アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

大阪へ。最後の仕事

店づくりの合間に17日から3日間、大阪へ。

春まで勤めていた会社からの依頼で、法廷の証言台に立つという貴重な経験をさせてもらいました。僕が現場で取材した事件に関連した訴訟の証人として。

開始前、僕を含め原告側と被告側の証人計3人が証言台の前に並んで立ち、「ウソはつかないことを誓います」といった内容の宣誓書を声を揃えて読み上げる。ひな壇に並ぶ法服の裁判官に向かって。小学校の教室のようだ。

会社側弁護人と原告側弁護人双方から計20分ほどの尋問。傍聴される側になるとはなんとも不思議な気分でしたが、さほど緊張はなく、思ったより落ち着いて証言することができました。
ただ、会社の方々がご馳走してくれた前夜の飲み会は終了が午前2時半。日頃の疲れもあって、自分の出番を法廷の外で待っている間に廊下の椅子で眠り込んでしまって……

先に証言台に立っていた先輩に慌てて探し回らせるという大失態。
弁護士さんは「何百人も証人尋問してきたけど、開始前に寝てた人ははじめてですわ」。

ごめんなさい(..)


前日は弁護士さんとの打ち合わせの後、大阪社会部の同期の仲間や後輩、お世話になった先輩方が飲み会を開いてくれました。退職時は有給休暇に入ると同時にバタバタと伊那に移住してカフェ作りを開始しただけに、きちんと挨拶できないままだった方がたくさんいました。
辛いときも楽しいときも、共に走り回り、愚痴をこぼし、遊んだ面々。先輩方からは僕のこれからの道へのアドバイスをいただき、同期や後輩たちとはバカ話や職場の現状を。夜討ち朝駆けの日々でお世話になったハイヤーの運転手さんとも再会できて、とても楽しい夜でした。


記者時代は、赴任する土地ごとに友人や可愛がってくれる方々がたくさんできました。でも、何か事が起きればすぐに現場に駆けつけなければならない身。休日でも担当エリア外に自由に遠出できず、転勤後はほとんど会えなくなってしまう人がほとんどでした。
退職すれば会いやすくなるかな、と思っていたけど、新しいことを始めるとなると余裕がなくて余計に会えなくなってしまった。

一人ひとりとの出会いが自分を育ててくれた。思い続ければいつかまた会えると信じよう。


「頑張れよ」と送り出してくれた方々の思いを無にしないよう、走り続けます。
# by yagitakuma | 2013-09-20 20:41 | 記者時代 | Comments(2)

コツコツ、地道に続けてました②

旧橋場歯科のカフェへの改装工事。

夏の暑さにダウンしそうになりながらもコツコツ続けてきました。

大まかな工事や設備の搬入はほぼ終わりました!ずっと焦りながら夢中でやってきたんですが、今日の午後に「あれ?もう作業するとこ、あんまりないぞ」と。

ようやくひと段落のようです。

2か月ぶりになってしまいましたが、「こんな風になりました」のご報告を。細かなところは書ききれないですが…時間をかけてこだわった甲斐がありました。ありふれたものでなく、この建物の雰囲気を生かした空間になってきたと思います。

まずはカウンター。
c0283938_23313278.jpg

土台の完成が2か月前。

Afterは↓
c0283938_23323952.jpg

デザイン、強度ともに自信作です!地元のアカマツの間伐材を使わせてもらいました。カウンターだけで十日間はかかったかな。
本職の建具職人さんに「これは20万円はもらえる仕事だな」と褒めてもらいました!
カウンター作りの記録だけで膨大な写真の量になるので、制作過程はまた機会があれば自慢させてください(..)

次はこれも苦労したトイレ横の手洗い。
以前は異臭が上がってくるキタナイ小便器でした。
c0283938_23334058.jpg

これが…

c0283938_23341047.jpg

c0283938_2335828.jpg

蕎麦を打つときの「こね鉢」の古いやつを探してきて、穴をあけて削って腐らないように特殊塗装して…と四苦八苦して配管につなぎました。蛇口もアンティークのやつを買って修理して。配管も自分でやったので、水が出たときの感動はすごかった!

