人気ブログランキング |

アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ASTTALプロジェクト( 42 )

泡フェス!!

🍺🥂『泡フェス!』信州・伊那谷シードル&クラフトビアヌーヴォー5th🍎🍏

🥂信州・伊那谷のシェフたちが競演する野外バル、今年も9月7日(土)~8日(日)に長野県伊那市の伊那まちセントラルパークにて開催します。今回は、今年相次いで誕生した地ビールブルワリーも仲間入り!!

🍎アルプスの恵みを愛する農家・ワイナリー・飲食店によるアスタルシードルクラブの野外バルイベント、今年は2日間に拡大し、地ビールを巻き込んだALL伊那谷の「泡フェス!」となりました。

🍺当日は、アスタルシードルクラブがリリースする「伊那谷シードル」のほか、「カモシカシードル」「vanviシードル」、今年伊那に誕生したブルワリー「In a daze Brewing」「ペッカリービール」、大御所の「南信州ビール」もご参加くださいます。

🍖そして、シードルクラブメンバー飲食店のシェフたちが、この日のためにマリアージュを考えた渾身のメニューをご用意します!!極上の伊那谷メニューで、伊那谷の豊かさにカンパイ!しましょう!もちろん伊那谷が誇る地酒やワイン等、シードル以外のお酒もご用意しています。皆様のお越しをお待ちしております!!

●日時:9月7日(土)17:00 ~22:00、9月8日(日)11:00~16:00頃         
●場所:セントラルパーク(伊那市荒井3384)
●参加店舗は随時紹介します!

【問い合わせ先】
一般社団法人アスタルプロジェクト事務局 ☎080-5146-4599
c0283938_12162931.jpg

by yagitakuma | 2019-08-19 12:15 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

横丁飲食チャレンジショップ、募集開始です

★食都・伊那へ★
伊那市駅前で進めている横丁再生プロジェクトの一環で、アスタルプロジェクトがチャレンジショップを作りました。飲食店をやってみたい!という方の募集を開始します。
c0283938_19520165.jpeg
c0283938_19521273.jpeg

伊那の食のシーンは近年、どんどん盛り上がりを見せています。アルプスの恵みを生かした魅力的な飲食店が次々とオープン。農家と飲食店の連携も進み、意欲的なブルワリーも相次いで誕生し、食をテーマにしたイベントも増えてきました。

こんな伊那市で飲食店をやってみたい!!という声もよく聞くものの、融資を受け、設備投資をして…という起業の道は、なかなかハードルが高いものです。そこで、すでに人の流れができているこの横丁のチャレンジショップで、気軽に試運転をしてもらおう!と考えました。

起業のハードルを下げることで店を増やし、伊那の充実した飲食店街がさらに盛り上がり、山に来た方々にもっと楽しんでほしい。そしてもっと、住んで楽しい街に!!

チャレンジショップはかつて小料理屋として親しまれた店を改装した広さ3坪ほどで、席数は地域材で作ったコの字カウンターを囲む10席程度。冷蔵庫やシンク、コンロ等基本的な機器は揃っており、いつでも営業を始められます。住所は伊那市荒井3446-2、「中国菜 木燕(ムーエン)」さんのお向かいです。

使用料は業態や曜日によって変動し、半日1000円~を予定しています。水道光熱費、保険やグリストラップ清掃費も含みます。トイレは横丁の新築共用トイレです。

興味がある方は、お気軽にお問合せください。
一般社団法人アスタルプロジェクト080-5146-4599、sakai@asttal.comまで。
by yagitakuma | 2019-08-06 19:50 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

伊那谷を、いつかシャモニーやツェルマットのように

昨日は、アスタルプロジェクトが運営する登山者向け乗り合いタクシー「伊那まちアルプス直行便」の初日でした。朝4時に起きて、ささやかに出発式を開催。首都圏から南アルプスを目指す4人の登山者が利用してくださいました。
c0283938_18584561.jpg

