アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:伊那まち・中心市街地のこと( 61 )

\来週末22日(土)は伊那街道秋の呑みあるき!!/

9月22日(土)は、恒例の「伊那街道秋の呑みあるき」が伊那市の中心商店街で開催されます。昨年から秋は土曜日開催となり、地域の外からたくさんのお客さんが来てくれるようになりました。泊まりがけで、伊那の充実した飲み屋街と共に楽しんでみませんか?呑んべえで「飲み屋街マニア」な八木ですが、伊那の飲み屋街、ローカルで旨い店もたくさんあって、いいですよ~

当日は、伊那谷が誇る日本酒8蔵と、地ビールやウィスキー、ワインとシードル、そして養命酒のブースがずらり。フードブースも充実してます。「はしば」は何を出そうか思案中。リクエストがあれば、ぜひ!!

開催時間は16時~20時。前売りチケット6枚綴り2セット(1500円)は伊那市内の酒販店などで販売中。当日券は2000円。雨天決行です。前売り券販売は前日までですが、電話での予約も可能です。予約は正藤酒店(0265-72-2521)へ。

2つのアルプスに囲まれた伊那谷。アルプスの清らかな水、吹き抜ける風。
豊かな環境で育まれる米や果物。伊那谷の豊かな酒文化は、アルプスがふるさとです。
そして、この機会に楽しい伊那まちの魅力を知っていただければと思います。
9月22日(土)の夜は、ぜひ信州・伊那まちに!!

●前売り券販売店(9月21日まで)
斉藤商店、さかや正藤、此君酒店、河野酒店、にんべん酒店、川井酒店、西村酒店、いたや酒店、グリーンファーム、漆戸醸造、仙醸、宮島酒店、小野酒造、本坊酒造、南信州ビール
c0283938_2145946.jpg

[PR]
by yagitakuma | 2018-09-15 01:00 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

盆踊り、ホコ天イベント、ローメン祭り。明日15日は伊那まち商店街へ!!

明日15日の伊那まちは、イベントが盛りだくさん。
夜は商店街が歩行者天国になり、輪投げや100円くじなどのゲームや飲食の屋台が並び、午後7時前からは昨年復活した盆踊りが開催されます。「はしば」も出店しますよ♪

今年は、60年前の伊那市が舞台となった日活映画「大森林に向かって立つ」の上映会があります。主演は小林旭と浅丘ルリ子。伊那市駅前ロータリーでの盆踊りでデートをするシーンがあるそうです。そんな60年前の伊那まちや盆踊りの風景をみんなで観よう!!との企画。チケット販売収入の一部は、盆踊り開催の資金になります。

ホコ天に先立って、午後4時からはセントラルパーク(旧市役所)にて「伊那ローメン夏まつり」も開催されます。ローメンのほかにも、スイカの無料配布やビンゴ大会、よさこい演舞などこちらも盛りだくさん。

盆踊りは午後6時45分から8時半まで。ローメン夏まつりは午後4時から9時まで。上映会の時間と料金は下記の通りです。ローカル感満載で、大人から子供まで楽しめる商店街になりそうです。明日の夜は、ぜひ伊那まちへ!

「大森林に向かって立つ」上映会
①13:00〜14:30  ②16:00〜17:30 場所は「シマダヤ」1階
大人 1000円 (前売り 800円) 中高大学生 800円 (前売り 600円) 小学生以下無料
[前売り券取り扱い店舗]プレイガイド「ベルシャイン伊那店」/ワイルドツリー /コーヒーとサンドイッチおかもと/酒屋正藤/kurabe/いたや酒店/赤石商店/いなまちはしば/cafeたね
c0283938_17491098.jpg

[PR]
by yagitakuma | 2018-08-14 17:49 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

明日は「いなまち朝マルシェ」。今年も始まります!!

★朝から酔ってもいいじゃないか★
明日24日(日)は、今年最初の「いなまち朝マルシェ」。
「はしば」も野菜たっぷりメニューで出店します。もちろん、自慢の酒もひと通り揃えて大人不良マルシェ(コラ)! たまには、朝からグデングデンになってもいいと思う!!

時間は午前9時~正午まで。
場所はいつものセントラルパークです。
天気も良さそうですね。お待ちしてます!!
c0283938_19472890.jpg

[PR]
by yagitakuma | 2018-06-23 19:47 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

今週土曜日は、伊那まちジャズナイト!!