そして…
c0283938_23353893.jpg

温水便座や水道の電熱保温やらいろんなコードがむき出しでグチャグチャだった味気ないトイレ。

c0283938_23361979.jpg

こんな感じに。「コードを隠す」「トイレットペーパーホルダー」「タオルかけ」の3つを一気に解決する方法として思いついたのが、水道やガスに使う鉄管をつないでオブジェのように壁を這わすこと。写真右側の壁にくっついてます。鉄管を切断してネジ山を切ってつなぐやり方を教わったからこそできたデザインで、思いついたときは自分でもかなり盛り上がったんですが、仲間の反応は意外と薄く…まぁまた気に入らなくなったらやり直します。。


c0283938_2337226.jpg

奮発して新品で買った業務用の大型冷蔵庫もみんなに手伝ってもらって搬入。男4人がかりでもキツかった。
「自分の店だから問題なかろう!」と、冷蔵庫の中に入ったはやりの悪ノリ写真を撮りたかったけど…自制しました。大人になったなぁ…

c0283938_23372917.jpg

厨房もほぼ完成です。

今後はメニューを練り上げ、仕入先との交渉や食器等々足りないものを揃えること。明日には保健所への営業許可申請が通るかどうかを助言してくれる「食品衛生推進員」の方が見に来てくれます。オープンは10月の第一週あたりになりそうです。

決まり次第ご報告させてもらいます!
# by yagitakuma | 2013-09-12 23:40 | 伊那まち はしば | Comments(2)

最後?の力仕事

旧橋場歯科の改装も、いよいよ大詰めです!

ずっとどうしようか迷っていた玄関先のブロック塀。
c0283938_1640473.jpg


なんとなく湿っぽく暗い雰囲気。でも別のものにするのは大変だし、まあいいか!と放置していたのですが…
仲間からは「暗い」「家みたいで店の塀じゃない」と大不評。

「今からやってる余裕はねーよ」
「んなもん俺がやってやるよ!」と、例によってテキトーかつ無計画な酒の席でのやりとりがあり…

思い切って壊すことにしました。

2日前の雨降りの日曜日。

c0283938_1652025.jpg

勤め先の会社の人から借りてきてくれたカワイイ重機で意気揚々と現れた破壊大好き男マツオカ。

最初はデカいハンマーを使って手作業の予定だったのですが、甘かった。やっぱりコンクリの塊は頑丈だ。この重機がなければたぶん10分くらいであきらめていた(笑)

c0283938_16423564.jpg

第一撃!

倒れたブロックの塊をハンマーでぶっ叩いて小さくして、軽トラに手作業で積み込む。
雨の中の作業。ずぶ濡れ。でもここまでドロドロになったら逆に気持ちいいな。

頑固な切り株があったり、歯科医院時代の立て看板の基礎に手こずったり、電気工具が火を噴いて臨終したり…いつものごとくトラブルも満載。

c0283938_16522653.jpg

壊さなくてもいいところまで壊したマツオカ(笑)

c0283938_1644545.jpg

奮闘7時間。撤去完了!

c0283938_1645744.jpg

もうひと息ズク(根性・頑張り。伊那弁です)を出して木を植えて。


快晴の翌日。
c0283938_16454493.jpg

家屋の解体で出る瓦を再利用した砂利を建設会社から仕入れてきて、昨日掘り下げておいた玄関先に敷く。同時に昨日出たブロック塀の廃材を軽トラに積み、処理場に持っていく。力仕事で全身がミシミシと…キツイ!!


c0283938_1653620.jpg

完成だ!!

通る人も「良くなったねぇ」とほめてくれる。

植木が9本で約1万円、踏み石が7個で約6000円。植木の土が12袋で約2000円。瓦を砕いた砂利が軽トラ2回分で190円(←これは安い!)。
計1万8千円チョイ!
感謝感謝です。

これが最後の力仕事のはず…


店の完成まであと少しだ。
# by yagitakuma | 2013-09-10 16:56 | 伊那まち はしば | Comments(0)