アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

信大農学部の学園祭「落葉松祭」が中止に…

信大農学部の伝統の学園祭「落葉松際」が、今年は中止となったそうです。
毎年11月ごろに開かれていましたが、実行委員会の担い手が少なく、態勢を組めなかったのが理由のようです。

最初聞いたときはかなり驚きましたし、「それでいいの??」と感じました。
なぜなら、僕たち世代以上のOBは、落葉松際に強い思い入れがあるんです。

「僕たち世代以上のOB」の現役当時は、もう滅茶苦茶なイベントでした。たぶん地方大学で最も滅茶苦茶な学園祭だったと思う。
教室が全て学生の飲み屋で埋まり、学術的なことも文化的なことも一切なく、徹夜で3日3晩飲む、飲む、飲むだけの祭り。

いや、学術的なことや文化的なこともあったんですが、
皆が、徹夜で飲む→昼間は家で倒れてる→夕方から出てきて徹夜で飲む→昼間は家で倒れてる→夕方から出てきて徹夜で飲む……という悲惨なループで、昼間の学術的な展示等は誰も見向きもしなかった、というのが実態です。

女装バーがあったり、変装した教授が一心不乱に廊下でピアノを弾いてたり、トイレはゲロまみれ、サークル棟は怪しげなバンドのライブ会場となって皆が狂ったように踊っていて…
3日目の夜が明けると、生き残った学生による生協前のラジオ体操で終了。

思い出すだけで楽しい。カオス。

今の学生は、そんなの求めてないんでしょうね。
でも、大学側にも問題があると思う。僕たち世代の少し後になると、「学内で酒を飲むな」とか「タバコを吸うな」とか、どんどんと縛りを強めて自由な雰囲気がなくなっていったことも影響しているはず。これからの時代、クソ真面目なだけの大人は通用しませんよ、と声を大にして言いたい。

驚いたことに、教育・工学部の長野キャンパスも、繊維学部の上田キャンパスも、今年は開催するかどうか未定となっているとのこと。松本だけになるのか??

これでいいのでしょうか。
OBで何かやるか!?
c0283938_1892413.jpg

by yagitakuma | 2018-09-18 18:10 | 日々のよもやま | Comments(0)

現役学生のチャレンジ

農学部の現役学生が、カレー屋開業を目指して動き始めたようです。ブログでのアウトプットも始まった。僕も会社勤めを飛び出して飲食店を始めた身なので、先輩というか同志というか、「ふふふ」という感じで微笑ましく読んでます。

音楽好きな青年で、以前から「YAMA.FES」などのイベントで演奏してくれた縁で知り合った現在4年生。楽しみです。彼のブログはコチラ↓
https://spicecurry-modal.hatenablog.jp

ちょうど、信大農学部の同窓会報「ゆりのき通信」の原稿を書いていたタイミングで、こんな内容のことを書いたばかりでした。

「伊那は人と人との距離が近くて住民の人柄も温かく、支えあう人の輪の中で心豊かに暮らせる街だと感じます。現役学生の皆さん、伊那でチャレンジする人生も楽しいですよ。失敗しても、次がある」

カレー屋なら、工夫次第でほとんど費用をかけずに開業できるでしょう。後は、カレーのランチ需要だけだと儲からないので、どこでペイするか、かな。

横並びで右肩上がりの時代は過去となり、もう「都会に行って、会社勤めして…」という時代ではない。今の日本と地方に必要なのは、彼のように自由にチャレンジできる社会と教育です。

伊那ではまだ、卒業と同時に起業する例は聞いたことがないですね。だからこそ、応援したい。

いつでも相談に乗るよ~
人生は一度きり!!

八木はカレーが超好きです。伊那で誰もやらなければ、いつか自分でやろうかと思っていたくらいです。
c0283938_21375868.jpg

by yagitakuma | 2018-09-16 21:38 | 日々のよもやま | Comments(0)

\来週末22日(土)は伊那街道秋の呑みあるき!!/

9月22日(土)は、恒例の「伊那街道秋の呑みあるき」が伊那市の中心商店街で開催されます。昨年から秋は土曜日開催となり、地域の外からたくさんのお客さんが来てくれるようになりました。泊まりがけで、伊那の充実した飲み屋街と共に楽しんでみませんか?呑んべえで「飲み屋街マニア」な八木ですが、伊那の飲み屋街、ローカルで旨い店もたくさんあって、いいですよ~

当日は、伊那谷が誇る日本酒8蔵と、地ビールやウィスキー、ワインとシードル、そして養命酒のブースがずらり。フードブースも充実してます。「はしば」は何を出そうか思案中。リクエストがあれば、ぜひ!!