アルプス登山と、レトロな飲み屋街がある伊那まちをセットで楽しんでもらおう!!という取り組みです。この可能性にあふれた伊那谷がいつか、ヨーロッパアルプス登山の基地として賑わっているフランスのシャモニーやスイスのツェルマットのように、世界中から人が訪れる場所になってほしい。

これまで伊那谷になかった便利な交通手段で、知ってもらえれば必ず需要はあるはずです。コツコツと頑張ります。
今年はすでに、満席に近い便もあります。ご予約はお早めに!!今後の運行スケジュールは下記の通りです。

■運行日程■
令和元年7月20(土), 27(土), 8月3(土), 10(土), 11(日), 12(月), 17(土), 24(土), 31(土),9月7(土), 14(土), 15(日), 21(土), 22 (日), 28(土), 10月5(土)
■運行時間■
(南ア便)伊那市駅前ロータリー4:40発→仙流荘5:15着 
(中ア便)伊那市駅前ロータリー7:30発→桂小場登山口8:00着
■料金■
(1)南ア便お1人2,000円 (2)中ア便お1人1,000円
■ご予約方法■
TEL 0265 -72-2151(有限会社白川タクシー/受付時間9:00~17:00)
by yagitakuma | 2019-07-14 18:57 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

「伊那まちアルプス直行便」、今年ももうすぐスタート!!

アルプスに囲まれた信州・伊那谷のJR伊那市駅前から、南ア・中ア登山口へのお得で便利な直通乗り合い早朝タクシー「伊那まちアルプス直行便」。今年も7月13日(土)から運行開始です。都会で金曜日に仕事を終え、そのまま高速バスで伊那へ→翌日の昼には憧れのアルプスの稜線へ!!宿やレトロな飲み屋街が集まる伊那の街も楽しめますよ。

『南ア便』は、午前4時40分に伊那市駅前を出発し、仙丈ケ岳や甲斐駒ケ岳などの登山基地・北沢峠に向かう南ア林道バスに接続。
『中ア便』は、同駅を午前7時30分に出発し、木曽駒ケ岳への桂小場登山口へ8時に着。
いずれも予約制で、7月13日から10月5日まで下記の日程で運行を予定しています。

■運行日程■
令和元年7月13日(土),14(日), 20(土), 27(土), 8月3(土), 10(土), 11(日), 12(月), 17(土), 24(土), 31(土),9月7(土), 14(土), 15(日), 21(土), 22 (日), 28(土), 10月5(土)

■運行時間■
(南ア便)伊那市駅前ロータリー4:40発→仙流荘5:15着 
【接続する既存の南アルプス林道バス】仙流荘 5:30発→歌宿6:05→北沢峠6:25着
(中ア便)伊那市駅前ロータリー7:30発→桂小場登山口8:00着

■料金■
(1)南ア便お1人2,000円
(2)中ア便お1人1,000円

■ご予約方法■
TEL 0265 -72-2151(有限会社白川タクシー/受付時間9:00~17:00)

■問い合わせ先■
一般社団法人アスタルプロジェクトTEL 080-5531-8988(担当・八木)
Mail: sakai@asttal.com

アスタルプロジェクトは、アルプスを核に信州・伊那谷の地域活性に取り組む団体です。
c0283938_18052283.jpg

by yagitakuma | 2019-07-01 18:04 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

横丁再生プロジェクト。二期工事が始まりました

伊那市駅前の横丁再生プロジェクト、第二弾の工事が始まりました。
職人さんたちとの打ち合わせや、出店希望の方のサポート等、バタバタと時間が過ぎていく。古い建物で、かつ関わる人も多いだけに完成時期は読めない部分も多々ありますが、4月~5月ごろには一斉オープンできればいいな、と思っています。

事業主体である一般社団法人アスタルプロジェクトで負担しなければならない工事もあり、これまでの持ち出し分も大きく、資金的にはかなり苦しい。でも、なんとかなるだろう、なんとかする!と進んでいます。ダメなら家を手放してイチから出直せばいい。こんなときに、妻や周囲が明るく前向きなのはとてもありがたい。
腹の底から「やる」と決めて進めば、なんとかなるものです。