今週土曜日は、伊那まちジャズストリートwith キャンドルナイトが開催されます。
レトロな商店街を舞台に過去最多9バンドが競演。野外バルで楽しみましょう!
「はしば」も出店しますよ~

年々規模が大きくなる伊那まち恒例のジャズイベントで、日時は6月16日(土)午後18時から。出演バンドと、飲食店が決まりました!!かなり贅沢な夜になりそうです。
当日は18時から21時の間、通り町のいなっせからセントラルパークまでを歩行者天国とし、県内外のプロ・アマ9バンドが、暖かく揺れるキャンドルの炎をバックに、ロマンティックかつ情熱的な音楽を奏でます。

巨大野外バルも出現します!!みなさん、ぜひ!!

■参加ジャズバンド
伊那中ビックバンド、ツインアルプスビックバンド、フランク石田&代田カルテット、高田カルテット、Sue&フレンズ、ハッピーナッツ、太田&岡&祖父、信大Jazz研(2バンド)
■出店飲食店
●出店
ざんざ亭・豆腐工房まめや・はしば・みのやさくら亭・生ビール正藤・餃子 らでん・お茶屋いちえ・セジュール・八百屋808・カリカリブック・ASTTALシードルクラブ・Kurabe
●飲食店によるコラボ贅沢プレート『伊那谷前菜プレート』限定30食!コラボ店:Kurabe・IL PUNTO・はしば・みのやさくら亭

c0283938_16474862.jpg

[PR]
by yagitakuma | 2018-06-14 16:47 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

輝くローカリスト誕生の予感。明日はローカルベンチャーミーティング

明日6日(火)は、起業を語る、伊那まちを語る恒例のローカルベンチャーミーティングです。今回は、「自分に合った仕事って何だろう?」という感じのゆる~いテーマ。理想の仕事を探してお悩み中のアラサー男子が、思いを語ってくれます。

発起人としては、個人的には「さっさと起業してしまえばいいのに」と思っていますが(笑)
この場から何かが生まれそうな予感です。

その他、「伊那まちでこんなことしたい」というアイデア、相談、何でもアリです。
時間は午後7時から、場所はいつものタウンステーション(いなっせ向かい)です。
お待ちしております!!
[PR]
by yagitakuma | 2018-03-05 07:24 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

伊那市駅前の廃墟ビル。中に入るとすごかった

JR伊那市駅前の廃墟となっている4階建てのビル。先日内部を見させてもらいました。
c0283938_15364877.jpg

「廃墟」だなんてとんでもない。素敵すぎて、クラクラしました。
許可をもらえたので、その様子を少しだけ。

c0283938_15371379.jpg

高い天井、ドーンと開放的な窓。照明もレトロでカワイイ。
この写真は2階ですが、基本的にはどの階も同じ構造のようです。

c0283938_15373242.jpg

4階からの景色がすごい。ここがコワーキングになったら、仕事がはかどるだろうな…

c0283938_15375641.jpg

屋上は、思わず歓声が上がります。
広い伊那谷。
2つのアルプス。
伊那まちのゴチャゴチャ感が可愛い。

4階のコワーキングで仕事をして、早く終わらせて屋上でビールを飲んでるヤツがいて、うらやましいから自分も仕事を早く終わらせようと頑張って…
うーん、仕事がはかどりそう(笑)

古い建物なので中もボロボロかな…と心配していましたが、ものすごくしっかりとした造りになっていました。

これはなんとかしないともったいない。
何が何でも所有者を説得して、再生させます。

明日5日(火)午後7時からの伊那まちローカルベンチャーミーティングで、このビルの活用アイデアを募ります。すでにいろんなアイデアをいただいています。みんなの「こんな場所、あったらいいな」を実現したい。

人を熱くさせるものが、この建物にはあるようです。
[PR]
by yagitakuma | 2017-12-03 01:35 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

廃墟ビルは「使える」との判断!!明日内覧、来週5日のローカルベンチャーミーティングで活用方法会議を

一昨日投稿した、JR伊那市駅前の廃墟ビルの件。
今日、伊那市内の設計事務所で相談に乗っていただき、「建物は問題なく使える」と言っていただきました。
使うとしても耐震補強で多額の費用がかかるでしょうし、所有者が譲ってくれるかどうかも確定ではありませんが、ひとまず活用方法を探るための議論を始めることができそうです。ホッとひと安心。土地の地主さんも、協力してくれそうです。

明日、関係者で内部を見させてもらい、来週5日火曜日の「伊那まちローカルベンチャーミーティング」で、活用方法について皆さんとともにアイデアを出し合いたいと思います。明日写真を撮ってきますし、設計図も借りてきたので、中を見ていない方でもイメージできるかと思います。

ローカルベンチャーミーティングは、5日(火)午後7時から、場所はいつものタウンステーションです。途中入退場自由、ざっくばらんな会なので、皆さんぜひ知恵をお貸しください。

