アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

2016年 05月 18日 ( 1 )

求むご意見!!今年度の政務活動費について、「こんなことしたい!!」という市民とともに活用したい

猛烈なスケジュールだった先週を乗り越え、6月議会に向けた準備に本腰を入れ始めています。そのご報告の前に、「政務活動費」について。

伊那市議会は会派制をとっており、僕も4人の会派「政和会」に所属しています。いわゆる「保守系」会派で、伊那市議会の中では最も伝統ある会派ですが、議決の際の会派拘束もなく、とても自由に活動させてもらっています。先日の議長選の前に残り任期2年間の会派構成が決まりましたが、政和会では引き続き同じ4人で活動することになりました。

よその議会で何かと問題になる政務活動費も、伊那市議会では個人ではなく会派に出ています。議員1人あたり年間12万円、僕の会派だと48万円。伊那市議会ではこれまで、ほとんどが視察に費やされてきましたが、政和会では「市民を巻き込んだ新たな使い方を!!」と、主に市民参加の勉強会に活用してきました。

過去の勉強会についてはコチラ↓
「政務活動費の新たな活用方法を!!市民参加型勉強会を開催します」http://yagitakuma.exblog.jp/23039836/
「市民参加勉強会の第二弾を開催します!!」
http://yagitakuma.exblog.jp/25232878/

前回の2回は、講師謝金や会場費、チラシ作成を合わせても、1回10万円前後でおさまりました。残りの政務活動費は会派での資料購入などで活用させていただきましたが、2年間とも20万円前後を市に返還しています。

僕自身は政務活動費について、「個人で使えるようにすべき」との考え方です。個人で使い道を考えるようになれば、誰がどんな活動に使ったか一目瞭然になります。会派で使うとなれば、手っ取り早く「視察に行こう」となってしまう。僕の会派でも最初は「どこに視察に行く??」というような議論になりましたが、僕が「今はそんな使い方では市民の理解が得られない」と強硬に反対した経緯があります。
ここには書けない様々な要因もありましたが…それについては直接聞いてください(笑)

そこで。

これから会派としての今年度の活動方針を決め、政務活動費の活用方法についても検討を始めますが、ぜひ「こんなことをしてほしい」「一緒にこんなことができないか」という意見・提案をいただきたいのです。

市の条例では、「政務活動費は、会派が行う調査研究、研修、広報、広聴、住民相談、要請、陳情、各種会議への参加等市政の課題及び市民の意思を把握し、市政に反映させる活動その他住民福祉の増進を図るために必要な活動に要する経費に対して交付する」となっています。

イメージしやすいのは、これまで行ってきた市民参加の勉強会ですが、ほかにも僕たちが思いもつかなかった有意義な活用方法があるかもしれません。
市民とともに活用することで、市民の議会への関心が高まることにつながり、議員の資質向上にもつながると思います。

どうかご意見をよろしくお願いします!!
ご意見はメールでいただけるとありがたいです。
takuma.yagi.ina@gmail.com
まで、お待ちしています(..)
[PR]
by yagitakuma | 2016-05-18 01:21 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(0)