開催時間は16時~20時。前売りチケット6枚綴り2セット(1500円)は伊那市内の酒販店などで販売中。当日券は2000円。雨天決行です。前売り券販売は前日までですが、電話での予約も可能です。予約は正藤酒店(0265-72-2521)へ。

2つのアルプスに囲まれた伊那谷。アルプスの清らかな水、吹き抜ける風。
豊かな環境で育まれる米や果物。伊那谷の豊かな酒文化は、アルプスがふるさとです。
そして、この機会に楽しい伊那まちの魅力を知っていただければと思います。
9月22日(土)の夜は、ぜひ信州・伊那まちに!!

●前売り券販売店(9月21日まで)
斉藤商店、さかや正藤、此君酒店、河野酒店、にんべん酒店、川井酒店、西村酒店、いたや酒店、グリーンファーム、漆戸醸造、仙醸、宮島酒店、小野酒造、本坊酒造、南信州ビール
c0283938_2145946.jpg

by yagitakuma | 2018-09-15 01:00 | 伊那まち・中心市街地のこと | Comments(0)

あきらめの歴史に終止符を打ってほしい。沖縄県知事選

沖縄県知事選が始まりました。
米軍普天間基地の辺野古沖への移設の是非を争点とした、事実上の一騎打ち。沖縄県民の大部分は、「普天間基地の返還は求めるが、辺野古への移設もやめてくれ」というものでしょう。しかし今回の選挙の争点は、「移設に断固反対するか、金をもらってあきらめるか」となっています。

移設推進の安倍政権が支援する佐喜真候補は、移設の是非には触れない戦術をとっています。争点を隠したまま勝利し、結果として辺野古の埋め立てが進んだ場合、沖縄のあきらめの歴史が続くことになる。私は、沖縄の友人を目の前にして「金をもらって基地を受け入れておけばいい」とは絶対に言えない。

急死した翁長前知事は、法的には辺野古移設が止めようがないことがわかっていたようで、「万策尽きたら夫婦で一緒に辺野古で座り込む」と口にしていたそうです。
この言葉を知ったとき、涙が出た。

今回の選挙が、「普天間基地の返還」と、「辺野古にも移設しない」という2つの沖縄の願いを、日本の全国民が一丸となってアメリカと交渉を開始するきっかけとなることを、心から願っています。
by yagitakuma | 2018-09-14 22:33 | 日々のよもやま | Comments(1)

禁煙化の流れ

タバコの自販機に、「9月末で販売を終了します」との張り紙が。
c0283938_1851342.jpg

喫煙人口、減ったからなぁ。居酒屋を経営していると、この数年で激減したことを実感します。加熱式タバコの普及で、煙たい状態になることもほとんどなくなりました。

東京五輪に合わせて、東京都が飲食店の禁煙(従業員を雇用していなければセーフ)を決めました。飲食店関係者の中には反対論も根強いですが、時代の流れ。僕は愛煙家の意見も嫌煙家の意見も理解できますが、煙が迷惑なのは事実。「はしば」でもスタッフは全員非喫煙者で、経営者としては受動喫煙が気になるんです。

近々、カウンターだけでも禁煙にしようかと思っています。

全国チェーンの居酒屋が全店原則禁煙にしたところ、客単価は下がったけど家族連れが増えて客数は増加したそうです。禁煙にすることで新たな客層が開拓できるはず。

この際、国が全国的に禁煙にしてくれた方がありがたいと思う今日この頃です。(伊那市の飲食店組合としては、反対の署名を集めていましたが)
by yagitakuma | 2018-09-13 18:51 | 日々のよもやま | Comments(0)

暴力や虐待は連鎖する。体操暴力問題と記者時代の経験から

日本体操協会のパワハラ、暴力問題について。
宮川選手への暴力を理由とする、日本体操協会による速見コーチの処分発表が発端となった今回の騒動。宮川選手の反論会見によって塚原夫妻らのパワハラ問題へと発展し、ややこしい展開となっていますが…

今回の件で感じたことは、「暴力は連鎖する」ということ。
宮川選手への暴力行為があった速見コーチは、会見で「自分も子供の頃に叩かれる指導を受けていた」と語っていました。

記者時代、虐待事件を何度も取材しました。
虐待した親の多くが、自身も子供の頃に虐待を受けていました。
暴力や言葉による虐待は、「それが愛情や親の責任だ」と勘違いしていた例も多々ありました。