駅から見える入口に電飾のアーチを作って、通り町商店街のシンボルだった王冠のオブジェを復活させたい。
横丁の広場を公園として整備し、ジャズや地ビールのイベントなんかができたら楽しそうだ。

進捗はまたご報告します!
c0283938_23341759.jpg

by yagitakuma | 2019-01-22 23:34 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

\ 夏の終わりに、空の下で乾杯。/

★祝!解禁 第2回シードル・ヌーヴォー、8/26(日)開催!★
一夜限りの野外バル。伊那谷の料理人たちの競演です。

アルプスの恵みを愛する農家・ワイナリー・飲食店が手を組む「アスタルシードルクラブ」。今年も情熱のシードルが完成し、解禁を祝して野外バル「シードル・ヌーヴォー」を8月26日(日)に開催します。
時間は16時~21時、会場は長野県伊那市中心市街地のセントラルパークです。

リンゴ由来の酵母でじっくりと時間をかけて醸す、本場・ノルマンディ地方の製法にこだわったアスタルシードル。今年は「Fuji」に加え、国内最多ブレンドとなる「24Blend」がリリースされます。今年の出来は、過去最高です。理由は当日、会場にて。

当日は、アスタルシードル2種の有料試飲が楽しめ、 [1st. FUJI cider challenge]で金賞を受賞した「カモシカシードル」さんもご参加くださいます。
カモシカシードルとアスタルシードルの「ちょっとだけ試飲セット」なんかも販売しますよ。

そして、シードルクラブメンバー飲食店のシェフたちが、このシードルに合わせてマリアージュを考えた渾身のメニューをご用意します。
参加店舗は、
・TrattoriaGastronomia MONDO(飯田市)
・創作バルFLATT.(伊那市)
・IL PUNTO del bosco(伊那市)
・ブラザーボート(伊那市)
・和そばカフェ(伊那市)
・ヒナタヤ(伊那市)
・伊那まち はしば(伊那市)
・kurabe CONTINENTAL DELICATESSEN(伊那市)

以上の7店舗。
「はしば」は、隠し玉が登場します。

伊那谷シードル片手に、極上の伊那谷メニューで、伊那谷の豊かさにカンパイ!しましょう!もちろん、シードル以外のお酒も豊富にご用意しています。皆様のお越しをお待ちしております!!

●日時:8月26日(日)16:00 ~         
●場所:伊那市セントラルパーク
●お問い合わせは、シードルクラブ事務局
info@asttal.com
080-5146-4599
c0283938_1291529.jpg

c0283938_1292564.jpg
c0283938_1293526.jpg

by yagitakuma | 2018-08-23 23:07 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

伊那谷に広がってきたアウトドアフェス。アスタルプロジェクト「山フェス」も次のステージへ

先週末の2日間、昨年発足した南信州アウトドア協議会主催のアウトドアフェスが、お隣の駒ヶ根市の駒ケ根高原で開かれました。我々アスタルプロジェクトも同協議会に加盟しており、スタッフとしてお手伝いに行ってきました。
お天気にも恵まれ、素晴らしいイベントでした!!

まずは当日の様子を写真にて。
c0283938_23483856.jpg

c0283938_23491021.jpg

c0283938_23493424.jpg

c0283938_23494927.jpg

c0283938_2350574.jpg

広大なキャンプ場を会場に、アクティビティーや物販、アウトドア用品の展示、プロの講演、飲食ブースが楽しめるイベント。4年前から伊那でアウトドアフェス「山フェス」を開催してきたアスタルとしても、とても参考になるイベントでした。

過去の山フェスの様子はこちら↓
御礼と、新たな可能性が見えたYAMA FES.2017https://yagitakuma.exblog.jp/26837876/

これからが正念場。力をもらえたYAMA.FES.2015https://yagitakuma.exblog.jp/24749223/

この地域に必要なのは、幅広い団体が連携し、外部からの集客で地域が稼ぐ仕組みを作ること。都会の人を引き付けるためには、来る人が圧倒されるほどのロケーションの自然の中での開催が必要だな、と感じました。