現時点での僕のイメージは、
4階がコワーキングスペース(眺めがよさそうです)、
住居だった3階がゲストハウス、
屋上が登山者向けのテントサイト、

かなー。

1~2階は何がいいだろう。
駅前だし、案内所的な機能がほしい。
地下もある。

まだ使わせてもらえるかどうかまったくわかりませんが、妄想するのは楽しいものです。
[PR]
by yagitakuma | 2017-11-30 18:12 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(1)

駅前のビルの件、追記です

昨日投稿したJR伊那市駅前の廃墟ビルの件、SNSでたくさんご意見をいただいています。
「もう古くて使えないだろう」「建て直した方がいいのでは」等々。
多くの方が関心を持ってくださっているようなので、追加で状況をご説明します。

大前提として、老朽化が進んでいるこの建物が使用可能かどうかは不明です。

ただ、複数の建築の専門家に外観から判断してもらった限りでは、「お金をかければ使えるのでは」との見解です。ともあれ、まずは建物内部も見て使用可能かどうか判断することが重要。使えるか使えないかわからないまま時間が過ぎるのを傍観していても誰の得にもならない、ということは断言できると思います。
このビルは複雑な事情があって放置されてしまってきましたが、所有者は愛着を持っておられますし、このたたずまいに惚れている人間も少なからずいることも事実です(僕も)。

使えないなら、取り壊す算段と跡地をどうするかを考えねばなりません。
使えるなら、活用方法を考える。

放置すれば、いずれは市民の税金で取り壊すしか手段がなくなる可能性が高いです。使えるのなら、アイデア次第では伊那まちのランドマークに生まれ変わる可能性が出てきます。
今度の内覧が、それを判断する第一歩となればいいとの考えです。

「壊して建て直した方がいいのでは」との意見もあるでしょう。
しかし今の地域の経済状況では、この場所に新たに商業施設を作る民間業者がいるでしょうか。駐車場スペースもなく、介護施設も困難でしょう。加えて、地主さんの関係もあり、新規で何かが建設されることはほぼありえないと考えられます。

以上の理由から、何とか活用する道を探るのがよいのではないか、というのが現時点での僕の判断です。そして、それは民間でしかできません。
[PR]
by yagitakuma | 2017-11-29 15:17 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

伊那市駅前の廃墟再生第2弾となってほしい。内覧を許されました

JR伊那市駅前に点在する廃墟となっている大型物件。
c0283938_20282020.jpg

その中でも一番目立っていた駅のド真ん前の4階建てビル。
約2年前から所有者の方のご自宅に通い続けていましたが、ようやく中を見ることを許されました。

かなり古いので、建物が使えるかどうかわかりません。
でも、かつての伊那の賑わいを見下ろし続けてきた趣あるビルです。どうにかして再生させたい。
どのような活用方法があるか、民間の知恵が試されます。

今週金曜日の午後に、中を見てみます。
もし強く興味がある方、アイデアがある方は、直接僕までご連絡ください。
[PR]
by yagitakuma | 2017-11-28 20:27 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

伊那まちのイベントシーズンが終わりました。様々なチャレンジを、来年も。

楽しい企画が盛りだくさんだった伊那まち。
日曜日の「朝マルシェ」で今年の大きなイベントがすべて終わりました。

ジャズフェス、盆踊り、呑みあるき…。
今年は新たなチャレンジがたくさんありました。商工会議所青年部として関わった伊那まつりも含め、どのイベントにも多くの方々の「街を盛り上げよう」との熱い思いがありました。「伊那まち、いいね!!」の輪が広がっていることを感じます。

商店街の衰退が各地で問題となっていますが、この規模の地方都市でこんなに楽しく、豊かな街はなかなかないと思う。来年はどんな展開になるでしょうか。今から楽しみです。

c0283938_10335837.jpg

最後の朝マルシェは、アスタルの横丁再生プロジェクトの大清掃の合間に。大好きなNEMOさんのライブに間に合いました。
久々に昼から飲んでやった。雨の中でしたが、朝マルシェを愛する人たちが過ぎゆくシーズンを惜しむように集まり、とても心地良い時間でした。

人と人とのつながりで、次々と楽しい企画が誕生する。豊かな街です。
その土台には、ずっとこの街で暮らし、商売を続けてこられた商店主の皆さんの献身的な想いがあることを忘れてはなりません。どのイベントにも、決して若くはないのに、テントや机や椅子を運び、汗を流す商店主の皆さんの姿がありました。

今後は、設営や撤収を手伝ってくれる人の輪を広げていきたい。たとえば信大生に、「タダで酒をご馳走するから来いよ!」と呼びかけるとか。

中心市街地の活力は、地域全体が元気だという印象につながると思います。
持続可能なイベントにしていくために、知恵を絞ろう。

ありがとう、伊那まち。来年も楽しみにしています。
[PR]
by yagitakuma | 2017-11-01 10:34 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)