アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

会派・議長選…伊那市議会ってこんなとこ①

市民の大半は、「こんな議会、いらねーよ」って言うだろうな。
今の正直な感想です。
議員になって約20日。覚悟はしていたけど、市民感覚と議会の現実とのズレを実感し、考え込む日々でした。
悩んでも反発しても何も始まらない。地域の未来のために、一歩一歩やってくしかないですね。

選挙が終わってまず始まったのは、議会の「会派」づくりのための動きでした。
当選が決まった直後から、会ったこともない議員さんから続々とメールや電話で「ウチの会派に入らないか」という誘いが来ました。

伊那市議会は会派制をとっています。会派とは、国会の政党のようなものです。
会派は議員2人以上で構成し、会派に属さないと「議会の進め方を決める議会運営委員会で発言権がない」「希望する委員会に入れない」等々、活動がやりづらくなる。
会派制の目的は、現状では「様々なことを会派の間で調整することで、議会運営を円滑に進める」―ということになるでしょう。

本来なら、議員同士が理念や目指す議会のあり方を話し合い、その上で誰と組むかを決めるべきでしょう。そんな動きは一切なく、新人議員の取り合いの末になんとなく会派が決まっていく。これでは活発な議会運営になるわけないですね。変えていかないと。

大きく分けると「新政クラブ(8人)」「政和会(4人)」「平成クラブ(4人)」「共産党(3人)」「公明党(2人)」の5つの会派で、僕は政和会に入ることにしました。
新政クラブは市長与党の色が強すぎ、平成クラブは70歳代の議員さんが多くて僕とは世代が違いすぎるためです。
政和会は保守系ではありますが、「是々非々」の伝統があります(「あった」というのが正しいか?)。市の議案に対する賛成・反対等々、会派で意見を縛る「会派拘束」もなく、地域の国会議員や県議との距離感も自由です。それなら縛られることはないな、と。

新たな会派を作ることができればよかったんですが、僕以外の若手が当選を果たせず、苦渋の選択でした。

そして昨日、今日と、議員になって初めての議会がありました。議長・副議長など議会内の体制を決めることが主目的の臨時議会です。
議長、副議長ともに本会議で21人の議員による選挙で選ばれますが、事前に会派間で調整済みの出来レース。何の緊張感もない。市民不在。これも変えていかないと、いつまでたっても市民の議会への関心は薄いままでしょう。

愕然とすることが多い当選後の20日間でしたが、1人の力では何も変えられない。

伊那の将来像を描くためには、多くの市民が関心を持ち、議論に参加することが大切です。
でも、議会に対する市民の視線はものすごく厳しい。何も期待されていない。そしてそれが市政へのあきらめと地域の将来への無関心につながっている。

その危機感をほかの議員の方々と共有し、改革するために努力していきます。
まずは仲間づくりから。

みなさんも、どうか関心を持ち続けてください。
ご意見・要望・聞きたいことがあれば、どんどん連絡をください!

八木携帯090-1829-2149
メールアドレスtakuma.yagi.ina@gmail.com
# by yagitakuma | 2014-05-16 16:50 | 八木たくまの伊那市議日記 | Comments(1)

疑問にこたえるために

選挙後も今後を見据えてバタバタと動き続け、自分の体力の限界を知りました。一昨日の夜に数か月ぶりにガツンと寝て、ようやく体が普通に動くようになりました。

店の営業もひっそりと再開。いろんな方々がお祝いと激励の言葉をかけてくださいます。
そのたびに身が引き締まる思いです。

「議員って何するの?」という疑問。誰もが感じているのではないでしょうか。みなさんが議員の仕事をイメージできないほど、地方議会の仕組みは時代遅れになりつつあると思います。
議員の仕事の実態。これからの時代に議会がどうあるべきなのか。これからみなさんにご報告していこうと思っています。

今日は、来賓として招待していただいた地元・坂下区の交流会に参加してきます。
こうやって地域とつながりが深まっていく。よそ者の僕をあたたかく受け入れてくださった地域への感謝を忘れずに、活動していこうと思います。

では行ってきます!
# by yagitakuma | 2014-05-06 13:43 | 伊那市議選2014 | Comments(0)

一夜明けて

おはようございます。昨日、当選証書とバッジをもらって、諸々の手続きをしてきました。

選挙の結果は25人中11位。1497人の方が「八木たくま」と書いてくださいました。

いろんな方が声をかけてくれますが、地盤も組織も金もない、しかも伊那出身でもないのにここまで票数が伸びたのは、奇跡だそうです。

応援していただいたみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。


僕への支持は、まだ期待票でしかない。スタートラインに立てただけです。これから全力でやります。しっかりと見ていてください。この場でもどんどん情報発信していきます。

今回出馬した若手3人のうち、突破できたのは僕だけになってしまいました。投票率も下がりました。選挙に無関心な若い人たちに、議員をきちんと選ぶことの意味を伝えることができなかった僕たちの敗北だと思います。

でも、繁華街もない地方では、若い世代に直接訴えることがほとんどできません。街頭で訴えても、住宅街を戸別訪問しても、若い世代に会って直接訴えるのはとても難しい。マスコミも市議選のことはほとんど取り上げてくれません。
いったいどうすればいいのか。
今回の世代別投票率はまだ聞いていませんが、前回市議選は20代の投票率は30%代
でした。

市議会の議論をオープンにする、どんどん地域に飛び込む、若手がワクワクする街づくりを提言していく…。これからが本番です。関心を持ってもらえるように、全力で取り組みます。昨日からすでに動き始めています。


議員に対しての「何もしねぇくせに」「選挙の時だけ活動しやがって」という批判はよくわかります。でも、批判するだけじゃなくて一歩踏み出した僕の立場から、発信すべきメッセージもあるはず。

「投票にも行かないやつは、水道代が高いとか保育料が高いとか若者向けの店がないとか、絶対に文句言うなよ!自分たちの地域は自分たちで良くしていくしかねーんだよ!!!」

みなさんも、知恵をください。

そして常に辛口で、八木たくまをチェックし続けてください。
# by yagitakuma | 2014-04-29 08:55 | 伊那市議選2014 | Comments(3)