アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のよもやま( 88 )

今日より明日が、ほんの少しでも

今日じっくりお話をした人生の大先輩。
身の上話は少しだけだったけど、苦労人で、壮絶な人生だったことが伝わってきた。でも、底抜けに明るくて、前向き。「今日がダメでも、明日があるさ、と思って生きてきた」という言葉にグッときた。

あらゆる人にとって、今日より明日が、ほんの少しでも笑顔が増える社会になってほしい。困っている人も、そうでない人も。

年が明けて以降、いろんな方々とじっくりとお話をする機会に恵まれています。
このような機会が、議員として足腰を鍛えてもらえるのだと思う。
体調は万全になりましたが、インプットばかりで発信できなくて申し訳ありません。

大雪のニュースばかりですが、伊那の積雪は少しだけでした。本当にありがたい。
明日も全力で。
by yagitakuma | 2018-01-24 01:10 | 日々のよもやま | Comments(0)

30年ぶりに病院に…健康は大事だ

身体が強いのが取り柄の八木ですが、情けないことに先週、風邪で寝込んでしまいました。喉に違和感があるな…と思っていたら、発熱。熱は1日半で治まったのですが、その後無理して打ち合わせやら会議やらをこなしていたら、完全に声が出なくなってしまい…

これには参った。身体は何ともなくても、声が出なければ何もできない。
意識していなかったけど、議員活動ってものすごい会話量なんですね。

病院や薬に頼ることはほとんどなかったのに、困って咽喉科へ。
歯医者を除けば小学生時代のおたふく風邪以来かな?真っ赤に腫れた声帯の内視鏡映像を見せられて、「とにかく話をするな」と。

昨日あたりからようやく声が出るようになりました。
健康は大事だ。
インフルエンザも流行っているようです。皆さんもどうかご自愛を。
by yagitakuma | 2018-01-14 22:53 | 日々のよもやま | Comments(0)

焼きそばパンと、元大阪人が感じる理不尽

時間がなくて車内メシ。
c0283938_14103059.jpg

焼きそばパン。旨い。
ふと思った。

大阪では食堂のメニューに「お好み焼き定食」的なのがあって、関東の人間からは「炭水化物で炭水化物を食うってどうよ」とバカにされたものです。
でも、焼きそばパンも一緒じゃねーか。こっちは誰もバカにしない。
なんでやろか??

どうでもいいことですが。
by yagitakuma | 2018-01-05 14:09 | 日々のよもやま | Comments(0)

布袋様が来てくれた

遅くなってしまいまいましたが、明けましておめでとうございます。
毎年のことですが、僕の正月は元日だけゆっくりさせてもらって、2日から「はしば」の仕事始めでした。

今年も年末年始の伊那の飲み屋街は、帰省してきた若い人たちで大賑わいでした。
店の中で同級生が偶然再会したり、常連の先生と遠方から帰省してきた教え子が偶然再会したりと、カウンターの内側から僕も嬉しくなるような場面がたくさんありました。

初詣のおみくじは、大吉でした。
今日は「はしば」の玄関先に、小さな布袋様が落ちていました。何かいいことがありそうな予感。

今年も、住む人も出身者も、誰もが誇りに思える地域になるよう、そして住む場所、訪れたい場所として選ばれる伊那市となるよう、さらに頑張ります。

本年も、どうぞよろしくお願いします。
c0283938_2130032.jpg

by yagitakuma | 2018-01-03 23:28 | 日々のよもやま | Comments(0)

ある柴犬の記事に泣いた朝。

僕はけっこう涙もろい性格なんですが、今日は朝から泣けました。
朝日新聞社会面のコラム「窓」。
c0283938_16453433.jpg

東日本大震災で被災した福島県で、仮設住宅で暮らしていたご夫婦と柴犬の「文太」と、文太がきっかけで続いた愛知県内の高齢女性との交流の話でした。

記事の内容は、
震災直後、避難所で記者に向かって吠えている文太と、優しい眼差しの飼い主の写真が紙面に載ったことをきっかけに、半世紀前の伊勢湾台風で飼い犬を見殺しにしてしまった経験がある高齢女性が文太に会いに行き、その後もずっと交流が続いていた。文太は今年11月に17歳で旅立ち、ご夫婦が「文太のおかげで、優しい人たちに出会えたね」と、こたつで晩酌しながら今も語り合っている
という内容でした。

温かく、少し寂しく、でも人のやさしさに嬉しくなるような記事。

僕は紙の新聞が好きで、今も地元紙・全国紙4紙に毎日目を通していますが、いつもこの朝日新聞の「窓」が、いちばん印象に残る。派手な記事でも、特ダネでもないけど、このような社会と人々の息遣いを伝え、記録するような視点が、ジャーナリズムが最も大切にしないといけないことだと思う。

最近は、このような記事がめっきり減りました。どこの新聞社も記者の「現場力」が落ちてきているのかもしれない。人々の小さな喜怒哀楽に共鳴するような、「足で稼ぐ仕事」ができていないのかもしれません。

