アルプスをつなぐ街で~八木たくまの伊那日記

yagitakuma.exblog.jp
ブログトップ

★特典あり。出張はしばinビストロなかしょく★

いつもありがとうございます。
「はしば」、本日15日と明日16日は姉妹店の「ビストロなかしょく」に出張します。

はしばがスタッフの風邪により休業となり、ご予約をいただいていた日本酒ファンのお客様のために、ありったけの日本酒とおでんを持って乱入しよう!ということになりました。
(はしばのお客様、申し訳ありません(..))

お詫びとして、本日届いたスペシャルなお酒を、赤字で提供!
c0283938_15504261.jpg

・「十四代」特A山田35%超特撰純米大吟醸
・「十四代」播州愛山純米吟醸
・「一白水成」ドメーヌ純米大吟規格プレミアムなど、
いずれも東京なら1杯5000円くらいすると思いますが、この二日間は通常の「はしば激レア」価格(なんと700yen)でご提供します。

僕も飲んだことがないお酒で、どんな味か楽しみです。
今日はまだお席に余裕があります。明日は早い時間は混雑しそうですが、カウンターのみ空席あります。この機会にぜひ日本酒ファン垂涎の一杯を楽しんでください。

もちろん、我らが誇る伊那谷のお酒もフルラインナップで。
なかしょく自慢のワインも、いつも通り取りそろえて…
お待ちしております!
# by yagitakuma | 2019-02-15 15:50 | 伊那まち はしば | Comments(0)

多くのご意見をいただきました。消防団の在り方、難しい議論の道筋をつけるためには

先日書いた「辰野町消防団、操法・ラッパ大会取りやめ」の件、多くのご意見をいただきました。現役の団員や経験者の皆さんからは辰野町消防団の決定への賛同の声が大半で、辰野町消防団幹部に寄せられた意見でも、同様の傾向だったようです。

難しい問題です。でも、多くの方々が、「消防団は必要だが、不要な仕事が多い。実際の現場で役立つ訓練をすべき」と感じておられることは事実。一方で、仲間と共に取り組む操法訓練と大会を愛している方々もいる。どうすべきなのか。

防火の技術や暖房・調理機器、難燃建材の進歩で火災の件数は減っており、他方で災害への備え等新たな役割の重要性が増しています。一方で、若い世代の地域貢献の手段は多様化しており、消防団が担ってきた「地域のコミュニティーの維持」という役割も、会社の飲み会すら行かなくなってきている今の若い世代にはそぐわなくなってきています。

現状では、非常時に対応するという組織の性格上、上意下達で意見を出しづらい雰囲気があることは事実で、あるべき在り方を検討するにもほぼボランティアで活動している組織でもあり、変えていくことは幹部の負担が激増することにつながるでしょう。
行政や議会が検討・議論の道筋をつけるしかないのではないか。

時代に合った形に変えていく必要があるのは、消防団だけでなく議会も地区運営も、古くから続くあらゆる組織にあてはまることだと感じています。いち民間人となった自分にできることは限られているのがもどかしいですが、できることから取り組もうと気持ちを新たにしています。
# by yagitakuma | 2019-02-14 11:32 | 八木たくまの活動日記 | Comments(0)

「辰野町消防団、操法・ラッパ大会取りやめ」の衝撃

衝撃的なニュースでした。昨日の信濃毎日新聞朝刊。
c0283938_124244.jpg

上伊那北部、辰野町の消防団が団員の負担軽減のために、ポンプ操法とラッパ吹奏大会をやめるという決定。

理由については、
「毎朝の練習が家族や職場の負担になっている」
「大会への負担感から新入団員が確保できない」
とあり、今後については
「消防技術向上に向けた訓練は週末を中心に通年で」
「大会で求められていた競技面ではなく、実際の火災現場で役立つ実践面を重視する」
とのことです。

このテーマは、ずっと課題となっていながら、どこかタブー視されてきたものです。強烈な批判が寄せられることも覚悟の上でのことでしょう。賛否両論あるかとは思いますが、一石を投じた勇気に驚嘆しています。

操法って何?という方は、過去のこちらの投稿を。匿名で寄せられたコメントも含めて読んでいただければと思います。↓↓
https://yagitakuma.exblog.jp/24217572/

上記の過去記事で実際の火災現場での僕の経験について触れたように、操法が消防団の根本です。しかし、大会のための訓練ではなく、もっと実践的な形にすべきではないか-という声は、伊那市の消防団の幹部の中からも常に上がっています。

今回の決定は、周辺自治体にも少なからず影響を与えるでしょう。
僕の周囲にも消防団活動に真剣に取り組んでいる方々がたくさんおられます。賛成の声も予想できますし、悲しむ顔も浮かぶ。
どんな意見が出ているのかが気になるところです。
# by yagitakuma | 2019-02-07 01:04 | 八木たくまの活動日記 | Comments(0)