過去4回、多くの方々のご協力をいただいて開催してきたアスタルの山フェス。地域住民が地域の魅力を共有し、発信するという当初の目的から、次の段階へと進まないといけない。

同様の目的のイベントは、伊那谷各地で開催されるようになってきました。地域が稼ぐ仕組みづくりという最も重要かつ難しい課題をクリアするために、アスタルプロジェクトとしても今後の展開を模索中です。
by yagitakuma | 2018-05-21 23:52 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

やはり原点は、「丁寧な造り」と「楽しむこと」。アスタルシードル、4シーズン目が始まります

原点を忘れないということは、とても大事だなーと思った1日でした。
日曜日にアスタルシードルクラブのメンバーで行ったリンゴの収穫作業。
「伊那で実り、伊那で醸し、伊那で味わう」をコンセプトに始まったオリジナルシードル造りも、4シーズン目を迎えました。来年のリリースに向けて、仕込みが始まっています。
c0283938_13104872.jpg

この日は中央アルプス山麓のリンゴ園で、メーンの品種「フジ」を収穫。
醸造所、酒販店、そして飲食店関係者が集まり、ワイワイと作業が進みました。

本場の仏・ノルマンディー地方の昔ながらの製法で、ドライで豊かな味わいのアスタルシードル。ありがたいことに知名度も上がって造る量も年々増え、「東京でも売ってほしい」という声もたびたびいただきます。

もっと量を増やして東京に売り込み、稼ぐ路線を目指すべきでは…と毎年悩みますが、やはり「造る人、提供する人、味わう人、それぞれが楽しみながら」という原点を大切にしないといけない、とあらためて思いました。

c0283938_13112219.jpg

それを実感したのは、醸造してくれている伊那ワイン工房の村田さんの言葉。
収穫したリンゴをコンテナに移す際、一つひとつ、丁寧に、並べておられました。
この後外部の加工場に持ち込んで果汁を絞る作業を依頼することになるのですが、「雑に放り込まれたリンゴと、丁寧に並べられたリンゴは、加工場でも扱いが違うもんです」と。
なるほど。

たくさん造って東京に売り込もうとすれば、一つひとつ丁寧に並べる余裕なんてなくなるでしょう。そうやって、少しずつ最初の想いからずれていってしまうのかもしれない。

儲けることはとても大切ですが、このアスタルシードルはこのままの路線でいいと思う。

c0283938_13114535.jpg

c0283938_1312735.jpg

伊那の人気店「創作バルFLATT.」のゴリくん一家の子供たちが、いつの間にかものすごく戦力になっていることにびっくり。

c0283938_13123535.jpg

収穫後はみんないい顔です。僕はこの後風邪でダウンしましたが…(笑)

c0283938_13125117.jpg

素晴らしい環境で丁寧に育てられたリンゴ。シードル。
こんな豊かな取り組みに関われることに、感謝です。
by yagitakuma | 2017-11-28 01:09 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

★日程を変更しました(22日→29日)★信州伊那市駅前横丁再生プロジェクト第1弾イベントにご協力を

JR伊那市駅前で長く廃墟となっていた小さな商店街を、グルメ横丁として再生するプロジェクト。10月22日にキックオフとなる「お掃除イベント」を予定していましたが、衆院選の投開票日と重なったため、日程を29日にずらすことになりました。
アスタルプロジェクトのFacebookページでは日程変更をお知らせさせていただきましたが、僕のブログでの変更告知を失念しており…申し訳ありませんでした(..)

ワイワイガヤガヤと楽しい一日になりそうです。引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。伊那まちで飲食店の出店をお考えの方、「掃除、手伝うよ!」という方、レトロな建物が好きな方、ぜひぜひご連絡ください!!

