アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

菊の湯。根気強く。

昨日、年末に廃業となる伊那市唯一の銭湯「菊の湯」の今後について話し合う周辺住民と行政との懇談会がありました。僕も関心を持つ一人として参加してきましたので、中身をご報告させていただきます。

出席者は市役所から商工振興部長をはじめ商工・福祉担当の課長ら。地元からは周辺自治会の代表など十数名でした。

「家風呂がない利用者がお風呂難民となってしまう」との問題については、市は「なんとかする」と断言しました。具体的な方法としては、
・周辺の旅館やホテルなど入浴施設がある民間施設に協力を求める
・協力が得られなかった場合は、数キロ離れた「みはらしの湯」などへの送迎を考える
とのことでした。
今のところ周辺の旅館やホテルのほとんどが「協力できない」との意向を示しているとのことで、送迎バスを運行することになる可能性が高そうです。

市によると、県内の市町村のうち銭湯があるのは12自治体で、過去に銭湯が廃業した自治体では行政が関与せずに利用者が個々に解決したようです。家風呂の普及が進み、全国的に銭湯が激減する中で、今回の市の動きは「かなり親切だな」と感じます。

ほかに「地域のコミュニティー維持や高齢者福祉の観点から銭湯が必要なのではないか」との問題提起もありましたが、全体的に司会以外は参加者からの発言はほとんどなく、市側の見解を聞くだけで議論にはなりませんでした。

僕は「菊の湯の建物が将来、伊那市が滞在型観光地として売り出す際の財産になる」との思いから、地元の方々の活動に関心を持ってきました。でも、建物については、住居としても使っておられる所有者の方が「そのまま静かに住み続けたい」との意向をお持ちで、誰かが借りて活用することは今のところ難しそうです。

僕が思い描いていた「ゲストハウスを中心とした施設として活用する」というプランは、建築基準法に基づく用途変更申請の際に宿泊施設に求められる「3階建て以上の建物は全体が耐火構造であること」など様々な条件があり、ほぼ断念せざるを得ない状況です…。

でも、建物を活用させてもらうことをあきらめたわけではありません。取り壊されることがない限り、時間をかけて、根気強くやっていこうと思います。

関心を持っていただいてありがとうございます(..)
引き続き、知恵を与えて下さい!どうぞよろしくお願いします。
# by yagitakuma | 2013-11-02 16:33 | いいね!伊那市!! | Comments(2)

ひと息ついて

今日は伊那から車で30分ほど南の中川村へ。

店づくりで応援していただいていた半農半カフェの伊藤さん夫妻が営む「base camp COFFEE」 にお邪魔しました。
二つのアルプスを望む絶景ポイント・陣馬形山のふもとにあるアットホームなお店です。

詳しいメニューも店の写真もあえて載せませんが、この一文を見ればほっこりとした雰囲気が伝わるはず!
c0283938_12553636.jpg


久々にゆったりとした心でコーヒーをいただきました。

バタバタと過ぎていく日々。なかなかゆっくり話ができなかった彼女と、今後のこと、お互いのことをいろいろと話すことができました。

カフェっていいですね。
僕たちの店も早くコーヒーを出せるようにしたいな…と、しみじみと思いました。
# by yagitakuma | 2013-10-31 12:47 | 日々のよもやま | Comments(0)

猫たちのその後

伊那谷も冬の足音が近づいてきています。

8月にお伝えした野良猫たちのその後。

世話をしていたおじさんが猫たちを置いて伊那を出てから3か月が過ぎました。
秋になっても8匹ほどが連日、僕が借りている近くの空き地でひなたぼっこをしていましたが、寒くなるにつれてその姿は次第に見かけなくなりました。食べ物と暖かい家を失い、居場所を求めてあてのない旅に出ていったのか…

信州の冬は厳しく、野良猫が春まで命を永らえるとは思えない。

c0283938_12452485.jpg

空き家になった小屋を目にするたびに、心が痛みます。
# by yagitakuma | 2013-10-29 12:36 | 伊那まち はしば | Comments(0)