民との意見交換会を開催します。
「議会が何をやっているかわからない」「必要あるのか??」との疑問、よく耳にします。統一地方選の投票率の低下も、そのあたりに原因があることは間違いない。だからこそ、市民の間に飛び込んでいかなければ!!と。

とはいっても、不特定多数の方々と意見交換するということは結構難しいんです。意見の投げ合いだけで終わったり、陳情や批判合戦になる可能性もあります。だからこそ、テーマ設定は重要。

c0283938_16464153.jpg

他の議員さんからは、「農業振興」とか「幹線道路計画について」とか、いろいろ出ていましたが、僕は市民誰もが関係してくるテーマを提案。
ズバリ、
「あなたが考える地方創生とは」。

地方創生がブームの様相を呈していますが、大切なことは地域で知恵を出し合うことです。口を開けて国の施策を待っていても、霞が関にはアイデアはありませんので。

伊那市でも地方創生のための計画作りがスタートしますが、市民の力を結集して未来へのビジョンを作っていかなければなりません。
そのために、この議会と市民との意見交換会で、アイデアを出し合えばいいのでは?との提案でした。

この僕の案が採用に!!楽しみになってきました。

意見交換会の日程や場所等、決まり次第お知らせします。
皆さんもぜひぜひゼヒ!参加してください!!
[PR]
by yagitakuma | 2015-04-16 16:48 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(1)