アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

歯医者の年末年始の予定です

ごぶさたしておりました(..)

さっき店が終わって片付けをしていたら、外から「あ~歯医者が終わっちゃった…」という声が聞こえてきました。
「歯医者」という響きがなんだかうれしい。「はしば行こうぜ!」より「歯医者行こーぜ!」と言ってもらえる方が、この建物も喜んでくれるんじゃないかと思いました。

明日15日は定休日でお休みさせていただきますが、16日から30日までは休まず営業します。年始も元日から開けようかな、と思ってます。

久々の伊那の冬。体にこたえますねー。
あわただしい師走。みなさんもご自愛を!!
[PR]
# by yagitakuma | 2013-12-15 01:11 | 伊那まち はしば | Comments(0)

やはり問題があると思う。特定秘密保護法案について

今週末にも成立の可能性がある特定秘密保護法案。日々の余裕のなさから自分自身の考えをまとめることができていませんでしたが、やはり問題があると思います。少し長くなりますが…


ひとつは、制定の主な目的が「保秘を徹底しないとアメリカから重要な極秘情報が提供されない」とされていますが、この法律があったからといって本当に極秘情報が提供されるようになるのかとの疑問。

二つ目は、政治家や官僚がこの法律を悪用し、特定の情報について都合よく秘密指定しようとした際のセーフティーネットがないことです。
特に二つ目の問題については、僕は自分自身の新聞記者時代の経験からも、その危険性を感じています。

数年前に取材した、とある県の公共事業の入札。
県側が入札結果を不正に操作し、特定の業者に落札させた競売入札妨害の疑いが濃厚でした。県警が動きましたが、捜査は2か月ほどで事実上打ち切られました。当初から現場の捜査員も捜査2課の幹部も、僕に対して「クロ」との見方を示していたのに、です。
捜査打ち切りの理由についての捜査2課の幹部の説明は、大まかにいえば「落札から外された業者が問題のある業者だから」というもので、それまで県の幹部が僕に対して暗に訴えていたことと同じものでした。
要は県が「この業者だけは落札させたくない」と考えて入札を操作したと考えられます。県警もそれに理解を示したのか、県から県警に圧力があったのか…

いずれにせよ、どんな理屈があったとしても、これは犯罪です。情報公開請求で県の担当者の当時のやりとりを明らかにしようとしても、核心部分が黒塗りされた文書が出てくるばかりでした。

強調したいのは、「行政組織は時に、一見まっとうに聞こえる独特の理屈で、誤った判断をすることがある」ということです。


どんな組織でも、どれだけ優秀な官僚や政治家でも、判断ミスや過ちはありえることです。


自民党幹事長の石破茂氏は著書「国防」の中で、自衛隊の存在についてこんな趣旨のことを述べています。

「『日本が他国から攻撃を受けることはないだろう』というギャンブルに国民を巻き込むわけにはいかない」

要は、どこかの国が暴走して日本を攻めるという可能性が未来永劫完全にゼロではない以上、どれだけ反対論があっても軍備は必要だ。万一攻撃を受けた時に政府が「国を守る備えをしていませんでした、ごめんなさい」と白旗を揚げるわけにはいかない、ということです。僕はこれは正論だと思っています。

この視点を渦中の特定秘密保護法案に置き換えると、官僚や政治家が判断を誤る可能性がゼロではない以上、秘密指定が恣意的な運用にならないよう、個々のケースについて正しいか間違っているかを判断する第三者機関が絶対に必要ではないでしょうか。これを最低限クリアするべきだと思います。

僕はこの法案が成立したからといって、「戦争ができる国になる」「一般市民が突然逮捕される」といったことに直結するとは思っていません。日本の民主主義はそれほど低レベルではないと信じたい。でも、「政府や官僚の判断は常に正しい」という過信を感じる現在の内容では、絶対に認めるべきではないと強く思っています。
[PR]
# by yagitakuma | 2013-12-03 17:24 | 日々のよもやま | Comments(0)

南アルプスの風になる。マウンテンバイクライド初体験

伊那の山奥に、風になれる場所がありました!

ご紹介が少し遅くなりましたが…
今月8日。南アルプスに囲まれた伊那市長谷で、マウンテンバイクで山道を走るツアーを開いている名取将さんに誘っていただき、マウンテンバイクライドを初体験してきました。
なまった体にはキツいかな…と思ってましたが、登りはバスを使いライドは下りだけ。
紅葉と白く輝くアルプスに見守られながら山肌を駆け下る爽快感!五感を刺激されて大興奮でした。こんな経験ができる場所が伊那にあるということを自慢したい気分です。


この日は地元の方々を中心に、7人ほどのツアー。

c0283938_10152665.jpg

午前9時、道の駅「南アルプス村長谷」近くの駐車場に集合。レンタルのバイクとヘルメットを手に、ブレーキング等々簡単な講習を受けてバスへ。

ここから20分ほど、近くの鹿嶺高原への林道をクネクネと。

c0283938_10155921.jpg

車窓からは中央アルプス。

c0283938_10162472.jpg

真っ盛りの紅葉のトンネルです!

c0283938_10165582.jpg

ライドのスタート地点は、南アルプスの峰々が目の前にドーンとそびえています。

c0283938_10172385.jpg

左に甲斐駒ヶ岳

c0283938_10175315.jpg

右に仙丈ケ岳!日本じゃないみたい。この景色だけでもお腹いっぱいになる。


c0283938_1018319.jpg

名取さんの後に続いて林業用の道を怖々と下る。ガタガタ道で景色を眺める余裕なし。「視線はルートの先」が基本だそうですが、全身に力が入って…。

でも慣れてくると少しづつ視界が広がって、快晴の空と紅葉と緑のコントラストが。
c0283938_10191340.jpg

休憩のたびに景色に歓声が上がってました。

どんどん下る!

午後からは少し難易度の高いコースへ。
コーナーリングのコツを教わりながら、調子に乗ってスピードを上げて…

1回だけ転倒(><)

とてもとても写真を撮る余裕はなかったけど、一人で走ってたら谷底に落ちそうな場所もありました。それがまたドキドキ感があって、たまらんのです。


c0283938_10213896.jpg

イメージしていたより手軽で、子供から大人まで楽しめる場所でした。
今回は落ち葉のじゅうたんの上を走ることができましたが、新緑の季節も真夏の緑も、四季折々の魅力がありそうです。


c0283938_1020251.jpg

名取さん。
このコースは名取さんが7年前から地権者の許可を得て整備を始めたそうです。軽トラックが入れる林道もあれば、高原への放牧のために牛を連れて歩いていた細い道も。それらを少しづつ、根気よく、仲間とともに手作業でコースとして仕上げておられます。

標高差約1000メートル。7つのコースで全長は30キロ以上!地権者の許可を得た公式に使えるコースとしては国内最大だそうです。

名取さんは「自転車を窓口に長谷をおもしろくしたい」と。これは大きな観光スポットになりそう。参加者が増えすぎると道が荒れて地権者に迷惑をかけてしまうといった悩みもあるそうですが、周辺にはコースにできそうな道が無限にあるはず。また一つ伊那の可能性を感じた一日でした。

狩猟期間が始まったため今シーズンのツアーは終了しましたが、来年にはまた進化したコースでライドを楽しめると思います!

ツアー参加費は7000円から。バイクとヘルメットのレンタルは3000円です。
詳細はホームページ「http://trail-cutter.com/」で!
[PR]
# by yagitakuma | 2013-11-20 10:25 | いいね!伊那市!! | Comments(0)