アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

ありがとうワンサ

先週から実家の犬、ワンサが危篤状態になっていました。

僕が高校2年のときにもらわれてきた弟分。
母がハスキー、父不明の雑種犬。
大型犬としては超長寿の17歳6か月。
やさしく整った顔立ち。
おかんの愛情を一身に受けてわがまま放題でしたが、帰省すればいつも家族の中心にゴロンと寝ころぶような、とてもとてもかわいいヤツでした。

なかなか関係がうまくいかなかった八木家で、ずっと家族の絆をつないでくれていました。


c0283938_20553498.jpg

これは7年くらい前。散歩途中に撮ったお気に入りで、携帯の待ち受けやlineの自分の代わりの画像として使ってます。かわいい。

移住して多忙だろうと気遣っておかんは連絡してきませんでしたが、1週間前から突然ごはんを食べなくなり、立ち上がることもできなくなったそうです。


数年前から目も見えず耳も聞こえず、もう長くはないことはわかっていた。
実家を出てすでに16年。おかんに比べればワンサへの愛情は薄くなっていると思っていた。
でも、もうすぐいなくなることを思ったとき、浮かんだのは「うちの家族関係は、あいつにずっと助けられてきたんだ」ということでした。今いかなければ絶対に後悔する。

やるべきことが山ほどある中で迷いましたが、金曜日の晩に高速を飛ばして大阪へ向かいました。


c0283938_2174666.jpg

なぜか僕の学ランがお気に入りで、よくもぐりこんで寝ていました。



c0283938_2191188.jpg

高校時代の僕と。

この写真は新聞の上で複写してきたんですが、左のアイドルっぽい女性はたまたま広げた面に載っていた沢口靖子さん。
僕の高校(泉陽高校)の先輩です。在学当時のセーラー服姿だ。かわいい。
どうでもいいですね(笑)



c0283938_21121935.jpg

時には家族のオモチャに。



昨日の未明に旅立ちました。
僕の存在に気づいてくれたかどうかはわからなかったけど、
最後に会えてよかった。

ありし日の写真を目にすると、つらい。
こんなに大きな存在だったのか。

いまはただ感謝です。
[PR]
# by yagitakuma | 2013-04-02 21:22 | 日々のよもやま | Comments(2)

なくてもなんとかなる

今日も改装の続きを。
またまたほこりまみれ。
ガンバレ鼻毛!
もう切らないから!

でも大工さんに途中経過を見てもらって、なんとなく今後の順序が見えました。

と同時に、やはり大変な作業だ…。目標は夏まで。でもほかにもやらなければいけないことがある。焦らず、優先順位を決めて取り組もう。


生活はハンパなく不便です。

顔が真っ黒になっても風呂がない。

昨日、勢いよくみんなでどんどん工事を進めて、大事な配線をちょんぎってしまって(笑)テレビや
冷蔵庫の電気が途絶え…(冷蔵庫は昨晩寝る前に気付いて延長コードで対応!アイスはセーフ!)

台所の照明も消えて、今日の晩ご飯は電気スタンドを引っ張ってきて料理しました。

ガスはカセットコンロ。

洗濯物を干す場所もない。

寒い朝が予想される日は、寝る前に外の水道の元栓を閉める。エトセトラetc……


c0283938_23115259.jpg

大量の洗濯物。
ぶち抜いてほこりだらけの2階で、大脚立に竿をかけて干した(笑)。我ながらナイスアイデア!

ないと困るものでも、腹をくくればなんとかなるものですね。
サバイバルは男の醍醐味だ!

「あ、電気が…」となっても、「ナメンナヨ」と口にしながら工事現場用の長~いコードを引っ張ってきて、「ザマミロ」と思う。結構楽しい。でも風呂だけはホシイ…

田舎の良さか、毎日誰かしら友人と顔を合わせます。不便な家で収入もなくなるし、1人で先のことを考えると不安になることもあるけど、誰かと言葉を交わすと前向きになる。やはり気の合う仲間がいればそれだけでいいんじゃないかと、あらためて思うなぁ。

明日は改装から離れ、友人が働く大規模農家で田植えの準備を手伝う予定です。
またまた肉体労働(笑)メシがうまい。

農業の現場を勉強してきます。
[PR]
# by yagitakuma | 2013-03-25 23:21 | 日々のよもやま | Comments(0)

神さまがいた

旧橋場歯科改装2日目。今日もひたすらガテン系で!

残った壁の柱を外し、メーンは天井を落とすこと。
三角屋根なのでかっこいい骨組みが中にあると期待して…
c0283938_22184486.jpg

待合室のイマイチな天井板をはずし…


c0283938_2225321.jpg

「これ、いらなくね?」(破壊大好きマツオカ)
「これはヤバイよ…大工さんに見てもらおう」(ビビる八木)

このメンバーの中では慎重な部類に入る自分。
屋根全体がドドドド…と崩落する漫画のような場面が脳裏に…


でも慎重さばかりだと進まないのだ!
太い柱もエイヤッと切ってしまう。

c0283938_22261392.jpg

最高齢のおとーちゃんも加わり、しっくいの間仕切りをぶっ叩く!
勢いだけが取り柄のメンツの中で、黙々と照明などの電気関係をやってくれる唐木。

c0283938_22334986.jpg


あとは勢い!

c0283938_22345798.jpg


もう何も見えない…
みんな顔は真っ黒。
耳の穴まで真っ黒。

釘が靴の裏を貫通して悶絶する場面もあったけど

奮闘8時間。


c0283938_22365891.jpg


「いいよ…これ…」

ほかに言葉が出ませんでした。

1日半でここまで来れた。
みんなにひたすら感謝。


今日一番うれしかったのは、屋根の頂点の真下の梁に、神様がいたことでした。
きっと建物の骨組みが完成した際の上棟式で飾られたものなのでしょう。

施主は「橋場兼太郎」さんと書いてある。
どんな人だったのか今の橋場さんたちに聞きに行こう。

「紀元二千五百九十八年」と記してありました。昭和14年だったんですね。
ウチの親父と同い年だ。

僕らは70年以上たまりにたまった天井裏のホコリをたっぷり吸い込んだってことか。


ところが天井高く鎮座する神様を見つけたマツオカ。
平然と「バール取って」と言ってはずそうとする。


「何か書いてあるぞ!」

「おいおいおい待て待て!!」

「何?いるのコレ?」

なんとか阻止しました(笑)


いつまでも見守ってくれますように…

c0283938_2253658.jpg


体力の限界だ。おやすみなさい
[PR]
# by yagitakuma | 2013-03-24 23:05 | 伊那まち はしば | Comments(0)