当日の内容に変更はありません。以下詳細を再掲させていただきます。
この日は近くで「朝マルシェ収穫祭」も開催されています。横丁のついでに朝マルシェへ、朝マルシェのついでに横丁へもぶらりと見学にお越しください!!
↓↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
募集する区画は合計8店舗分。一般社団法人アスタルプロジェクトで全体をプロデュースし、今年中に出店者決定→今年度中に工事開始→来春~夏ごろに一斉にオープンする、という計画です。すでに出店希望のお問い合わせを多数いただいております。

この商店街は昭和30年ごろに完成し、飲食店やカメラ屋さん、スナックなどが入っていました。それぞれの店に小さな物語があります。その歴史を繋ぎ、レトロさを生かしながら、伊那谷の魅力をギュッと詰め込んだ横丁として、登山者や観光客が真っ先に訪れたくなる伊那まちの核となる場所になればと考えています。

時が止まっていた建物に息を吹き込む「お掃除イベント」の概要は下記の通りです。出店希望者やプロジェクトを応援して下さる皆さまと共に、不要物の運び出しや掃除をし、建物をよみがえらせます。
なにしろものすごいレトロさで、見るだけでもワクワクしますよ。当日飛び入りも大歓迎です!

1年半がかりで所有者を探し、何度も足を運んで「活用させてください!!」と交渉し、ようやく実現へと進み始めました。これまでご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。今後ともご支援をよろしくお願いします!

アルプスの玄関口として、魅力的な街へ。

【お掃除イベント内容】
日程:2017年10月29日(日)
場所:伊那市駅前中央商店街 (伊那市荒井3447−3)
時間:午前の部 10:00〜12:00
    午後の部 13:30〜15:00
※フル参加でなくても、ご都合に合わせて少しだけ参加も大歓迎です。
内容:物件内にある不要物の運び出し、清掃等
持ち物:特になし(マスク、軍手、ほうき等はこちらで準備いたしますが、持参していただけると助かります)

■参加申し込み・出店等問い合わせ先
一般社団法人アスタルプロジェックト(担当・酒井) TEL 080-5146-4599、 Email: info@asttal.com
c0283938_17563849.jpg

by yagitakuma | 2017-10-14 17:52 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)

伊那市駅前廃墟横丁再生プロジェクト。地方がやるべきことは、強みと財産と地域課題を結び付けること

伊那市駅前の廃墟となっている横丁再生プロジェクト。何が何でも成功させないといけない、と思いを新たにしました。きっかけは、初めての視察対応。

先週末、経済産業省の商店街振興担当の方々がこのプロジェクトについて東京から視察に来られました。各地の特徴的な事例を調べる中で、インターネットで知って連絡をくださったとのこと。雨の中でしたが、現地でじっくりとこれまでの経緯と今後の展望についてお話をさせていただきました。
アスタルの活動や伊那まちの取り組みについての視察は過去に何度かありましたが、横丁のプロジェクトでは初めてです。

今まであまり意識していませんでしたが、完全に民間で、かつ不動産業者ではなく地域活性化団体によるこのような取り組みは、全国的に見ても珍しいようです。お金もない我々が熱意だけで実現できたとなれば、他地域でも参考にしてもらえるのではないか。それによって全国的に問題となっている空き店舗や廃墟の活用が進めば、寂れてしまった各地の中心市街地の再生につながるかもしれない。

地域の強みを知り、地域に眠っている見過ごしがちな財産と結び付ければ、いままで地域で問題となっていた場所(廃墟)が大化けする可能性がある。
それを今回の伊那まちでの横丁再生プロジェクトに置き換えれば、強みは「飲食店の集積地」「アルプスの登山基地」「アルプスが育む豊富な地元食材」であり、見過ごしていた財産と地域課題が「駅前の廃墟」でした。それをつなげた結果が、「廃墟」を「伊那谷の食材を生かし、登山客や観光客が訪れたくなるグルメ横丁」として再生するという計画につながりました。

この取り組みの存在が、このような視察で伊那谷の外の方々に知っていただけることはとてもありがたいことです。

活用できそうな財産は、伊那には他にもまだまだたくさんあります。
次につなげるためにも今回の横丁再生、必ず成功させます。
c0283938_14142320.jpg

by yagitakuma | 2017-10-08 14:08 | ASTTALプロジェクト | Comments(0)