連鎖を止めるためには、「暴力は子供や選手のためにならない」という理解を広げなければならない。今でも年配の男性を中心に、「自分たちはぶん殴られて育った」というような声をよく聞きますし、僕自身もそう思ってしまう部分もあります。
でも、認識をあらためなければ。

「感情を抑えられない」「恐怖で支配しようとする」ような指導者・リーダーは失格で、何より暴力は何も生み出さないことを肝に銘じなければなりません。それは、スポーツの指導者だけでなく、教師も親も、経営者も皆同じです。
by yagitakuma | 2018-09-12 23:23 | 日々のよもやま | Comments(0)

巨大与党の衰退の始まりかもしれない。総裁選に見る自民党とこの国の政治の行方

自民党の総裁選の論戦が昨日、スタートしました。いつになく考えさせられる総裁選です。

長い伝統がある自民党内の選挙であり、政策の根本にそれほど極端な違いはないと思われます。本来主要な争点となるべきだったのは、5年9カ月の安倍政権の功罪。しかし、石破氏の援軍に安倍総理に近い吉田博美参院幹事長(長野県選出、伊那谷の方です)がついたことで、それもぼやけてしまいました。

安倍長期政権の功罪については、ここでは置きます。とにかく強く感じるのは、親安倍派と反安倍派の間で、延々と激しい罵り合いが繰り広げられるようになったことによる社会のギスギス感。それは、今回の総裁選でも垣間見えるような気がします。

それぞれの選挙区で勝ち抜いてきた自党の政治家に対して、「支持しなければ干す」「誓約書を提出させる」などという流れは、有権者をあまりにも軽視している。実際に、前回衆院選では長野5区の伊那市でも、「小選挙区は宮下一郎さんに入れるけど、今回は比例で自民とは書かない」との声がかなりあったことが届いていないかのようです。

加えて今回の総裁選で、災害や外遊を理由に安倍総理の陣営が論戦の機会を狭めたことは、政治のあるべき姿と言えるのか。選挙という機会を通して、侃々諤々の議論を国民に開示し、この国の将来像を示し、共に考えてもらうことが必要であるはずです。

議論がない集団は、良くて現状維持でしかない。大多数の議員が権力にぶら下がる風潮の中では、人材も育たないでしょう。まったく力のない野党に当分は期待できそうにありませんが、今回の総裁選が、自民党の衰退の始まりではないかと感じているのは私だけでしょうか。

昨日、自民党本部で行われた総裁選の出馬演説と共同記者会見から、両候補の政治姿勢が感じられる部分がありました。以下に抜粋しておきます。

真正面から議論をし、批判にも真摯に対応し、異なる意見を排除しない本来あるべき姿の政治に少しでも近づくことを願ってやみません。

【安倍総理】
「この6年間、私なりに全力を尽くしてまいりました。同時にさまざまなご批判もいただきました。もっと良いやり方があったのではないか。こうすればもっと国民の皆様のご理解を得ることができたのではないか。そう自らに問いかけなかった日は一日たりともありませんでした。たしかに、私は至らない人間であります。新たな任期に挑戦することを機会に、さまざまなご批判を真摯に受け止めながら、自らを省みて、改めるべき点はしっかりと改め、謙虚に、そして丁寧に政権運営を行ってまいりたいと考えております」


【石破元幹事長】
「どこで誰が何に悲しみ、どこで誰が何に苦しんでいるかっていうことを知らないで政治をしてはいけないのだと思っています」
「私は法律にしても、予算にしてもそうですが、成立すればそれでいいというものだと思っていない。たとえ反対をされても、これがどういうものであるのかというご理解を頂かなければいけない。特に憲法であるとか、社会保障であるとか、そういうことが国論を二分していいとは私は思わない。どうやって一人でも多くの方の、『賛成はできないけど政府のいうことは理解できるよね』っていうことじゃないかと私は思います」
 「政府は逃げてないね、正面から国民に向き合っているね、お願いですから分かってください。そういう手法を私は取っていきたいと思っています」

by yagitakuma | 2018-09-11 23:07 | 日々のよもやま | Comments(0)

雄大な景色、きれいな空気。歩いて日本一旨いお米をゲットしよう!!29日に「歩撮スタラリー」開催

天竜河畔に広がり、中央アルプスの絶景が楽しめる伊那市東春近田原地区で9月29日、自然や歴史文化などのチェックポイントを写真を撮りながら巡る「歩撮(ほと)スタラリー」が開催されます。主催は我らが伊那商工会議所青年部。現在、出場チーム(家族)を募集中です。
c0283938_20502316.jpg