議員の仕事も、新聞記者と同じです。
人に会い、身近な課題を解決し、小さな喜怒哀楽から社会のあり方を探っていく。
そんな日々の活動が、とても大切だと思う。

政治は権力であり、だからこそ小さな喜怒哀楽に耳を傾けないといけないと思う。
それが、平和で優しい社会の実現につながっていくんじゃないかな。

そんなことを思った年の瀬の朝でした。

今日は仕事納め。「はしば」をみんなで大掃除し、グチャグチャになっていた事務所を片付け、自宅も掃除し…。先ほど終了。無事に年が納まりそうです。

多くの方々に支えていただいた一年でした。
今年もいろんなことがありました。
関わってくださったすべての皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

新しい年が、一人でも多くの方が「いい一年だった」と振り返ることができるような年になることを、心から願っています。

皆さま、どうかよい年をお迎えください。
また来年もよろしくお願いします。

平成29年12月31日
八木択真
c0283938_16461023.jpg

by yagitakuma | 2017-12-31 16:46 | 日々のよもやま | Comments(0)

気合いを入れて

昼も夜も仕事がパンパンだった12月も、もうすぐ終わります。
今日は皆さん、仕事納めだったかと思います。
役所関係も動きが止まり、明日から昼の予定がなくなる。
あいさつ回りの合間に、ようやくたまった事務作業ができる。ありがたい。

夜の伊那まちは、これからが賑わいのピーク。
30日まで、僕も店で大忙しです。
c0283938_18532840.jpg

しばらくメシもろくに食べられなかったから、気合いを入れるためにカツカレー。
伊那北駅前の「みどり」。
旨い。食べるって、大事ですね。

さて、今年ももう一息。頑張ろう。
by yagitakuma | 2017-12-28 18:53 | 日々のよもやま | Comments(0)

パンとアルプスと名水と。この贅沢、やめられない

議会の昼休憩に、車で10分ほどの「とみがたベーカリー」へ。
c0283938_13131693.jpg

入り口からの中央アルプスが絶景。天竜川の西側からの南アルプスの眺めも好きだけど、ここは伊那の里で最も迫力あるアルプスかもしれない。

c0283938_13133458.jpg

のんびりとした空気の店内でパンを買い、近くの名水でドリンクをゲットし、
輝くアルプスを眺めながら車でムシャムシャとかじる。

c0283938_13135275.jpg

久々に塩パンにありつけた。旨い。

ほんの30分、わずか数百円で、この贅沢。伊那はやっぱりすごい。
この日常の豊かさを、もっと多くの人に知ってほしいものです。

やばい、時間だ。
さーて、再び議場へ。
by yagitakuma | 2017-12-14 13:14 | 日々のよもやま | Comments(0)

ビジネスも、行政も、大切なことは同じはず。青年部Dayから

日曜日、午後はみっちりセーネンブ。
伊那商工会議所青年部の企画、今回は内部向けの「セーネンブヒストリー」でした。
歴代の部長をお招きし、当時の活動を知り、未来を考える。そんな会でした。
c0283938_21533450.jpg

青年部は若手経営者の集まりで、マジメに「地域活性」を考えながらも部活のようなノリ。
毎月のようにいろんなイベント・企画をやっています。

今回印象に残ったのが、現在の伊那商工会議所のトップで、青年部設立初期の部長だった川上健夫会頭の言葉。
「こちらからお願いしなくても人が来てくれる企画が、需要に合ってる企画で、時代に合ってるということ。これは経営者としても大切な感性で、それを磨くための青年部だ」と。

確かに。
ビジネスも同じだ。
需要からズレていたら、会社は潰れる。

行政も自治体も同じはず。需要(市民のニーズ)をきちんと拾い上げなければ、誰も望んでいないトンチンカンな施策になってしまう。民間の会社と違って潰れないけど…

c0283938_21535943.jpg

夜は忘年会。
大喜利で盛り上がる。
議会モードなのであまり飲めなかったけど、楽しい夜でした。

たまにはグチャグチャになるまで飲みたいなぁ。
なかなかタイミングが合わない。
by yagitakuma | 2017-12-11 23:52 | 日々のよもやま | Comments(0)

リスタート

スケジュール的に少々無理がある2週間が終わり、「やっと半日休める」と思った瞬間に熱が出た。ラスト2日の外でのイベントが効いたのか…。もう若くないと思い知らされる。

でも、1日で復活。ちょうど週末に先輩からいただいたドラッカー関連の本を読むことができた。
恥ずかしながら、初めてきちんとドラッカーに触れた。多くの示唆に富んでいる。
このような考えを持って行動する人が地域で増えれば、間違いなくその地域は強くなると思った。

さて、リスタートして自分がやるべきことを、がむしゃらに。
by yagitakuma | 2017-11-27 23:22 | 日々のよもやま | Comments(0)

再び新宿へ

今日はJC伊那青年会議所の青少年育成事業で、東京へ。
正午から新宿のモア4番街で、地域の子供たちとともに農産物を販売します。
先ほど雪のアルプスを望む朝焼けの畑でダイコンを収穫しました。寒かった~

販売は午後3時までの予定です。販売するのはリンゴやお米などなど。
伊那の農産物、本当に旨いです。近くに用事がある方は、ぜひお立ち寄りください!!
c0283938_737963.jpg

c0283938_73731100.jpg

by yagitakuma | 2017-11-25 07:37 | 日々のよもやま | Comments(0)