かつて流行った「オリエンテーリング」の写真撮るバージョン、と言えばわかりやすいでしょうか。3時間以内に、チームで地区内に設けられたチェックポイントを探し、その場所の写真を撮って帰るルール。チェックポイントごとに点数が決められていて、その点数の合計で順位を競います。子供さんがいるチームはさらに加算!!
上位入賞チームは地元産の米やりんごジュース・シードルなどがゲットできます。

青年部は田原地区で毎年、泥んこサッカー大会や田植え・稲刈りイベントを開催してきました。田園風景と中央アルプスと河岸段丘のコントラストが素晴らしい田原の魅力を生かした新たな企画です。

賞品の田原のお米は、南アルプスから流れ下る三峰川水系の水で育てた「川下り米」と呼ばれていて、食味は「新潟・魚沼のコシヒカリを超える」とのデータもある、抜群に旨い米です。伊那市最南端で最も標高が低く、「春が近い」って地名もいいですよね。
当日は、その田原米のオニギリや豚汁のふるまいもありますよ。

かつては沼だったという一帯の、先人たちが苦労して受け継いできた田園風景の中で、ぜひ旨い空気を味わいに来てください!!きっとストレス発散になると思います。

事前の申し込みが必要で、締め切りは9月14日。詳しくは伊那商工会議所青年部(0265-72-7000)までお問い合わせください。こちらの青年部HPエントリーページからも応募可能です↓↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdPgConCl_xkIHp4vPc6UlhbR2_q6hi0oNeNPblthYsHtqgrw/viewform?usp=sf_link
c0283938_20504192.jpg

by yagitakuma | 2018-09-09 23:49 | いいね!伊那市!! | Comments(0)

平常時も活躍する、災害時の車での必需品

北海道地震。当初の予想よりかなり早く電力が復旧したようです。関係者の皆さんの決死の努力があったことでしょう。でも、これが真冬の北の大地だったらどのような事態になっていたか、想像するのも恐ろしい。

大災害が起きるたびに、被災者が困るのが停電によって情報難民となること。テレビもラジオも動かず、携帯電話の充電も安否確認などで使っていれば半日で終わってしまいます。情報が得られなくなると、不安が増すばかり。逆にSNS等で周囲とつながっていれば、なんとか平常心で行動できるものです。

僕はかなり前から、車で使える車載コンセント(インバーター)を愛用しています。
c0283938_18182752.jpg

シガーソケットに挿すだけで使えて、携帯やパソコンの充電ができて、家電も小さなものなら動きます。

新聞記者時代、支局等の拠点がない場所に事件や災害で派遣されることが多く、マイカーでもレンタカーでもハイヤーでも使えるように常備していました。2000円前後で手に入りますし、非常時以外でも便利です。キャンプでも活躍しますよ。マイカー普及率が高い地方では、備えておいて損はないアイテムです。

心が痛む報道が続いている今だからこそ、今一度、非常時の持ち出し物資や家族間の連絡方法、そして周囲のどこに危険箇所があるのかを、家族で、地域で確認しなければなりません。
この国から災害はなくならない。でも、皆がどこかで他人事だと思っている。
自戒を込めて、少しでも犠牲者を減らすための不断の努力をしなければ、と思います。
by yagitakuma | 2018-09-08 23:15 | 日々のよもやま | Comments(0)

大地震

猛烈な台風の次は、大地震。震度7という揺れが、どれだけ恐怖だっただろう。
東日本大震災の約1か月後、取材で訪れていた仙台で震度6強の余震に見舞われた。恐怖を感じる余裕もなく逃げることもできず、ただ固まることしかできなかったことを思い出す。当分は余震が続くだろう。安否不明の方々の救出と、一日も早く平穏な日々が戻ることを祈るしかない。

厚真町の土砂崩れの光景は衝撃だった。土砂崩れや洪水、津波の危険性が少しでもある場所には住まないことが最大の備えだが、そうするとこの国には住む場所がほとんどなくなってしまうだろう。かといってコンクリートで固めても災害を完全に防げるものでもない。

最近、周囲でご不幸が相次いだ。
人はいつか死ぬ。
今を精一杯生きるしかない、と思う。
by yagitakuma | 2018-09-06 23:31 | 日々のよもやま | Comments(0)